|

SURF

WSL第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』マット・ウィルキンソン開幕2連勝!

『Rip Curl Pro Bells Beach』メンズはウィルコ、ウイメンズはコートニー・コンローグがベルを鳴らす

2016年4月3日日曜日、2016 Samusun Galaxy WSL Championship Tour第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』がオーストラリア・ビクトリアの名門サーフゲレンデ「ベルズ・ビーチ」でファイナルデーを迎え、men’sはマット・ウィルキンソン(AUS)が優勝をモノにした。ウィルキンソンは第1戦の『Quiksilver Pro Gold Coast』に続いて破竹の2連勝。

第1戦に続き、エリートツアー上位陣が早々に敗退するなど大波乱が巻き起こった第2戦。men’sではジェイミー・フローレンス(FRA)、タジ・バロウ(AUS)のR2敗退、11タイムズワールドチャンピオンのケリー・スレーター(USA)、2015年世界王者エイドリアーノ・デ・スーザ(BRA)、2014年世界王者ガブリエル・メディーナ(BRA)、ジョン・ジョン・フローレンス(HAW)、ジョエル・パーキンソン(AUS)などビッグネーム達がR3で早々に敗退。
優勝候補が次々と敗れる中、今大会、バックハンドがキレキレだったウィルキンソンはセミファイナルでイタロ・フェレイラ(BRA)を玉砕、ファイナルでは復活を印象付けたジョディ・スミス(ZAF)に対して9.20と8.17のトータル17.37という高スコアで圧勝した。

ウィルキンソンは『Rip Curl Pro Bells Beach』でマーク・オキルーポに継いで17年ぶりに優勝したレフトハンダーとなった。

マット・ウィルキンソン開幕2連勝!

Ding dong!

Matt Wilkinsonさん(@mattwilko8)が投稿した写真 –

Highlights: Matt Wilkinson Triumphs at Bells

出典:YouTube(World Surf League)

2016年4月1日金曜日に行われた『Rip Curl Pro Bells Beach』ウイメンズfinalはカリフォルニア出身のコートニー・コンローグ(USA)とベルズで2度優勝しているサリー・フィッツギボンズ(AUS)との対戦となり、序盤から主導権を握ったコンローグが3本目にクリーンな波を掴み、9.03ptとエクセレントスコアをたたき出し、合計16.53とフィッツギボンズに僅差で勝利した。コートニー・コンローグは夢であったベルズの鐘を鳴らし、ランキング1位躍り出て第3戦に臨む。

Highlights: Courtney Conlogue Triumphs with Massive Bells Win

出典:YouTube(World Surf League)

■関連リンク

WSL Official

Matt Wilkinson Instagram

Courtney Conlogue Instagram

■関連記事

WSL-CT開幕戦『Quiksilver Pro Gold Coast』マット・ウィルキンソン、『Roxy Pro Gold Coast』タイラー・ライトが優勝

WSL第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』ミック・ファニングがベルズ2連勝

WSL第2戦『Rip Curl Women’s Pro Bells Beach』カリッサ・ムーアが優勝

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP