|

CLIMB

楢崎智亜選手 日本代表としてIFSCクライミングワールドカップ ボルダリング2016で総合優勝

楢崎智亜選手 日本代表としてIFSCクライミングワールドカップ ボルダリング2016で総合優勝

THE NORTH FACEアスリートのフリークライマー楢崎智亜選手(所属:TEAM au)が、IFSCクライミングワールドカップミュンヘン大会ボルダリング部門で優勝し、日本人男子では初となる年間総合チャンピオンとなった!

今年からワールドカップに全戦参戦している楢崎選手は、今年5月に行なわれた中国・慶重大会で初優勝し、その他の大会でもコンスタントに入賞を重ね、今回のドイツ・ミュンヘン大会ではただ1人4つの決勝課題全てを完登し、決勝第3課題終了時点で優勝が決定。2位に大差をつけての大勝利となった。

楢崎智亜選手 日本代表としてIFSCクライミングワールドカップ ボルダリング2016で総合優勝

【楢崎智亜選手コメント】

ついに年間総合優勝することができました。
毎年年間チャンピオンになるイメージをしていたので、実現することができて本当に嬉しいです。
予選、準決勝ではプレッシャーのために少し身体が硬くなってしまいましたが、決勝では自信をもってそのプレッシャーを楽しむことができました。
応援、本当にありがとうございました。

ザ・ノース・フェイスは、スポーツクライミング日本代表ユニフォームのオフィシャルサプライヤーとして、選手達をサポートしている。

楢崎智亜選手のプロフィールと主な戦歴
1996年生まれ、 栃木県出身。10 歳でクライミングを始める。2013 年16 歳 リード日本選手権東久留米大会2位。2014年18歳ワールドカップ海陽大会5位。2015 年19歳 ジャパンカップ深谷大会3 位。2015年リードユース選手権印西大会優勝。2015年 ボルダリングユース選手権倉吉大会優勝。アジアユース選手権マレーシア大会優勝。2015年アジアユース選手権マレーシア大会スピード3位。2016年IFSCワールドカップ ボルダリング 中国・重慶大会優勝。
近年は岩場での活動も活発に行っており海外へも遠征。「Direct North V14」「The Mandala SD V14」など完登。
今後もワールドカップ・岩場双方での活躍が期待されています。

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP