【コンバインドジャパンカップ2021 決勝】野口啓代・楢崎智亜が優勝を決める。

2021.06.25
Photo by 窪田亮

スポーツクライミングのボルダリング・リードの2種目で争われる第4回コンバインドジャパンカップ決勝が19日、岩手県営運動公園スポーツクライミング競技場(盛岡市)で行われた。

スポーツクライミングの『リード』、『ボルダリング』、『スピード』の3種目をで行われるコンバインド。その中で今大会はボルダリング、リードの2種目複合で争われた。

男子決勝は楢崎智亜(TEAM au)が2年ぶり3度目の優勝。女子決勝は野口啓代 (TEAM au)が3年ぶり2度目の優勝に輝いた。両選手はともに五輪代表内定を決めている。

男子決勝は18日の予選を勝ち抜いた高田知尭、井上祐二、天笠颯太、楢崎智亜、藤井快 、川又玲瑛、緒方良行、小西桂が進出しハイレベルな戦いを魅せた。第2課題では藤井が初完登、楢崎は一撃で3位以下を離し大きくリードする。リードでは楢崎、藤井、緒方が首位で並ぶが、僅かなアテンプト数の差で楢崎が藤井を上回り優勝を飾った。

女子決勝は、野中生萌、小池はな、伊藤ふたば、野口啓代、中川瑠、谷井菜月、渡邉沙亜里、小武芽生の8名が進出。 五輪代表の野口・野中がボルダリング 第1課題から高いレベルを展開するが、 第2種目のリードにて野口が野中を上回り優勝を決めた。

男子・女子共に五輪代表内定選手が高い完成度を見せ、東京五輪に向けて結果を残した。

Text by 橋田 樹台

関連記事
執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
10月 2021
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
« 9月   11月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧