[PR] dance

SUPER BREAK・全日本ブレイキン選手権を終えて「Xperia Ambassadors」BBOY Shigekix & BGIRL Amiの今後の野望

2020.12.28
FINEPLAY編集2部

2024年パリ五輪追加種目として正式に決定、シーンは活況を呈し、BBOY & BGIRLの熱量も最高潮に達しているブレイキン
そんな日本ブレイキンシーンにおいて、パリ五輪での金メダル候補として今最も世間の注目を浴びるBBOY ShigekixBGIRL Amiに対して、ブレイキンシーンを支えてきた「Xperia」とタイアップしスペシャルインタビューを行った。
Xperia Ambassadors」でもある2人が修羅場をくぐり抜けた「SUPERBREAK」「第2回全日本ブレイキン選手権」の2大会の感想や、「Xperia Ambassadors」としての活動、「Xperia 1 II」の便利な機能から今後の抱負までを聞いた。
先日行われた「第2回全日本ブレイキン選手権」で優勝、続く「Red Bull BC ONE World Final 2020」チャンピオンという快挙を成し遂げたBBOY Shigekix。同じく「第2回全日本ブレイキン選手権」で優勝を飾り、「Red Bull BC ONE BGIRL World Final 2018」チャンピオンでもあるBGIRL Ami。
日本のブレイキンシーンを牽引する2人の「野望」を深堀りする。

BBOY Shigekix

―「SUPERBREAK」について

BBOY Shigekix:新型コロナウィルス感染症の流行もあり、昨年から個人でもオンラインの画面越しでしかバトルができない環境が続いていたので、仲間や対戦相手のBBOY、BGIRLと現場で対面できる嬉しさをかみ締めてバトルができました。
もちろん無観客試合なのでオーディエンスはいないのですが、他の出場者が距離をとってバトルを見守っていたり、MCやDJ、照明の演出があるステージ上で踊る喜びを再認識しましたね。

SUPERBREKには地元のクルー・K.A.K.Bで参戦したのですが、初戦でGOODFOOT CREWに敗れてしまいました。しかしチームとしての今後の課題も見つかったので良かったと思っています。
K.A.K.Bはオーディエンスのエネルギーを受け取って返していくスタイルが強みのクルーですが、「無観客の中であっても、どのようにモチベーションをコントロールして良いパフォーマンスを発揮するか」が今後の課題だと考えました。
この課題をクリアして、次のオンラインバトルに生かしていきたいと思います。

―「第2回全日本ブレイキン選手権」について

BBOY Shigekix:何度優勝してもそれぞれの大会での優勝が率直に嬉しいと感じるのですが、今回はそういった嬉しさとはまた別に、これまで取り組んできたことが結果につながったプロセスも含めて嬉しいと感じました。

Shigekix
「Xperia 1 II」で撮影

「第2回全日本ブレイキン選手権」ではラウンド数やムーブ数が多くなることを意識して、それに耐えられるフィジカルの強化に努めてきました。これまでやってきた練習の成果を、スタミナ切れのために発揮できないことが一番悔しいと思っていたので、そこは譲らずに量をこなす練習をしてきたんです。
また、トレーニングの一環としてクロスフィットプログラムを導入し、長いスパンで筋持久力や瞬発力の強化に注力し、本番直前では技術的な部分にフォーカスして調整を行ったことも、今回大きな成果を確認することができました。

Shigekix
「Xperia 1 II」で撮影

それだけ念入りに準備したおかげもあり、決勝に上がっても踊り切れる絶対の自信を持っています。ですから決勝に対して特別な意識をすることはありませんでした。
意識をしすぎて緊張感を高めすぎるとかえって良くないので、本番を意識した時間の過ごし方は前日までに精一杯やって、当日は楽しむ。そして一戦一戦バトルする、そういう感覚でした。
ですから決勝もラスト一戦、という思いでした。


―1年間を振り返って

BBOY Shigekix:もちろん細かいところはたくさんの改善すべき点がありますが、この状況下ではベストが尽くせたと思います。
大会が開催できず、バトルが少ないこの環境の中で、これだけ多くのラウンド数を経験できているというのはプラスだと思っています。わずかな人に許される貴重な経験ができたと思っています。この経験を来年の活動に生かしていきたいです。

Shigekix
「Xperia 1 II」で撮影

Xperiaについて

―「Xperia Ambassadors」としての活動を通じて感じたこと

BBOY Shigekix:まず、「Xperia Ambassadors」就任のお話をいただけたことが素直に嬉しかったですね。ブレイキンに興味を持ってもらえたことも嬉しいですし、僕自身も今年1年の活動を通じてXperiaに対する愛がより深まりました。
新型コロナウィルス感染症の流行もあり、今はSNSでの発信にとどまっていますが、今後はもっとアクティブに活動していきたいですね。
ブレイキンやXperiaに興味を持っている人たちに対して、Xperiaの良さをアピールしていきたいと思っています。

―「Xperia 1 II」を使っている中で気づいたこと

BBOY Shigekix:大会などで国内外の移動が多く、荷物や身に付けるもののサイズにはとても気をつかいます。「Xperia 1 II」は縦長のフォルムで薄く扱いやすいサイズなので、ポケットに入れて持ち運びやすく気に入っています。充電の持ちも良いので、知らない土地に持っていくのにも重宝します。

また僕は写真を撮ることが好きで、以前はよく荷物と一緒に一眼レフカメラを持ち歩いていました。しかし一眼レフカメラは大きくて重いので、海外遠征などに持っていくには面倒な部分もあります。その点「Xperia 1 II」はカメラが素晴らしく、一眼レフカメラで撮影したものと遜色がない写真を撮影することができるので、今では遠征の際には一眼レフカメラではなく「Xperia 1 II」で写真を撮影するようになりました。

特にシャッタースピードやISO感度を好みの設定で撮影できるPhotography Proという機能が気に入っていて、写真好きにも満足できる機能と写真の出来栄えです。さらに高速連写機能が素晴らしく、レンズも超広角、望遠、標準の3つのレンズが装備されています。
ダンサーの激しい動きもブレなく欲しいカットを撮影することができ、さまざまなシチュエーションに対応した撮影が可能なので、もっと多くのダンサーに「Xperia 1 II」を試してほしいですね。

Shigekix
「Xperia 1 II」で撮影

― 「Xperia 1 II」で最近よく活用している機能

BBOY Shigekix:最近はCinematography Proを使用して映像を作ることにハマっています。僕たちダンサーは時にはプロに撮影してもらえる機会もあります。しかし自分たちでかっこいい映像を作りたいという気持ちもカルチャーとしてあるので、映画のように滑らかな質感の映像を手軽に撮影することができることは、ダンサーとして純粋に嬉しいですね。

もちろん詳しく設定して撮影することもできるので、ダンサーだけじゃなくこれから映像を始めたいという人にもぴったりの機能だと思います。僕自身も凝った映像を撮影・編集してSNSや動画共有サイトに投稿していて、これからもいろいろな撮影にCinematography Proを活用していきたいです。

―来年の抱負(BBOY / 「Xperia Ambassadors」として)

BBOY Shigekix:いろいろな意味で、この2020年がターニングポイントになったと思っています。新型コロナウィルス感染症流行の中で、学生からプロダンサーになり大阪から東京へ活動拠点を移しました。練習環境やマインドが大きく変化する中で、厳しい1年でもありましたがそんな時期であったからこそ、考え方や生活を見つめ直すことで一皮むけてステップアップすることができたと思います。
どのようにここから道を作っていくか、来年への向き合いかたが見えてくるタイミングでもあり、ここから自分自身を一つ上のネクストレベルに持っていくためのスタートの年であるとも考えています。
目指すは2024年のパリオリンピックでの金メダル、そしてもう一度「Red Bull BC ONE」で優勝したいとも思っています。優勝は人生一度きりと決まっているわけではないので、2連覇、3連覇を目指したいです。
規格外の活躍を続けて歴史的なBBOYになることを目指して、来年は強い心で物事に向かっていきたいと思っています。

「Xperia Ambassadors」としても、これからもっとたくさんの人にXperiaの良さを発信していきたいと思っています。来年はブレイキンとXperiaとのコラボレーションだからできることをどんどんやっていきたいですね。
Xperiaとのタッグで、これからブレイキンシーンや世界に衝撃を与えていくので注目してください!

BGIRL Ami

―「SUPERBREAK」について

BGIRL Ami:正直最初は「無観客か…」という感じでしたが、その前にも日本選手権の予選などで同様の形式のバトルは経験していたのでそこまで心配はしていませんでした。
チームバトルだと自分が踊っている時に後ろで仲間が盛り上げてくれるので、そこまで「無観客」でのやりにくさはなかったですね。
久しぶりに会うBBOY・BGIRLの仲間や、全国から集まったハイレベルなチームを見て、テンションやモチベーションが自然と上がりました。

一番印象に残っているバトルは決勝戦ですね。The Floorriorzを倒したかったといまだに思っています。
決勝戦で負けてしまった時に、The Floorriorzとの差として感じたのは、「余裕感」です。
大会が終わって動画を見返したのですが決勝戦のジャッジの瞬間、勝利が決まったThe Floorriorzのメンバーは余裕のあるリアクションでした。
やっぱり「勝って当たり前、自分たちが勝つのが当たり前」という気持ちでやっているThe Floorriorzと、「今回は勝ちたい、あわよくば勝ちたい」という自分たちのチームでは、気持ちの余裕に差があると感じました。

Ami
「Xperia 1 II」で撮影

ただチームとして得たものは多かったです。いつも負けてしまう時は何か課題が残ることが多いんですが、今回はみんな気持ちよく決勝戦まで勝ち進むことが出来ました。
もちろんもっとレベルアップするためには練習が必要です。しかしその日のチームとしては準備してきた練習の成果が発揮できたので、その点ではとてもプラスになった大会だと思います。
今回は選抜での5on5だったので、他のメンバーも一緒に出れるバトルにもチーム全員で出場したいですね。

決勝戦までにも、1回戦は同年代で絶対に負けたくないチームであるK.A.K.Bと対戦したり、準決勝では過去負け越しているFOUNDNATIONと当たったり、全ての試合が自分にとって楽しいバトルでした。

―「第2回全日本ブレイキン選手権」について

BGIRL Ami:とにかく出し切りましたね。今までにないくらいこの大会に焦点をあてていたので優勝することができて嬉しいです。
何よりも関西ブロックを勝ち抜き代表になっていたAyumiさんを倒したかったんです。
今回もオーディエンスはいませんでしたが、対面で相手とバトルができる場でしたし、今年のイベントの中で一番集中したバトルとなりました。

まず予選の関東甲信越ブロック大会はめっちゃレベルが高くて、強いメンバーがこのエリアに集まり過ぎていたと思います。「フェアじゃない」と言いたかったけれど、それも「第2回全日本ブレイキン選手権」で優勝しない限りは絶対に発言できないとも思っていました。
今回は「一戦一戦負けたくない」という気持ちが本当に強い大会でしたし、「優勝したい」という気持ちよりも「そこにいる人たちを全員倒したい」という感覚でした。

Ami
「Xperia 1 II」で撮影

ブロック予選の前に手をケガしてしまったのですが、逆にそれが転機になりました。フットワークや立ちムーブを増やすなどダンスにも影響がありましたし、気持ちの面でも楽しんで挑むというマインドチェンジが出来ました。
予選を突破してブロックの代表になってからは、各エリアの代表が決まっていくごとに段々とモチベーションが上がっていきましたね。

特殊な大会フォーマットで4ラウンド制ということもあり、それに向けた練習もたくさんしました。特にラウンド練習をめちゃめちゃしましたね。
時計と向かい合って、相手が踊る時間も想定して、4ムーブ制に慣れる練習をしました。過去に同様のフォーマットでやった世界大会に出たこともあるので、その時の経験から最後まで通してしっかりと動けるように練習する必要がありました。
しかしもともと自分のダンススタイル的にラウンドが多い方が勝てるタイプなので、この大会でラウンドが多いこと自体はむしろプラスでしたね。

一方で採点システムについてはそこまで気にしませんでした。自分が踊ってカマせたなって思えたらそれでOK、出し切って負けたら仕方がない。採点システムに合わせて自分のダンスが変わってしまうのも嫌なので、システムに対してはあまり考えないようにしていました。

事前の練習や体調管理も上手くいったし、当日もベストなムーブが出来たのでとても良かったです。
引き続きこの大会やシステムに対しては、自分のスタイルや踊り方は変えずにチャレンジしてきたいです。

―1年間を振り返って

BGIRL Ami:なかなかモチベーションが続かない、また目指すものが分かりにくい1年だったというのはあったかな。
私は一番近い大会やイベントに集中しているタイプなので、目の前の目標となる大会がないとなると最初はどうしたらいいか分かりませんでした。
しかし時間をとって自分を見つめ直すことはなかなかないので、それができて良かったです。そういう意味では充実していたし、うまく時間を使えた1年間だったと思います。

例えば、食事を見直すきっかけになったのもそのひとつ。自然と外食が減ってお酒を飲む機会も減ったりする中で、家での食事も増えたし食べるものを気にするようになりました。その結果体調も良い状態をキープできています。
今までだとバトルのために練習するから、今できることの質を高めるための練習が中心になるのですが、今年は新しい動きにも挑戦するきっかけもたくさんありました。

逆にできなかったこととしては、人に直接的に会うことや海外に行けなかったことが例年と大きく違う1年でした。
特に海外旅行に行けなかったこととか(泣)。
毎年海外や地方に遠征に行って、そのエリアの人に会うんです。そこでの美味しいものを食べたり現地での楽しみがあったので、それが出来なかったのが残念です。

ライフスタイルでも自由な時間が増えたので、新しいチャレンジを少しずつ始めるようになりました。少しでも興味が湧いたことに対して、まずはやってみる! ということがアクションできた1年でもありました。裁縫、コーヒーやセルフネイルなど。
もともとダンス以外にもやることがあった方がプラスになるタイプなので、そこでのチャレンジができたのも良かったです。

BGIRL AMI
「Xperia 1 II」で撮影

Xperiaについて

― 「Xperia Ambassadors」としての活動を通じて感じたこと

BGIRL Ami:「Xperia Ambassadors」という役割に気負うことなく、ブランドを背負いながらも自然に自分らしく活動出来た1年でした。新型コロナウィルス感染症流行の影響もあって、思ったよりもイベントが少なくなってしまったのは残念でした。
「Xperia Ambassadors」として行った撮影はとても楽しかったですし、この期間で「Xperia 1 II」をたくさん使わせてもらってとても良かったです。

印象的だったのは自分が出ている大会で、例えば「第2回全日本ブレイキン選手権」でも、競技の間に自分が出演している「Xperia」の映像が流れるので、それがあると「よっしゃ頑張らなきゃ!」って思ったりもしました。
これまでブレイキンシーンや大会をサポートして下さっているブランドともまた印象が違い、すごく有名な企業やブランドなので当初は「Xperia Ambassadors」をやることで気負ってしまいそう…って思っていたこともありましたが、結果プレッシャーに感じるというよりもモチベーションアップに繋げることができて良かったです。

―「Xperia 1 II」を使っている中で気づいたこと

BGIRL Ami:一番のお気に入りは持ちやすいカタチと画質ですね。すごくいいなって思っています。
画面が大きいけどスリムなカタチをしているので持ちやすいですし、特に映像をよく見ているので、ワイドな画面サイズはとっても気に入っています。

例えば最近は映画を観ることが多くて、「ダイナミックバイブレーション」という機能があるんですけど、映像を見ていると「Xperia 1 II」が振動するんですよ!
イヤフォンをして、「ダイナミックバイブレーション」をオンにしながら映画を観ると、画面も大きくワイドですしその世界に入れる感じがしてすごく良いです。

BGIRL AMI
「Xperia 1 II」で撮影

― 「Xperia 1 II」で最近よく活用している機能

BGIRL Ami:ダンスや私生活で写真や映像を撮影することが多いので、カメラの機能がすごく良いのもおすすめです。
横浜で撮影した映像は、逆光の中でシルエットも出しながらかっこいい動画を撮りたくて。「Xperia 1 II」のCinematography Proで撮影したことによって逆光でも色味がちゃんと映るし、影などのかっこよさも出ていたのでとても良かったですね。
また写真の機能では、Photography Proを使って外で撮る時のライトや光の調節が良い感じにできるし、16mmの超広角レンズもお気に入りです。

今年「Xperia 1 II」を使ってみて、練習の動画や写真だけでなく、野外で遊びの撮影をするのが楽しくなりました。
写真や動画撮影が好きな自分にとって、がっつりとした機材の準備がいらず、手軽にクオリティが高い写真や動画が撮影できるのはめちゃくちゃ良い!
もちろん、普通のカメラも機能としてあるので使い分けも出来るし便利です。

― 「Xperia 1 II」について周りの反応

BGIRL Ami:5Gをきっかけに周りで「Xperia 1 II」に変えた人がいました!
最近はSNS上でも自分が繋がっている人で、「Xperia 1 II」を使っている人を目にするようになりましたね。
また、私がSNSにアップしている写真や映像を見てくれた方から、画質や機能について「どう?」って聞かれることも増えました。
「携帯って普段からすごく使うものだから、みんな興味あるんだ」と感じています。
そういった周りの反応を見ていて自分が「Xperia Ambassadors」をしているという印象がついているんだなって思いますし、自分の発信を見てくれている人も多いんだなと感じますね。

―来年の抱負(BGIRL / 「Xperia Ambassadors」として)

BGIRL Ami:「今後の大会やイベントはどうなっていくんだろう」という不安が正直あります。海外や地方への遠征やサイファーなど、以前のようにイベントに出て思いっきり楽しみたいという気持ちもあります。
しかし世の中や環境が変わっても、自分のモチベーションや感覚は変わらずにやっていきたいとも思っています。
これまで通り目の前にあるものに、自分らしく、楽しく、全力で、って感じで!

「Xperia Ambassadors」としては引き続きブランドや企業に応援してもらえるように自分を貫いて活動して、「こういう子をサポートしたい」って思われる存在でいたいです。
今年「Xperia Ambassadors」に選んでもらえて、ShigekixKatsu1さんと並んでこうして活動出来ていることがとても嬉しいです。これからも自分らしく、自分が良いと思うことを自信を持ってやっていきたいですね。
そしてやっぱり、自分らしくやるのがブレイクダンスとしても大事だと思うのでこれからも自分を磨いていきたいと思います!

執筆者について
FINEPLAY編集2部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
1月 2021
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
« 12月   2月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧