|

CLIMB

“小林幸一郎”パラクライミング世界覇者

世界に誇る驚異の日本人クライマー“小林幸一郎”

今年9月、スペインにて開催されたIFSCクライミング世界選手権大会、視聴覚障害の部で優勝した小林幸一郎選手。
28歳で視力失い始めてから、彼の人生は一変した。しかし、苦境に負けず、彼は幾度となく世界大会覇者として君臨。障害者スポーツの礎を築いた。
世界に誇る日本人クライマーの姿をご覧あれ。

クライマー小林幸一郎

出典:YouTube(NPOMonkeyMagic)

■関連リンク

NPO法人モンキーマジック

■関連記事

音楽とスポーツの融合をテーマにした「Adidas ROCK STARS 2014」にて、日本の野口啓代が優勝!

スピードクライミングの世界記録が想像絶するレベル!

世界最強のフリークライマーと呼ばれるクリス・シャーマ

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP