|

SURF

“Quiksilver in Memory of Eddie Aikau 2015-2016”チャンピオンはジョン・ジョン・フローレンス!

Quiksilver in Memory of Eddie Aikau2015-2016チャンピオンはジョン・ジョン・フローレンス!

John John Florence

2月25日(現地時間)、2009年以来6年ぶりの開催となった権威ある伝説的ビッグウェーブ・コンテスト「Quiksilver in Memory of Eddie Aikau(エディ・アイカウ・メモリアル)」がハワイ・ワイメアベイにて開催され、ハワイローカル“ジョン・ジョン・フローレンス”がイベントを制し、歴史に名を刻んだ。
今シーズンはエルニーニョの影響で多くのビックウェーブが世界中の各スポットに到来。マーヴェリックス(北カリフォルニア)など多くのビックウェーブイベントが開催している中、2月10日(水)にグリーンアラートの発令されたもののイベントキャンセルになった「Quiksilver in Memory of Eddie Aikau(エディ・アイカウ・メモリアル)」は今回が開催のラストチャンスということもあり、イベント会場には早朝から沢山のギャラリーが集まった。
11×ワールドチャンピオン“ケリー・スレーター”、ハワイアンローカル“ブルース・アイアンズ”、“ジェイミー・オブライエン”、ビッグウェイブサーファーの“ギャレット・マクナマラ”、“マクアカイ・ロスマン”、“シェーン・ドリアン”など、普通ではありえない豪華な顔ぶれの中、ジョン・ジョンは65pt、89pt、88ptのトータル301ptで他を大きく引き離し嬉しい優勝となった。
本ビッグイベントに日本人として唯一の招待選手である脇田貴之はサムライ魂をみせ13位でフィニッシュ。

Photo:WSL/Keoki

John John Florence Wins #EDDIEWOULDGO

出典:YouTube(Quiksilver)

■関連リンク

Official

Instagram

Facebook

■関連記事

“エディ・アイカウ・メモリアル”世界最大の波で争う伝説的 ビッグウェーブ・コンテスト

世界最高峰のサーファー達にとって最も特別な大会といわれる「トリプルクラウン」Highlightまとめ

世界最高峰のビッグウェイブコンテストBILLABONG PICO ALTOはハワイのマクア・ロスマンが優勝!

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP