|

SURF

2014シーズンのツアーでの功績を称える「WSL Awards」で名誉ある賞が決定

「WSL Awards」で名誉ある賞が決定

現地時間の2015年2月25日、オーストラリアにて、2014シーズンのツアーの功績を表彰するワールド・サーフ・リーグ(WSL)アワードが開催された。

同アワードでは、2014年シーズンのワールドチャンピオンの表彰に加えて、「ウェーブ・オブ・ザ・イヤー」、「ムーヴ・オブ・ザ・イヤー」などそれぞれの部門での賞が決定。

今回はそれぞれの名誉ある賞からいくつかピックアップして紹介。

WSLメンズワールドチャンピオン(ショートボード):ガブリエル・メディーナ(BRA)

WSLウイメンズ・チャンピオン(ショートボード):ステファニー・ギルモア(AUS)

WSLジュニア・チャンピオン:バスコ・リベイロ(PRT)マヒナ・マエダ(HAW)

WSLロングボード・チャンピオン:ハーレー・イングルビー(AUS)チェルシー・ウィリアムズ(AUS)

なおWSLの新たなる2015シーズン「2015 サムスン・ギャラクシー・チャンピオンシップ・ツアー」が正式に開幕され、2月28日より「Quiksilver Pro Gold Coast」、「Roxy Pro Gold Coast」がキックオフされ、今週末にイベントチャンピオンが決定する。

■関連リンク

WORLD SURF LEAGUE

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP