10年ぶりの開催!BMXフラットランド世界最高峰の祭典「Red Bull Circle of Balance」in New Orleans

2022.12.26
優勝したプレボーストと、準優勝した片桐、そして3位入賞となった早川
photograph by Jeff Zielinski / Red Bull Content Pool

アクションスポーツ業界を牽引するエナジードリンクブランド「Red Bull」が主催する「Red Bull Circle of Balance」が2022年12月17日(土)にアメリカ合衆国のルイジアナ・ニューオーリンズにて開催された。今大会は世界中から招待された16名のトップBMXフラットランドライダーによりチャンピオンの座が争われ、カナダのジーン・ウィリアム・プレボースト優勝2位に日本の片桐悠3位に同じく日本の早川起生が入った。

ステージの様子
photograph by Jeff Zielinski / Red Bull Content Pool

Red Bull Circle of Balance」は2002年から開催されている歴史あるBMXフラットランドの世界大会。世界各国で開催されてきたこの大会は2012年に日本の京都府で行われた第4回大会以降開催されていなかったが、今回10年ぶりに復活し第5回大会として初めてアメリカの地での開催が実現した。

第5回目となった今大会は、ベテランBMXフラットランドライダーのテリー・アダムスのホストの下、彼の地元であるニューオーリンズで開催。会場となった「マルディグラワールド」には500人の観客が集まり満員に。観客はライダーたちの白熱した戦いを至近距離で観戦できるため終始大盛り上がりの中で大会が行われ、その模様はRed Bull TVで世界中にライブ放送された。

会場の様子
photograph by Jeff Zielinski / Red Bull Content Pool

今大会はトーナメントにてノックアウト方式のバトルフォーマット。2人1組で組まれたバトルでは対戦するライダーが2本のランを交互に走り、1本目は60秒間、2本目は90秒間という決められた時間の中でトリックを披露する。そのランを世界チャンピオン経験を持つレジェンドライダー5名がジャッジとして様々な観点から総合的に採点し優位だと判断したライダーを選択し、そのジャッジたちの多数決で勝者を決めていく形だ

以下は今大会で大注目となった決勝戦の様子である。

大会の様子

日本から出場した
左から片桐、荘司、佐々木の順
photograph by Jeff Zielinski / Red Bull Content Pool

今回の「Red Bull Circle of Balance」には日本人選手から、今年のX Games Chibaやワールドカップでも優勝という快挙を残した早川起生、今年度の世界チャンピオンとなった佐々木元、ワールドカップでの入賞経験を持つ荘司ゆう、そして先日キメラエーサイドファイナルにて名だたる世界の強豪を抑え優勝した片桐悠の4名が出場した。

世界のトップライダーたちが決勝トーナメントにて凌ぎを削って争う中、決勝戦に勝ち上がったのはジーン・ウィリアム・プレボースト片桐悠。前日に行われたシーディングランではプレボーストが2位、片桐が1位と今回特に良いランを魅せていた2人が決勝で激突。世界で数々の快挙を残してきたトップライダーと、今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで成績を上げている若手の実力者がチャンピオンの座を争うという手に汗握る戦いとなった。

ジーン・ウィリアム・プレボーストのラン
photograph by Jeff Zielinski / Red Bull Content Pool

先攻でランに入ったのはカナダのジーン・ウィリアム・プレボースト。プレボーストはラン1本目の始めからフルスピードでトリックに入り、自身の得意とするスピン系のリアトリックを披露。バックスピンの中で前後にバイクをスイッチしたりフレームを跨ぐトリックの高い完成度に会場は最初から最高潮。また大きな身体と長い手足の活用して自分の懐でバイクを一周させる動きはまさに彼だからこそ成しえる技だ。

ジーン・ウィリアム・プレボーストのラン
photograph by Jeff Zielinski / Red Bull Content Pool

その後のラン2本目ではその長い脚を使い、ヘッドの部分から縦にフレームを跨ぎペグに足をかけながらバランスをとっていく。ただでさえバランスを取ることが難しい体勢にも関わらずペグからペダルに両足をスイッチしさらにバランスが取りづらい体勢へ。その体勢からバイクを半回転させてスタンスを戻しメイク。見事なトリックに周りで見ていたライダーたちからも歓声が湧いた。

その勢いのまま入った次のルーティンでは、バイクを前後に持ちかえたりハンドルを回転させる流動的なリアトリックの中で、高速バックスピンや彼の代名詞でもあるヘッドの部分から縦にフレームを跨ぎスピンをするトリックも完璧にメイク。そして残り時間わずかで臨んだルーティンはリアトリックのスタンスで、後ろ向きに反転させたバイクのハンドルを腰にかけながらペグに片足を置いてバランスを取る高難度な動き。そのままの動きからペグの上で足をクロスさせてバイクを回してフィニッシュ。見事パーフェクトランをメイクした。

片桐悠のラン
photograph by Jeff Zielinski / Red Bull Content Pool

後攻でのランとなった片桐悠はリアトリックを中心に、高いバイクコントロール力でバイクを回して前後に持ちかえて難しい体勢からバックスピン。そのバックスピンの最中にもハンドルやバイクを持ち替えていき、無駄のないコンビネーショントリックを加えたルーティンで高い技術を見せる。しかしそのあとは足をついてしまうスリップダウンのミスが続いてしまう形でラン1本目を終えた。

片桐悠のラン
photograph by Jeff Zielinski / Red Bull Content Pool

その後、プレボーストのパーフェクトランにより、あとが無い片桐はラン2本目でハイレベルのトリックをメイク。今大会の参加選手の中で一番難しいトリックを組み合わせたルーティンをメイクできるのが片桐。決まれば確実に優勝できるレベルのルーティンである一方でトリックの成功も難しくなるためその難易度に苦戦を強いられた。

そのようなプレッシャーの中で彼には珍しいミスが目立つも、スピンの最中にペグからペダルへの足のスイッチやハーフバイクフリップを加える高難度のトリックや、フルバイクフリップのトランジションからのハンドルを持ちかえたスピンなどとMCも驚くほどのトリックを披露した。しかし最後のルーティンではコンプリート直前でスリップダウンし、自身の納得いくランで終えることができなかった。

入賞者に渡される盾
photograph by Jeff Zielinski / Red Bull Content Pool

そして片桐のラン2本目を終えたタイミングで迎えた、チャンピオンを決めるジャッジメントタイム。ジャッジたちはプレボーストに4票、片桐に1票を入れ、多数決の結果でジーン・ウィリアム・プレボーストが見事「Red Bull Circle of Balance」第5回大会のチャンピオンとなった。

そして惜しくもプレボーストに今回敗れてしまった片桐悠2位3位には準決勝敗退となったものの予選の結果を元にプレボーストと片桐を除いたランキングでトップになった早川起生が入る形となった。

3位入賞した早川起生のラン
photograph by Jeff Zielinski / Red Bull Content Pool

プレボーストは今年行われたX Gamesに招待されていたが諸事情で悔しくも参加できなかったり、ここ数ヶ月は大会で良い結果を残すことができず辛い時期が続いていたが、今年の締めくくりにこの「Red Bull Circle of Balance」で優勝を勝ち取り有終の美を飾った。

優勝者インタビュー

優勝したプレボーストを称えるライダーたち
photograph by Jeff Zielinski / Red Bull Content Pool

ジーン・ウィリアム・プレボーストのコメント
「今回優勝できたことが自分が思っていた以上に大きなことで本当に嬉しいですし、自分のことを信じて頑張ってきて良かったです。
特に前回の大会やここ数ヶ月は本当に自分の中でもドン底の時期でした。いつまでこのドン底の状態が続くのか不安でしたし、辛い期間でしたがこのCircle of Balanceのおかげで抜け出すことができました。
どんな状況でも一生懸命取り組んできた結果がこの優勝だと思いますし、辛い思いをしながらも今必死に頑張っている他のライダーたちにとっても良い刺激になってくれたら嬉しいです。」

大会結果

photograph by Jeff Zielinski / Red Bull Content Pool

優勝: ジーン・ウィリアム・プレボースト/ カナダ
準優勝: 片桐 悠 / 日本
3位: 早川 起生 / 日本

大会概要

大会名称: 「Red Bull Circle of Balance」
開催日程: 2022年12月16日(金)~12月17日(土) -2日間-
開催場所: アメリカ合衆国 ニューオーリンズ 「マルディグラワールド」
大会参加選手: 全9カ国 16名

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
2月 2023
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      
« 1月   3月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧