Street & Action Sports
SURF
2017.02.03
五十嵐カノア来日決定!2月14日にサイン会開催!
FINEPLAY編集部
SURF
2017.02.03
五十嵐カノア来日決定!2月14日にサイン会開催!

五十嵐カノア来日決定!2月14日にサイン会開催!

2月14日「Inter Style」でサイン会

2016年、日本人として初めてWorld Surf League(WSL)のトップカテゴリーのチャンピオンシップ・ツアーに参戦。
記憶に新しいところでは、2016年12月にハワイ・ノースショアで開催された「パイプマスターズ」で準優勝、2位という偉業を達成した五十嵐カノアの来日が昨年に引き続き決定した。
来日期間中の2月14日(火)にはパシフィコ横浜で開催される「Inter Style」会場にてサイン会も決定!
カノアは、2017年も3月に「QUIKSILVER PROゴールドコースト」で開幕するCTツアーで世界中を転戦の予定。

五十嵐カノア来日決定!2月14日にサイン会開催!

photo:© KENYU Photography

【五十嵐カノア サイン会概要】

日時:2017年2月14日(火) 14:00〜
場所:パシフィコ横浜 「interstyle」会場内 M2F商談スペース
パシフィコ横浜→http://www.pacifico.co.jp
インタースタイル→http://www.interstyle.jp *一般入場可
(ご注意)
*サイン会は先着順とさせていただきます。場合によってはご要望にお応えできない場合もございますので、予めご了承ください。
*サイン会の模様は、QUIKSILVER JAPANサイト、各SNS、及びテレビ、雑誌等に取材の予定をしています。当日、また後日、各報道の取材カメラに映り込む場合もございますので、予めご了承ください。

五十嵐カノア プロフィール

五十嵐カノア

D.O.B:1997年10月1日生
出身在住:カリフォルニア・ハンティントンビーチ
身長:180cm
体重:75kg
【主な経歴・戦歴】
2000年:3歳でハワイにてサーフィンを初体験
2004年:アマチュアサーフィン大会に初出場して初優勝
2007年:アマチュアUSAサーフチームに選出される
2009年:NSSA(アメリカアマチュアサーフィン組織)にて30勝し、年間最多記録を樹立
2010年:NSSA全米ナショナルチャンピオンを獲得
2011年:QUIKSILVERと契約
2012年:U-21 DNAエナジープロにてASP(WSL ワールドサーフィン    リーグの前身)初優勝
2014年:ASP「Shoe City Pro2014」Huntington Beach優勝
2015年:WSL QS-6000「マハロ・エコ・フェスティバル」に優勝するなどWQSで好成績を残し、WSL チャンピオンシップツアーへクオリファイを果たす
2016年:18歳の最年少選手としてWSL チャンピオンシップツアーに参戦。 開幕戦「クイックシルバー・プロ・ゴールドコースト」で9位、最終戦 「ビラボン・パイプマスターズ」で2位、年間最終ランキング20位

クイックシルバー

クイックシルバー

ボードライディングスポーツのリーディングカンパニーのクイックシルバーは、1969 年にオーストラリアのサーファー、アラン・グリーンとジョン・ローの二人によって、パフォーマンス性とファッション性を兼ねたボードショーツ創りからその歴史をスタートした。。サーフィンに対するノウハウと哲学を基に、高品質かつ斬新なスタイルを組み込みんだ優れたボードショーツは、瞬く間に世界中のサーファーへと広がった。1986年には、スノーウェアマーケットにも参入。地味なデザインが多かったスノーウェアに、ネオンや、原色を使ったボードショーツの柄を取り入れたことが業界に衝撃を与え、一躍注目を浴びる。80年代中期には、スケートチームを結成。サーフカンパニーでは初めてスケートブランドとしての一面を持ち、ストリートウェアも展開する。そして現在でもクイックシルバーは、世界トップクラスのサーフ、スノー、スケートのアスリートのサポートと、パフォーマンス性とファッション性を兼ね備えた最高のウェアとギアを提供している。ボーショーツ創りから始まったクイックシルバースピリットは色褪せることなく引き継がれ、今も尚、進化を続けている。

この記事が気に入ったら
FINEPLAYの最新情報を毎日お届け
執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
編集部おすすめ
アクセスランキング
カテゴリー
FINEPLAY