楢崎智亜が日本新記録更新で初優勝! 野口啓代も初優勝飾る 「スポーツクライミング 第3回スピードジャパンカップ」

2021.03.06
FINEPLAY編集部
「スポーツクライミング第1回スピードジャパンカップ」にて撮影 楢崎智亜 / photo by tabasa

3月6日京都府亀岡市・サンガスタジアム by KYOCERAにおいて、「スポーツクライミング 第3回スピードジャパンカップ」(以下、「SJC2021」)が開催され、男子では楢崎智亜(TEAM au)が、女子では野口啓代(TEAM au)が優勝を果たした。
楢崎智亜は決勝において5,72秒のタイムを叩き出し、見事日本記録を更新。楢崎智亜、野口啓代はともに初優勝となる。
なお、当日は同会場にて「スポーツクライミング 第1回スピードユース日本選手権亀岡大会」も開催され、河上史佳(鳥取県山岳・スポーツクライミング協会 )が9,44秒で女子ユースB日本記録更新、杉本侑翼(名張市立北中学校)が6,98秒で男子ユースB日本記録更新となった。

「スポーツクライミング第1回スピードジャパンカップ」にて撮影 野口啓代 / photo by tabasa

優勝者コメント

男子優勝:楢崎智亜

この大会で5秒7台を出したいと思っていたので、日本記録更新が達成できて嬉しいです。
今年の夏までにスピード専門の選手とも対等に戦えるようになりたいと思っていたので、ここでこのタイムを出せたことは自信になりましたし、次の練習も頑張れそうです。
各種目ひとつひとつ、自分の成長ポイントに向き合っていきたいと思います。
応援ありがとうございます。これからも自分の記録を更新し続けるので、応援よろしくお願いいたします。

女子優勝:野口啓代

今回はあまり順位を気にせずに、自己ベストを更新することに集中していたのでびっくりしています。
公式での自己ベストを更新できたので収穫のある大会となりました。
トレーニングは今後も3種目並行して実施していきたいと思っています。
無観客で寂しい大会ではありましたが、画面を通して頑張っている姿が伝えられれば嬉しいです。

大会結果

男子

優勝:楢崎智亜
2位:竹田創
3位:安川潤

女子

優勝:野口啓代
2位:野中生萌
3位:倉菜々子

photo by アフロ
text by 金子修平

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
4月 2021
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
« 3月   5月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧