|

CLIMB

ボルダリング・クライミングにおすすめのチョークバッグ

ボルダリング・クライミングにおすすめのチョークバッグ

クライミングジムや専門店を訪れるとシューズの次におすすめ買うことを勧めされるのが、チョークではないだろうか。
チョークを使わずに登る人もいるが、おそらく少数だろう。そう、クライミングではチョークは非常に大切なアイテム。
身近に買えるチョークには、主に2種類ある。液体チョークと固形チョーク。固形チョークには更に粉末・固形・ボールタイプと大きく3つに別れる。

チョークバッグは、なぜ必要か?

液体チョークの場合は、ボトルを持ち歩くので、バックは必要ない。また、液体チョークは松ヤニを含んでいるものが多く、岩を汚す原因にもなるため、外岩で使用できない。
そこで固形チョークや粉末チョークを持ち運ぶのに役立つのがチョークバッグ。ベルトが付いた巾着袋のようなバックだ。

チョークバックの種類

チョークバックには大きく2つの種類がある。バックタイプとバケットタイプ。

<チョークバッグ>

前述した通り、腰紐がついており、腰にぶら下げることで使用する。登っている最中でもチョークアップ(手にチョークをつけること)ができる。
リードクライミングなど長めの課題に挑戦する際は、役に立つ。また、大きさの関係上、片手ずつしか手を突っ込めない。
登っている最中は、レストできるポイントで片手ずつチョークを付けることになる。

<チョークバケット>

外岩よりも、ジムで見かけることが多いのではないだろうか。バケツタイプのチョークバックで、腰に取り付けるものよりも、格段にチョーク量が入る。両手を同時に入れ込むことができ、簡単に手全体にチョークを馴染ませることができる。
また、固形チョークや粉チョークなどを混ぜあわせて、お気に入りの配合で使用するクライマーも多い。
外、中ともにボルダリングで使用することが多い。

そもそものチョークの役割とは?

チョークをすべり止めだと考えている方が多いと思うが、正確にはすべり止め効果ない。炭酸カルシウムからできているチョークは、吸水性に優れており、あくまで手汗によるホールドの滑りを抑えるために存在する。
また、チョークが付着しているホールドは、逆に滑りやすい。粉まみれのホールドを見つけた際は、ブラシを使ってしっかり粉を落としてほしい。

次のページ>>おすすめのチョークバッグ

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP