【スピードクライミング】初のオンライン大会「IFSC Connected Speed Knockout presented by JAL」で男子ラーマッド・アディ・ムリョーノ、女子アレクサンドラ・カルッカが優勝

2020.08.03
FINEPLAY編集部
【スピードクライミング】初のオンライン大会「IFSC Connected Speed Knockout presented by JAL」で男子ラーマッド・アディ・ムリョーノ、女子アレクサンドラ・カルッカが優勝 / Photo by IFSC

8月3日(日本時間)、国際スポーツクライミング連盟(以下、IFSC)が初めてオンラインで主催するスピードの国際大会「IFSC Connected Speed Knockout presented by JAL」が開催され、男子ではラーマッド・アディ・ムリョーノ(INA)、女子ではアレクサンドラ・カルッカ(POL)が優勝を果たした。

大会では事前に収録された映像を使用する新しい方式で競技を行い、W杯と同様に予選では上位16名が決勝に進出、決勝では1対1で勝敗を決するノックアウト方式が採用された。
9か国から50人以上の選手が出場し、日本からは女子は二宮凜鈴木可菜美、男子は竹田創今泉結太抜井亮瑛が出場している。
日本人選手では女子は二宮の11秒359での予選22位、男子は抜井の7秒549での24位が最高位となった。

アレクサンドラ・カルッカ / Photo by・IFSC
アレクサンドラ・カルッカ / Photo by IFSC
ラーマッド・アディ・ムリョーノ / Photo by IFSC
ラーマッド・アディ・ムリョーノ / Photo by IFSC

IFSC Connected Speed Knockout presented by JAL 結果

男子

優勝:Rahmad ADI(INA)
2位:Gianluca ZODDA(ITA)
3位:Vladislav DEULIN(RUS)

日本人選手男子
24位:抜井亮瑛
25位:竹田創
27位:今泉結太

女子

優勝:Aleksandra KALUCKA(POL)
2位:Elizaveta IVANOVA(RUS)
3位:Giulia RANDI(ITA)

日本人選手女子
22位:二宮凛
25位:鈴木可菜美

text by 金子修平
Photo by IFSC

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
9月 2020
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
« 8月   10月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧