|

SURF

“エディ・アイカウ・メモリアル”世界最大の波で争う伝説的 ビッグウェーブ・コンテスト

伝説的 ビッグウェーブ・コンテスト“エディ・アイカウ・メモリアル”

毎年冬のビッグウェーブシーズン、ハワイのノースショアでは多くのサーフィン・コンテストが開催されるが、その中でも世界で認められたビッグウェイバーのみが出場権を得ることができ、格別のステイタスを持つ伝説的なビッグウェーブ・コンテスト「Quiksilver in Memory of Eddie Aikau(エディ・アイカウ・メモリアル)」。

この大会はエディ·アイカウを偲んで開催されるビッグウェーブライディングイベントで、毎年12月1日から2月28日までの期間中、会場となるワイメアベイに最低20フィートを超え、コンディションがコンテストに適していると判断されたときに1日開催で行われ、優勝者が決まる。

海での伝統儀式「サーファーズサークル」

サーファーズサークルは、ワイメアベイでセレモニーの日に行われる伝統的な祈りで、儀式を仕切るのは、エディの弟クライド・アイカウ。招待されたサーファー達がパドルアウトし、円を作り、グループとなり、友情とつながりに感謝し、祈りを捧げる。
クライド氏は、「私はこのセレモニーで参加者が一つとなり、ワイメアベイのこのイベントに大きな波を引き寄せることができると感じています。しかし、それよりもさらに重要なことは、この大会に参加するサーファー達の心と体がつながり、共に支え合うことです。
そして偉大なエディ・アイカウを共に称えることです。エディがたくさんの命を救い、そして人を救うために人生を全うしたエディの思いをこのイベントを通じて語り続けたい。」と語っている。

【過去の優勝者】

1984/1985: Denton Miyamura (Haw)
1986/1987: Clyde Aikau (Haw)
1989/1990: Keone Downing (Haw)
1998/1999: Noah Johnson (Haw)
2000/2001: Ross Clarke-Jones (Aus)
2004/2005: Bruce Irons (Haw)
2001/2002: Kelly Slater (USA)
2009/2010: Greg Long (USA)

Quiksilver In Memory of Eddie Aikau Official Trailer 2015 / 2016

出典:YouTube(Quiksilver)

■関連リンク

Official

Instagram

Facebook

■関連記事

世界最高峰のサーファー達にとって最も特別な大会といわれる「トリプルクラウン」Highlightまとめ

【衝撃サーフィン動画】ありえない場所で波乗りするクレイジーサーファー達

世界最高峰のビッグウェイブコンテストBILLABONG PICO ALTOはハワイのマクア・ロスマンが優勝!

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP