ストリートダンスシーンを代表するイベント THE ABSOLUTE が10周年!THE ABSOLUTE vol.10

2019.05.20
FINEPLAY編集部
Photo by TABASA

このイベントなしでは日本のストリートダンスを語れない!

2019年5月17日(金)、神奈川県川崎市にあるストリートダンスイベントの聖地、CLUBCITTA’KAWASAKIにて、オールジャンルの日本を代表するダンサーが集まりショーケースを行う大規模イベント、THE ABSOLUTE vol.10が行われた。今年で10周年を迎えたTHE ABSOLUTEは年に一度、日本中からストリートダンスシーンを代表する数々のチームが参加し、毎年このイベントの為の特別なショーケースやコラボユニットなども企画される。そのためシーンからの注目も多く集めるイベントであり、10年前から行われている為、多くの若手ダンサーが憧れるイベントともなっている。当日は23時オープンでのオールナイト公演でありながらも、スタート前から多くのオーディエンスが集まりあっという間にフロアは満員になった。イベント序盤MCに呼ばれオーガナイザーであるHIROがステージに上がり、以下のようにコメント。

「今日は来てくれてありがとうございます。現在、他にもダンスショーケースのイベントはたくさんありますが、ABSOLUTEは今日のようなトップクラスのダンサーを現場で見ることで、この人かっこいいな!とかこのステージに立ちたいな!と憧れてダンスを続けてくれる人が増えれば良いなと思って、イベントを実施し続けています。僕ももともと、メインストリートというイベントでこのクラブチッタがすごい満員の中、スタンディングで背伸びをしてダンスを観ていた頃があって、今ではやっとこのステージに立てるようになりました。これからもそういった雰囲気を続けていければと思ってますし、今日は長丁場ですが盛り上がっていきましょう!」

Photo by TABASA

また今回は一部のショーケースでRed Bull Music Studios Tokyoとのプロジェクトを実施しており、BEAT MAKERとDANCERによる今までにないコラボレーション企画、「Red Bull Music Studios Tokyo×THE ABSOLUTE vol.10 Special Collaboration Project」も行われた。アーティストとダンサーのユニット3組が、この日のために制作された音楽と振り付けで、それぞれ違ったスタイルのコラボレーションショーケースを披露。そしてこの日のためにゼロからショーケースをつくる様子が映像コンテンツとしても特別公開されている。

このイベントのオーガナイザーであるHIRO、そしてHIROが所属するチームALMAのメンバーPInOは、DJとしても活躍するグルーヴマスターGrooveman Spotとコラボレーション。HOUSEの曲調をベースにビートメイクされたこの日のための音源を使ってショーを行った。衣装もシンプルに、そして舞台上の照明演出もほとんどピンスポットで行われたショーは、まさにスキルフルなダンサーと純度の高い音楽とのコラボレーションであった。

Photo by TABASA

今年のJUSTE DEBOUT JAPANでも優勝し、これまでも長く日本のPOPPINGシーンを支えるチームCo-thkooは、大阪を拠点とするビートメイカー・トークボクサーのKZYBOOSTとコラボ。実際に機材をステージ上にセットし、その場でKZYBOOSTが奏でる音楽でダンスを披露するというLIVE型のショーケースとなった。特殊なエフェクターを使った音の出し方であるトークボックスの音質はPOPPINGとの相性が抜群であり、普段からもよくショーケースやバトルで使用されることが多い。ビートメイクだけでなく得意のトークボックスもKZYBOOSTがLIVEで披露し盛り上がりを見せた。ショーの途中、Co-thkooのメンバーであるKEIGUCCHONもこのビートメイクにチャレンジしたり、合間にマイクパフォーマンスを挟むなど終始会場を盛り上げ、他のチームとはまた違ったオリジナルあふれるショーケースともなった。

Photo by TABASA

その他にも、世界で活躍するBBOY CrewのThe FloorriorzFOUNDNATION 、パワフルなムーブと迫力のある振り付けで会場を沸かせたKRUMP集団Twiggz Fam.、 日本が世界に誇る最強Lockin’チームGOGO BROTHERSHilty and Boschのコラボユニットなどが出演した。

Photo by TABASA

Photo by TABASA

Photo by TABASA

Photo by TABASA

オーガナイザーHIRO コメント

Photo by TABASA

10周年を振り返ってみて、歴が長いダンサーはとにかく言葉には出来ないけど良い味出してるね!って感じです、笑。僕自身そういう人達に憧れてダンスを始めた世代なので、これからも上の世代は若い人たちの指標になって欲しいし、10年間を考えるといろいろ感慨深いです。ちなみに10年連続で出演してもらっているチームも結構あります。

お客さんに関しては、10年前の方が若い子たちが多かったですね。今ももちろん若い子いますが上の世代も多く集まってくれています。ただ10年前に来てくれていた層は、もう実際に現場に足を運ぶ人は少なくなって来ている事実もあるので、複雑な気持ちもあります。今回でいうとRed Bull Music Studios Tokyoとのコラボレーションの様に、新しい取り組みやチャレンジをすることでいろいろと変えていかないとなと思いますし、一方で変えないことの大切さもあるので、今後その両方を共存させるのも難しいなと思っています。

正直今後はやり方も含めて迷っている部分もあるのですが、良い部分は変えずに続けて維持しながら、今の世代の子達に合わせていくことも大切だと思ってます。それをネガティブに考えずに変化に対応できるよう、僕自身も柔軟にやっていきたいです。ありがとうございました!

THE MOMENTS of THE ABSOLUTE vol.10

Photo by TABASA

Photo by TABASA

Photo by TABASA

Photo by TABASA

Photo by TABASA

Photo by TABASA

Photo by TABASA

Photo by TABASA

Photo by TABASA

イベント概要

2019/5/17(fri) @CLUBCITTA’KAWASAKI
THE ABSOLUTE vol.10
2019年5月17日(金)  オールナイト
OPEN 23:00 / START 23:30
前売券  \5,500-(消費税込み)
当日券  \6,500-(消費税込み)

CAST (A to Z)
・A Dirt Videos(STEZO/TAKUYA/KYOGO/FRESH SEIJI)
・BiGooL+FUNE
・BIG CHEESE!!
・BUTTER
・Co-thkoo feat. KZY BOOST
・DEEP
・ebony
・FRESH SQUAD(MIHO/MIKU/HIRONA/MARI)
・FOUNDNATION
・GOODFOOT
・HANAI+U.U+DOWNTOWNBOUNCE+ARANAMI+ちっひー+Cloud Nine.
・HEX BEX  feat. MAHBIE
・in the groove ( KO-TA.HIRO.TERUYA.TATSUO.TATSUYA.TAKAOMI.MAKOTO )
・HIRO&PInO feat. grooveman Spot
・LEVE Ⅳ LOCKERZ (GOGO BROTHERS+Hilty&Bosch)
・LUCIFER+Miyu
・NEW SCHOOL ORDER
・RYOSUKE&CGEO
・SOUND CREAM STEPPERS
・TERM-INAL
・THE FLOORRIORZ
・TOKYO FOOTOWORKZ
・Twiggz Fam +Twiggz Ⅱ IMPACT
・ULTIMATE CREW
・VIBEPAK
・Yu-mah+HANA
・バファリン+BOO+TAKUMI
MC:hoym-k
DJ:grooveman Spot / SACHIO
produced by RAISE UP INC.

文・インタビュー:秋山 真

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
おすすめのイベント
直近のおすすめはありません
イベントスケジュール

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング