|

CLIMB

筋肉美女クライマー“アレックス・プッチョ”の実力

筋肉美女クライマー“アレックスプッチョ”の実力

力と技の織りなす、ダイナミックムーブ

1989年アメリカ、テキサス州で産まれた少女は、27歳のときにこれほど肩筋を身につけて、壁を登っていることを誰が想像しただろうか。
身長157cm、27歳アレックス・プッチュ(Alex Puccio)。ボルダー特化のプロクライマーだ。グレードは、ボルダーでV14 (8B+)。
2002年、13歳のときに母に連れられて、クライミングを始める。その後、2006年に全米ボルダリング選手権に出場し、優勝。現在までに9回の優勝を経験している。

Blood, Sweat & Bad Conditions

出典:Vimeo(Zerr Productions)

白石阿島との比較

いまや生きるレジェンドとなりつつある日本人クライマーの白石阿島選手。筋力・リーチ・柔軟性が違うため、対照的なムーブを繰り出す。
同じ課題での登り方の比較が面白い。
アレックス・プッチュは、厳しいトレーニングを通した筋肉で、男性クライマー顔負けのパワフルなクライミングを行う。

Ashima Shiraishi and Alex Puccio, Professional climbers.

出典:YouTube(Oliver Medcalf)


他のトレーニングやクライミングの様子も本人のInstagramアカウントで見ることができる。

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP