|

DANCE

6000人以上の子供にダンスを教えながら世界を旅するGOMEのメッセージ

夢に一歩踏み出して、世界が大きく変わった

長年抱いていた夢を叶えるために大手教育系企業を退職し、現在6000人以上の世界中の子どもたちにダンスを教えながら世界を旅しているダンサーGOME。

FINEPLAY編集部は、なぜ「世界一周×ダンス」の旅に出たかを聞いてみた。

その他画像2

ダンスをはじめたきっかけは?

GOME:高校生のときに、兄が家でダンスの練習をしているのを見て、「かっこいい!」と思ったのがきっかけです。最初の頃は兄に教えてもらい、そしてダンススクールに通うようになり、その後大学でもダンスにのめりこんでいきました。
そして大学生の後半からキッズダンススクールでダンスを教えるようになり、子供たちにダンスを教える楽しさ、素晴らしさを感じました。

 

なぜ大手教育系企業を退職し、「世界一周×ダンス」の旅に出たのでしょうか?

GOME:「世界一周」が昔からの夢だったからです。ただ、自分に自信がなかったぼくは、大学生のときには怖くてその夢を実行にうつすことができず、そのまま就職しました。
ですが、社会人を始めて4年目のときに、「自分の人生はこのままで本当にいいのか?後悔しないのか?」と思うようになり、退職を決意。どうせ世界一周するなら、大好きなダンスをしながら、そして子どもたちにダンスを教えながらまわりたいと思い、「世界一周×ダンス」の旅に出ることにしました。

 

その他画像4

実際に「世界一周×ダンス」の旅に出ていかがですか?

GOME:「世界ってこんなにも面白いんだ!そして、ダンスってこんなにも素晴らしいんだ!」と日々感じています。
どこの国に行っても、どこの地域に行っても、ダンスを踊れば一気に仲良くなります。
そして、お互いを認め合うことができます。言葉も大切だけど、言葉以上に大切なものがあるんだと実感しました。世界中の人々と密な関係を築きながら旅ができているのは、「ダンス」をしながら旅をしているからなんだろうなと思います。世界の広さを感じるとともに、世界がとても身近になりました。旅に出てきて本当によかったです。

夢に向かって挑戦しているGOMEさんから読者へのメッセージをお願いします。

GOME:ぼくは、勇気を出してやりたいこと(世界一周×ダンス)に一歩踏み出してから、自分の世界が大きく変わりました。
周りに自分の夢を公言することで、たくさんの人が協力してくれ、そして背中を押してくれました。自分が挑戦し続けることで、ぼくもいろんな人の背中を押すことができたらと思います!

自分の夢に挑戦し続けるダンサーGOMEの動画を是非ご覧ください!

Guy dances across Malawi (Africa) with 5000 children.

Dancing Zimbabwe | Great View in Africa

中込孝規(ダンサーネーム:GOME)プロフィール

ストリートダンス(POP)歴10年。学生時代は、キッズダンススクール講師として活動。
大学卒業後は、教育系企業ベネッセコーポレーションにて小学生向け事業に4年間従事。長年抱いていた夢を叶えるために退職し、現在世界中の子供たちにダンスを教えながら世界一周中。
全日本学生ストリートダンス選手権大会 大学生部門 優勝(2009年) ・ラオス・ルアンパバーン国際映画祭出演(2014年) ・ジンバブエ・ハラレ国際芸術祭出演、ジンバブエツアー実施(2015年)

■関連リンク

オフィシャルサイト

Facebook

Twitter

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP