Street & Action Sports
CLIMB
2017.03.08

野口啓代2連覇!中野稔初優勝!『スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017』

FINEPLAY編集部
CLIMB
2017.03.08
野口啓代2連覇!中野稔初優勝!『スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017』

野口啓代2連覇!中野稔初優勝!『スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017』

3月4・5日、埼玉・加須市民体育館にてリード競技日本一を決める「スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017」が行われ、男子は昨年優勝の中野稔が祈願の初優勝、女子は野口啓代が大会2連覇6度目の優勝に輝いた。

スポーツクライミングがオリンピック追加種目に決定し、リード・ボルダリング・スピードの複合種目でメダルを争うことが有力であることから、ボルダリング種目中心に活躍する選手達も、リード種目に積極的に挑戦をはじめた本大会。
女子は、この種目で長く日本のトップランナーとして活躍する小林由佳、世界のボルダリング種目を牽引する野口啓代、近年目覚ましい成長を遂げている伊藤ふたば、森秋彩、そしてワールドカップで多くの実績を残している大田理裟、リード種目を中心としながらもボルダリングジャパンカップでも優勝経験のある田嶋 あいかを中心とした争いとなったが、女王・野口が貫禄の優勝を飾った。

野口啓代

photo:野口 啓代/提供:日本山岳協会

森秋彩

photo:森 秋彩/提供:日本山岳協会

伊藤ふたば

photo:伊藤ふたば/提供:日本山岳協会

男子は昨シーズンに自身初のワールドカップの表彰台に乗った是永敬一郎、同大会で結果を出しつつある波田悠貴や島谷尚季、ベテランの中野稔に加え、ボルダリング種目でワールドカップランキングのワンツーフニッシュを成し遂げた楢﨑智亜や藤井快も、リード種目でもこれまでに輝かしい成績を残しており、激しい戦いとなった。
男子決勝では、中野 稔、緒方良行、波田 悠貴、楢﨑智亜ら最後まで誰が優勝するかわからない一進一退の攻防が続く中、ベテランの中野が最後に気迫の登りをみせ嬉しい初優勝を飾った。
第12回ボルダリングジャパンカップで悔しい思いをした楢﨑智亜は2位でフィニッシュ。

ボルダリングジャパンカップに続き、リード競技でも男女ともに若い世代の活躍が目覚ましく、2020年東京オリンピックでも期待が持てる大会となった。

中野 稔

photo:中野 稔/提供:日本山岳協会

楢﨑 智亜

photo:楢﨑 智亜 /提供:日本山岳協会

波田 悠貴

photo:波田 悠貴/提供:日本山岳協会

スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017男子結果
1位:中野 稔
2位:楢﨑 智亜
3位:波田 悠貴

スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017

提供:日本山岳協会

スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017女子結果
1位:野口 啓代
2位:大田 理裟
3位:森 秋彩

スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017

提供:日本山岳協会

スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017

<開催概要>
大会名称:スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017
日時:2017年3月4日(土)〜3月5日(日)
主催:公益社団法人日本山岳協会(JMA)
後援:公益財団法人日本体育協会
公益財団法人日本オリンピック委員会
加須市
主管:埼玉県山岳連盟
協賛:KDDI株式会社
三井不動産株式会社
オリエンタルバイオ株式会社
牛乳石鹸共進社株式会社
キョーリン製薬ホールディングス株式会社
株式会社八海山
会場:加須市民体育館

この記事が気に入ったら
FINEPLAYの最新情報を毎日お届け
執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
史上最強 エクストリームスポーツの祭典!! CHIMERA GAMES Vol.4
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
編集部おすすめ
アクセスランキング
カテゴリー
FINEPLAY