|

SKATE

“マーク・ゴンザレス”スケートボード界伝説のカリスマ

“マーク・ゴンザレス”スケートボード界伝説のカリスマ

スケートボード界にとどまらぬ多彩な才能

マーク・ゴンザレスは1968年6月1日生まれ、カリフォルニア州ロサンゼルス出身のプロスケートボーダー。現代のストリート・スケートボードにおけるパイオニアとして知られ、スケートボード界で伝説的な存在となっている。

1986年、サンフランシスコはエンバカデロにてマーク・ゴンザレスがオーリーで飛び降りるトリックを披露。
その場所はマーク・ゴンザレスの愛称を冠し「The Gonz Gap」と呼ばれるようになり、エンバカデロはボーダーたちがスケボーをやる場所として知られるようになっていった。

スケートボードをストリートに持ち込み、普及させたマーク・ゴンザレス。
彼の功績が評価され、2006年には、トランスワールドスケートボード「レジェンド賞」を受賞、2011年12月にはトランスワールドスケートボードの「史上最も影響力のあるスケートボーダー」に選ばれた。
スケートボード界で最も有名なプロスケーターであるマーク・ゴンザレスだが、アーティストとしても一流の腕前を誇る。独特の世界観を持つ彼のアート作品は人気が高く、adidasのスニーカーのデザインになるほど。
そのほかにも、ハーモニー・コリンの映画「ガンモ」への出演、短編映画「How They Get There」ではスパイク・ジョーンズ(アメリカの映画監督)と共同で脚本を手がけるなど多彩な才能を発揮。スケートボード界のみならず、さまざまな分野で世界中のファンを魅了している。

adidas Originals | Superstar 80s by GONZ

出典:YouTube(adidas Skateboarding)


この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP