【スポーツクライミング】安楽宙斗がリードW杯優勝の快挙!そして日本人男子は表彰台独占

2023.07.21
text by 橋田 樹台 / © Jan Virt / IFSC.

2023年7月15日(現地時間)にフランス・ブリアンソンにて、スポーツクライミング・リードクライミング種目の「IFSC リードワールドカップ ブリアンソン」男女決勝が開催され、男子は日本の安楽宙斗、女子はスロベニアのヴィータ・ルーカンが優勝に輝いた。

男子優勝に輝いた安楽はボルダーW杯に加えてリードW杯も制覇する快挙となった。そして男子2位には足首の靭帯断裂から復帰した本間大晴、3位には吉田 智音が入り、日本人選手がW杯の表彰台を独占した。

更に男子決勝に進出した8名のうち、7名が日本人選手であった。大会では各国の有力選手の欠場が目立ったが、その中でも圧倒的な日本の選手力を国際大会の舞台でも発揮した。

優勝した安楽宙斗 / © Jan Virt / IFSC.

女子は久米乃ノ華谷井菜月の2名が決勝に進出。久米は4位で惜しくも表彰台を逃し、谷井は8位の結果となった。

 

次戦のW杯は、8月にスイス・ベルンで開催される「クライミング世界選手権2023」をはさみ、9月8日からスロベニア・コペルにてクライミングW杯2023 リード第5戦が開催される。

日本人選手 結果

男子
1位 安楽 宙斗(千葉県立八千代高等学校)
2位 本間 大晴(無所属)
3位 吉田 智音(摂南大学)
4位 緒方 良行(B-PUMP)
5位 小俣 史温(東京都山岳連盟)
6位 樋口 純裕(佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)
8位 上村 悠樹(東京都山岳連盟)
11位 鈴木 音生(静岡県立大学)
12位 百合草 碧皇(早稲田大学)

女子
4位 久米 乃ノ華(日本大学)
8位 谷井 菜月(明治安田生命)
17位 平野 夏海(日本体育大学)
19位 中川瑠(日本大学)
25位 小池 はな(川口市立高等学校)
33位 柿崎 未羽(早稲田大学)
43位 大田 理裟(山口県山岳・スポーツクライミング連盟)

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
10月 2023
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
« 9月   11月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧