CASによる仲裁判断は12月予定【スポーツクライミング】東京五輪代表選考基準の解釈をめぐる審理

2020.09.04
FINEPLAY編集部
楢崎智亜 / photo by HAMASHOW

日本山岳・スポーツクライミング協会(以下、JMSCA)は9月3日、東京五輪の代表選考基準の解釈をめぐってスポーツ仲裁裁判所(以下、CAS)に対して行っていた仲裁事案に対する判断が12月10日までに下される予定であると発表した。

JMSCAは昨年11月、国際スポーツクライミング連盟(以下、IFSC)が代表権選出基準の解釈を途中で変更しており、日本の代表選考基準と食い違いが生じているとして、解釈の変更取り消しを求めてスポーツ仲裁裁判所に提訴、係争中であった。
審問は当初4月1日に行われる予定であったが、新型コロナウィルス感染拡大の影響によって延期となっており、8月26日審問が開催、同日に審理が終結していた。
またJMSCAによれば、CASのルールではこの期限をさらに延期することができるため、2020年12月10日が確定的な期限ではない可能性があるという。

現在代表には男子楢崎智亜(TEAM au)、女子野口啓代(TEAM au)が内定。
残りの男女各1名は昨年8月の段階では、それ以降の大会で決定される予定であったが、IFSCは残りの2枠を昨年8月開催の「IFSCクライミング世界選手権2019」で日本人2番手であった男子原田海(日新火災)と女子野中生萌(XFLAG)を代表確定であるとし、出場権維持の選手に含めていた。

text by 金子修平

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

イベントスケジュール
10月 2020
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
« 9月   11月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧