Street & Action Sports
CLIMB
2017.10.10

楢﨑智亜が自身初の2位「IFSCリードワールドカップ呉江大会」

FINEPLAY編集部
CLIMB
2017.10.10
楢﨑智亜が自身初の2位「IFSCリードワールドカップ呉江大会」

2017年10月7日(土)8日(日)、中国・呉江にて「IFSCクライミングワールドカップ呉江大会」でリード、スピード種目が行われ、参加した日本代表男子は楢崎智亜が自身初のリードワールドカップで準優勝、女子は野口啓代がリード4位に入賞した。 リード男子はステファノ・ジソルフィ(イタリア)が優勝、女子はヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)が圧倒的な力をみせ今期5勝目で独走状態。 注目の白石阿島(アメリカ)は6位でフィニッシュ。 次戦「IFSCワールドカップリード第7戦」は10月14-15日で中国・廈門にて行われる。

楢﨑智亜が自身初の2位「IFSCリードワールドカップ」

写真提供=(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会

リード結果:8位まで決勝進出

・男子 1位:Stefano GHISOLFI(イタリア) 2位:楢﨑 智亜(1996年6月22日、栃木県連盟) 3位:Hanwool KIM(韓国) 7位:緒方 良行(1998年2月4日、福岡県連盟) 8位:是永 敬一郎(1996年2月16日、埼玉県連盟) 10位:藤井 快(1992年11月30日、東京都連盟) 21位:樋口 純裕(1992年9月7日、東京都連盟) 26位:野村 真一郎(1997年1月17日、神奈川連盟) 32位:渡部 桂太(1993年8月30日、三重県連盟) ・女子 1位:Janja Garnbret(スロベニア) 2位:Jain Kim(韓国) 3位:Julia CHANOURDIE(フランス) 4位:野口 啓代(1989年5月30日、茨城県連盟) 14位:大田 理裟(1993年1月27日、山口県連盟) ※準決勝敗退 16位:義村 萌(1997年3月13日、三重県連盟)※準決勝敗退 20位:森脇 ほの佳(1999年12月5日、大阪府連盟)※準決勝敗退 21位:小武 芽生(1997年5月18日、東京都連盟)※準決勝敗退

スピード結果

30位:楢﨑 智亜(1996年6月22日、栃木県連盟)※予選敗退 32位:藤井 快(1992年11月30日、東京都連盟)※予選敗退 35位:緒方 良行(1998年2月4日、福岡県連盟)※予選敗退

リード国別ランキング

1位:フランス 2位:スロベニア 3位:オーストリア 4位:日本

IFSCクライミングワールドカップ 呉江大会

◆開催日:2017年10月7日(土)8日(日) ◆開催地:中国・呉江 ◆種目:リード、スピード

この記事が気に入ったら
FINEPLAYの最新情報を毎日お届け
執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。

読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
Red Bull BC ONE WORDL FINAL AMSTERDAM
KOJI YAMAYA
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
編集部おすすめ
アクセスランキング
カテゴリー
FINEPLAY