“義足のダンサー”大前光市がラスベガスの舞台に初挑戦!

2018.03.17
FINEPLAY編集部

大人気ダンスグループのショーにゲスト出演

一般社団法人 障がい者スポーツ・アート・ミュージック振興協会(以下、 HANSAM(ハンサム))所属の“義足のダンサー”大前光市が、 3月1日(日本時間3月2日)にアメリカ・ラスベガスのMGM GRAND LAS VEGASで行われた大人気ダンスグループ「JABBAWOCKEEZ」のショーにゲストダンサーとして出演した。

大前光市は、 リオデジャネイロ・パラリンピック閉会式への出演や、 昨年末「第68回NHK紅白歌合戦」での平井堅さんとのコラボレーションで注目を集めているダンサー。 今回、大前光市の活動を知ったMGM GRAND LAS VEGASより招待を受け、初めてラスベガスのステージに立った。

JABBAWOCKEEZは、 MTVの人気番組「America’s Best Dance Crew」で優勝したことをキッカケに、爆発的な人気となったアメリカの6人組ダンスグループで、白いマスクを被ってのパフォーマンスが特徴。
白いマスクには、人種などの偏見や差別を超えてパフォーマンスだけで勝負するという意思が込められている。大前光市の障がいを超えて一人のプロダンサーとしてパフォーマンスする姿に共感し、共演が実現した。

ラスベガス初挑戦となる大前光市は、 ショーの終盤にステージに登場。メイン・キャラクター、PJの影を独特の繊細な、そして同時にインパクトのあるダンスで表現し、JABBAWOCKEEZのメンバーに引けを取らないプレゼンスで観客の目を引きつけた。
ソロパートでは、「電飾が施された義足」を付け、目を見張るターンなど、パワフルな、そしてダイナミックな、圧巻のダンスパフォーマンスで観客の大きな拍手を浴びた。フィナーレに、JABBAWOCKEEZのメンバーとともに再びステージに立ち、観客の絶大な拍手に応えた。

大前光市、公演後コメント

うんと楽しみました。今日は大きな一歩だったと思います。お客様の温かい拍手に心を打たれました。アメリカの人々に「受け入れられた」という感じです。
短期間ではありましたが、 精一杯のことができたと思います。 JABBAWOCKEEZとのステージで音楽を共有することを教わりました。
又、堂々と踊ることを学びました。そして、個性の大切さを改めて感じました。
ラスベガスはエキサイティングな街です。人間味のある街です。頑張れば認めてくれる街です。今後は、ショーで通用するダンサーを目指していきたいと思います。

Kevin(JABBAWOCKEEZ主要メンバー)、公演後コメント

光市との仕事はあっという間に終わった感じです。彼の持つ卓越したエネルギーを感じました。今日は、彼にとってもJABBAWOCKEEZにとっても素晴らしいショーができました。その証拠にお客様がとてもハッピーでした。
光市は本当のプロです。今後のJABBAWOCKEEZが歩むべき道を教えてくれたと思います。いつかもう一度同じステージに立ちたいと思っています。

大前光市プロフィール

岐阜県下呂市出身 1979年9月27日生まれ
大阪芸術大学でクラシックバレエを学ぶ。本格的なコンテンポラリーのテクニックや振付のメソッドも習得し、在学中から注目を集める。
卒業後、プロダンサーとしてスタートを切った24歳の時に交通事故で左膝下を切断。片足でも踊り続けるために、ヨガや武道、新体操など幅広いジャンルの動きを学ぶ。
さらに、作品に合わせて長短様々な義足を使い工夫することで、世界にふたつとない独自のダンススタイルを築く。

《受賞・活動歴》
2008年9月 東京なかの国際ダンスコンペティションにて入賞1位(大前光市/金刺わたる)
2008年1月 DANCE COMPLEX2008にて優勝
2010年6月 全日本洋舞協会合同公演(なにわ芸術祭)舞踊作家部門新人賞、 大阪府知事賞、 大阪市長賞を受賞
2013年1月 あきた全国洋舞祭モダンダンスコンクールにてあきたこまち賞(4位)を受賞
2014年3月 DCアワードにて審査員特別賞(最優秀賞)を受賞
2015年8月 東京なかの国際ダンスコンペティションにて第2位受賞(Alphact)
2015年8月 北九州&アジア洋舞コンクールにて第1位及び福岡県知事賞を受賞
2016年2月 Dance Competition in 仙台モダンダンス第1位及び宮城県知事賞・河北新報社賞・チャコット賞を受賞
2016年9月 リオデジャネイロ・パラリンピック閉会式の東京へのハンドオーバー(引き継ぎ式)に出演
2016年1月 シンガーAI企画の東京2020へ向けたコンサート(日本武道館)に出演
2017年5月 パラダンススポーツ ポーランド大会 シングルフリースタイル部門 金メダル
2017年11月 東京2020参画プログラム「文化オリンピアードナイト」でミュージシャンMIYAVIと共演
2017年12月 「第68回NHK紅白歌合戦」の平井堅さんが「ノンフィクション」を歌うステージで共演

一般社団法人 障がい者スポーツ・アート・ミュージック振興協会(HANSAM)

障がいや病気、様々な困難に向き合いながらも希望を失わず前に進もうとする人々を支え、インクルーシブ(排除されない・共に生きる)な社会を作るために、どんなサポートができるのかを考え、一緒に行動する方を募い、埋もれている才能を発掘し、活躍を見守っていきます。

団体名:一般社団法人 障がい者スポーツ・アート・ミュージック振興協会(通称:HANSAM)
所在地:〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門2丁目3番5号
<東京事務所>〒107-0061 東京都港区北青山1-2-3 青山ビル3F
設立:2015年12月1日
代表:池田武史

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング