“ダン・オスマン”今は亡き伝説の世界最速スピードクライマー

2015.02.10
FINEPLAY編集部
ダン・オスマン

“ダン・オスマン”伝説の世界最速スピードクライマー

一切の安全確保なしで登るフリーソロクライミング。この道を極めた今は亡き伝説の世界最速のクライマーがダン・オスマン。
脅威的なスピードで登る姿は、まさに岩山を登るサル、岩石を自在に這い上がるトカゲに近い。その重力を感じさせない圧倒的スピードは、研ぎ澄まされた岩場感覚から生まれる。
ロープをつけた状態で登るルートクライミングの最高難度は、5.15とされている。ダン・オスマンは、なんと一段階低い5.14のルートを命綱なし登る。
常人からすれば、もはや狂気に近い。一体何が彼をそこまで駆り立てるのか。
1998年11月、オスマンは、リーリングタワーからのフリーフォール(数百メートルある岩場に命綱を括りつけ、身一つで飛ぶ危険な競技)の最中に命綱が切れ、命を落としてしまう。享年35歳であった。命知らずの彼が残した数々の記録は、いまも破られることなくクライマー界の伝説として語り継がれている。

Dan Osman speed climber

出典:YouTube(Josh H)

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
  • 日本一の高校生サーフィン大会 結果発表!
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング