|

SNOW

“CHILL JAPAN”子供達にボードスポーツを体験する機会を提供

子供達にボードスポーツを体験する機会を提供する“CHILL JAPAN”

CHILL(チル)とは

特定非営利活動法人CHILLは子供たちにボードスポーツを体験する機会を提供しており、上達して自信を持つという経験を通じて、子供たちが生きること、成長することをサポートしてきている。
CHILLプログラムは、1995年にバートンスノーボードの創始者ジェイク・バートンとその妻ドナ・カーペンターにより設立された社会貢献プログラム。
アメリカではこのプログラムを通して、毎年たくさんの子供達が雪山で1日を過ごす体験を提供しており、その際に必要なスノーボードアイテムは、全て米国チルファウンデーションを通してバートンから寄付をしている。

■HISTORY(過去の活動)

2012年3月3、4日、宮城蔵王えぼしスキー場に宮城県亘理郡山元町の小学校4年生から6年生を招待してスノーボードイベントを実施。
CHILL東北プログラムは、2011年3月11日に発生した東日本大震災において被災した子供たちに、スノーボード体験を通じて夢と希望を与えることを目的としている。
阪神淡路大震災、NY市消防局で実施したプログラムと同じように、子供たちにスノーボードギア一式と、楽しいライディング体験を提供し、バートンはCHILLプログラムを通じて、東北地方に住む方々に希望と力を与えたいと願っている。



<チャリティーオークション>

子供たちにスノーボード体験ができる場を提供するためのチャリティーオークションが2015年11月に開催された。
Burton Snowboard創設者ジェイク・バートン、Burtonライダー片山來夢、藤森由香、大江光の直筆サイン入りスノーボードや、ロブ・マチャドがシェイプし、テストライドしたサーフボードなど、貴重なアイテムが多数出品され、Burton Japanオフィスでオークションパーティーを開催。




CHILLの過去の活動はこちら>>

Chillの活動に共感し、一人でも多くの子供達にボードスポーツを体験する機会を提供し、その中で一人一人が自信を得て、しっかりと生きること、成長していくことをサポートしていただける方、企業様、ボランティアへのサポートはこちら>>

■関連リンク

CHILL Official

■関連記事

『BURTON RAIL DAYS presented by MINI』EVENT REPORT

【BURTON US OPEN 2015】角野友基が日本人初優勝!

【BURTON US OPEN 2015】平岡卓が優勝!平野歩夢は3位

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP