|

CLIMB

クライマーのための史上最強のブラシ誕生!

研究を重ねた最強ブラシ誕生

クライミングをはじめたら、必ず使うことになるであろう、ブラシ。外岩なら、登り終わったあと、ブラシがけをするのはマナー。
ジムでも、チョークまみれになったホールドを磨くのに必須。しかし、ブラシの消耗って異様に早くないだろうか?

摩擦に耐えられず、柄が折れる。摩耗して毛がなくなる。ジムの備え付けのブラシで何度も目撃していると思う。また、様々なホールドに対応するため、ブラシの大きさもいくつか用意する必要がある。

Climbing Brush

これらの問題を解決する画期的なブラシが登場し、現在クラウドファンディングサイト「Kick Starter」で話題を集めている。それが「The Sublime Climbing Brush」だ。
現在、こちらのプロジェクト1ヶ月近くの猶予期間を残して、目標金額の2倍の$10,000を調達しており、そのニーズの高さが伺える。日本からも入金は可能で、$9からナイロン版のブラシが1本手に入る。

このブラシの特徴は、その耐久性にある。まずは、柄。この柄の部分に特殊なデザインを施すことで、非常に丈夫になっている。動画内では、柄だけで自転車1台支えているのだ。これなら、力を入れてゴシゴシと磨いても、柄が折れる心配はないだろう。

The Best Brush for Climbing

また、摩耗に非常に強い。ブラシの種類は2種類あり、イノシシの毛であれば、14,000回、ナイロン製なら6,500回の磨きに耐えられる。また、ブラシ面の大きさも研究し尽くされたサイズで、様々な形と大きさの岩場やホールドを磨きやすくしてくれる。
おまけの機能として、柄の内部にclimbOnBar(日本では馴染みがないが、指皮のケア用品)が内蔵されており、柄を取り外すことで延長器具に取り付けることもできるのだ。
また、100%リサイクル可能な素材でできるというのも、エコフレンドリーなクライマーにとっては、嬉しい特徴といえる。
是非このプロジェクトを支援して、最強のブラシを手に入れてみてはいかがだろうか。

支援はコチラから(外部サイト:Kickstarter)>>

画像:KickStarter

■関連リンク

KickStarter

■関連記事

2015年発売予定!最強の柔らかさを実現した“スカルパフーリア”

天才と称される国内未発売のクライミングシューズ”スポルティバジーニアス”

全米で話題のクライミングシューズ5.10 Hi-Angle(ファイブテン ハイアングル)が遂に日本上陸!

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP