|

SNOW

“稲村奎汰”超難度のトリックで世界を驚愕させる次世代ライダー

世界で活躍する未来のスノーボード五輪候補“稲村奎汰”

2015年2月21日、カナダはストーンハムで開催されたスノーボードワールドカップのスロープスタイルで見事3位に入賞した稲村奎汰。

1997年3月9日、愛知県で生まれた次世代ライダーの稲村奎汰は4回転1440°を軽々とメイクする抜群のバランス感覚とハイレベルなトリックを次々と決める実力の高さで未来のオリンピック候補として注目されている。

2014年に開催された国内最高峰の空中戦「Billabong Attack presented by Xperia」では、ソチオリンピックのスノーボード男子スロープスタイルで8位に入賞した角野友基を抑え優勝。

AIR+STYLE2011北京大会チャンピオンのノルウェー人スノーボーダー“ウルリック・バーダチャー”が2009年に世界で初めてメイクしたスイッチバックサイト1620°を日本人初、世界で2番目にメイクするなど、そのスキルは世界トップレベル。世界を驚かせる次世代ライダーに今後も注目だ。

スイッチバックサイト1620°メイク動画

ミスってるけど、とりあえず立ったってことで。笑 #swb1620 @volklsnowboards

Keita Inamuraさん(@keitainamura)が投稿した動画 –

「BILLABONG ATTACK presented by Xperia™」の優勝を手にしたのは稲村奎汰!!

■関連リンク

Facebook

Instagram

■関連記事

【BURTON US OPEN 2015】角野友基が日本人初優勝!

“角野友基”世界が最も注目する日本の超新星スノーボーダー

“平岡卓”世界に最も近い天才スノーボーダー

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP