自分の走りを信じ勝ち取った頂点。男子エリートは佐々木元が悲願の優勝「マイナビ Japan Cup Yokosuka」BMXフラットランド

2022.07.27
優勝を仲間に祝われる佐々木
photograph by JFBF

「マイナビ Japan Cup Yokosuka」 BMXフラットランドがうみかぜ公園 (神奈川県横須賀市)にて、2022年6月22日(金)~24日(日)の3日間に渡り開催され、男子エリートでは佐々木元選手が、女子エリートでは川口朔来選手が優勝を収めた。

2022年シーズン第2戦目となった今大会は子どもから大人まで全部で8クラスにカテゴリー分けされ、全国中から61名が大会初開催の地である神奈川県横須賀市に集まりトップの座を競い合った。今回はBMXフリースタイル・パーク種目も同時開催されいつも以上に大盛り上がりの大会となった。

そしてその会場となったのは横須賀市内にあるうみかぜ公園BMXのダートジャンプコースやスケートパークも有するこの公園内の海側にBMXフラットランドの専用ステージが特設で用意された。天候にも恵まれ最高のロケーションの中、たくさんのBMXライダーと観客が集まり日本最高峰の戦いの行方を見届けていた。

なお、今大会は新型コロナウィルスの感染拡大防止に十分に配慮した上で完全有観客の中での開催となり、また合わせて大会の模様はJFBF公式Youtubeにてリアルタイムで視聴可能なライブ放送も行われた。

以下は、今大会注目のエリートクラス決勝の大会リポート。

2022年シリーズ第2戦は、佐々木元がパーフェクトランで男子エリート悲願の優勝。女子エリートでは16歳の川口朔来が2連覇。

男子エリートクラス

男子エリートクラス決勝は、参加選手14名の中から予選を勝ち上がった上位8名にて争われた。世界の舞台で活躍するトップライダーたちはもちろんのこと、今大会からエリートカテゴリーに上がった若手ライダーも決勝進出を果たし、レベルアップを続ける日本のBMXフラットランドシーンを垣間見る大会となった。

男子エリート決勝に進出したライダーたち
photograph by「マイナビ JapanCup」/ @JFBF

そんなハイレベルな決勝を見事制したのは佐々木元。現在の日本のBMXフラットランド界において佐々木は大会出場選手の中でもベテランライダー。若手ライダーがどんどん力をつけていく中で勝ち切れない大会が続いていたが今回は自分の強さを発揮するライディングで他選手を圧倒した。

佐々木元のライディング
photograph by「マイナビ JapanCup」/ @JFBF

佐々木は持ち前のフロントトリックで構成したルーティンの中にクロスフットやシートグラブなど取り入れて前後へ自転車を入れ替えながら、自身のオリジナル技 「元スピン」を始めとした高難度のトリックをふんだんに組み込み佐々木にしかできないオリジナルのライディングを終始展開。ミスなくフルメイクで終えた彼は勝ちを確認したかのように声を上げて天を仰いだ。そしてその思いに沿うように堂々の91.67ptをマークし積年の思いを見事優勝で果たした

早川起生のライディング
photograph by「マイナビ JapanCup」/ @JFBF

準優勝早川起生。今年数々の大会で世界一を獲得している彼はスピン系のリアトリックを組み合わせたルーティンを披露。彼の持ち味の難しい体勢からのスイッチとペダルを軸とする高難度のリアトリックでライディングを構成していきながら、ペダルを軸にハンドルを跨ぎながら回転する「バックスピン」や、「サーカス」からジャンプしてダイレクトにペグに乗る動きなど他選手が真似できないルーティンを魅せ90.00ptを叩き出した。今回は惜しくもトップの座を逃すことになったが今シーズンの残りの大会ではまた1位に返り咲くトリックを披露してくれることだろう。

磯谷匠のライディング
photograph by「マイナビ JapanCup」/ @JFBF

3位はスピン系のロングコンボとロングルーティンを得意とする磯谷匠。今回もフロントタイヤを中心にした高速スピンの中に「ヒッチハイカースピン」「エルクスピン」「ハーフパッカー」など様々なトリックを入れ込むルーティンで構成されたライディングを魅せた。また超高速の「タービンスピン」を中心にしたルーティンでは軸をずらしながら回る高難度のスピンに観客も歓声を上げていた。そんな3分間のランを見事フルメイクした磯谷は86.00ptをマークし3位入賞を果たした。

女子エリートクラス

一方、女子エリートクラス決勝は今回8名で争われた。毎回参加人数も増えているこのカテゴリー。今大会では女子エリート初のトリックも見られるなど男子に負けず女子のレベルも上がっている様子が見受けられた。

川口朔来のライディング
photograph by「マイナビ JapanCup」/ @JFBF

並み居る強豪選手たちを抑えて優勝したのは川口朔来。リアトリックとフロントトリックの両方を扱うオールラウンダーな彼女は、手始めにリアトリックの「ラードヤード」や「メガスピン」。そしてフロントトリックの「グライド」からの「ファンキーチキン」など丁寧に完成度の高いトリックを着実にメイクしていく。その後はフロントトリックの「バックサークル」や長い「フロントシートグラブのスピン」を綺麗にメイクし74.67ptをマーク。見事、大会2連覇を成し遂げた

中川きららのライディング
photograph by「マイナビ JapanCup」/ @JFBF

準優勝は咋年度全日本チャンピオンの中川きららフロントトリックの細かい技の繋ぎとロングルーティンが特徴な中川は、序盤は「メガスピン」を始めとした様々な短めのトリックや「スチームローラー」と「スクエーカー」で繋ぐロングルーティン等を着実に決めていき得点を稼いでいく動き。そして「エルググライド」からの「バックスピン」を決めたところで迎えたラン終盤では、難易度を上げたフロントトリックのルーティンにトライするが決め切れず得点を73.33ptとし今大会を惜しくも2位で終えた

伊藤聖真のライディング
photograph by「マイナビ JapanCup」/ @JFBF

3位はジャンプ系のトリックを取り入れた力強いライディングが特徴的な伊藤聖真。リアトリックを中心に構成されたルーティンの中で「ディケード」「メガスピン」などを決めていく。順調にランを進めていき終盤では女子エリート界初メイクの大技である「マックサークル」からの「ファイヤーディケイド」を見事メイク。この大技が中心に評価され70.00ptをマークし3位の座を獲得した。

優勝者コメント

優勝した川口と佐々木
photograph by「マイナビ JapanCup」/ @JFBF

佐々木 元 選手(男子エリートクラス)
皆さま応援ありがとうございました。まず自分が優勝できたことよりも、決勝ラン後のみんなの歓声がとても嬉しかったです。
2010年からプロとして戦ってきて3回連続負けることはなかなか無かったので4回目も勝てないんじゃないかと不安でした。
また自分のポリシーである自分の走りができなかったらプロ引退という思いの中で、今回は自分の強さが見せられて久しぶりに優勝することができて嬉しいです。
今後は9月に全日本選手権があるので、いい準備をしてまた優勝を狙っていきたいです。また新しい技に挑戦したり、皆さんへのサプライズも考えているので楽しみにしていてください。

大会結果

<男子エリート>
優勝: 佐々木 元 (ササキ・モト) / 91.67pt
準優勝: 早川 起生 (ハヤカワ・キオ) / 90.00pt
第3位: 磯谷 匠 (イソガイ・タクミ) / 86.00pt

左から早川、佐々木、磯谷の順
photograph by「マイナビ JapanCup」/ @JFBF

<女子エリート>
優勝: 川口 朔来 (カワグチ・サクラ) / 74.67pt
準優勝: 中川 きらら (ナカガワ・キララ) / 73.33pt
第3位: 伊藤 聖真 (イトウ・セイマ) / 70.00pt

左から中川、川口、伊藤の順
photograph by「マイナビ JapanCup」/ @JFBF

<キッズ6アンダー>
優勝: ハラフジ・ジョウジ / 57.25pt
準優勝: コバタ・ケン / 47.75pt

<ガールズロー>
優勝: コガ・ココア / 59.75pt
準優勝: マエダ・ユイ / 55.00pt
第3位: コバタ・ユカ / 46.50pt

<ボーイズ7-9>
優勝: トダカ・ヤマト / 77.33pt
準優勝: ムライ・ユウト / 72.00pt
第3位: ハヤシ・リフウ / 65.33pt

<ボーイズ10-12>
優勝: ハヤカワ・ユオ / 78.00pt
準優勝: ヒシカワ・タカトラ / 75.00pt
第3位: カジワラ・レンヤ / 72.67pt

<ガールズハイ>
優勝: トダカ・アズサ / 78.67pt
準優勝: カジワラ・サリヤ / 75.67pt
第3位: トダカ・チアキ / 72.67pt

<男子13-15>
優勝: オカヤマ・ユウゴ / 74.33pt
準優勝: サセ・ハルキ / 73.33pt
第3位: ハヤシ・セオン / 68.00pt

<30オーバー>
優勝: フジイ・セイジ / 70.50pt
準優勝: ヨシダ・コオ / 68.00pt
第3位: イシダ・タカシ  / 66.75pt

<エキスパート>
優勝: イシカワ・リョウ / 68.67pt
準優勝: オカダ・タク / 60.33pt

大会概要

⼤会名称 : 「マイナビ Japan Cup Yokosuka」
開催期間 : 2022年7月22日(金)~24日(日)- 3日間 –
※詳細は公式HPをご覧ください。
大会会場::神奈川県横須賀市 うみかぜ公園(神奈川県横須賀市平成町3-23)
主催: 一般社団法人 全日本フリースタイルBMX連盟(JFBF)
共催:横須賀市
後援:一般社団法人 日本アーバンスポーツ支援協議会
特別協賛:株式会社 マイナビ
協賛:鎌ケ谷巧業株式会社、株式会社シミズオクト、株式会社アクティオ
出場選⼿:全8クラス(アマチュア含め) 計61名
男⼦エリート 14名・⼥⼦エリート 8名

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
11月 2022
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
« 10月   12月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧