ダブルダッチ業界初! 高校生の大会「ITADAKI ダブルダッチ甲子園 2021」開催!!

2021.11.05
text by 山本 大方 / 写真提供: ITADAKI 実行委員会

2021年10月30日(土)、ダブルダッチの世界で新たなビッグイベントが始動した。その名も『ITADAKI ダブルダッチ甲子園』

このITADAKIはダブルダッチ業界初となる高校生の大会。チームで1つのショーを作るSHOWCASE部門、そして個人戦の1 on 1 BATTLE部門に加え、制限時間内に跳んだ回数を競うSPEED RELAY部門の3種目で、それぞれの”頂”を決する大会だ。

アンバサダーにはDA PUMPのKIMI、そしてシーンのトップランカーであるREGSTYLEを起用。更にはビートボックス界からTATSUYA、ダンス界からSAYAKA、更にはTikTokで一躍有名となったウンパルンパなど、シーン内外から豪華なキャストが勢揃い。またラップ界のレジェンド・晋平太とREGSTYLEがコラボショーを披露するなど、開催前から大きな話題を呼んでいた。

 

豪華キャスト陣 / 写真提供: ITADAKI 実行委員会
晋平太 × REGSTYLE / 写真提供: ITADAKI 実行委員会

 

SPEED RELAY

まずはスピードリレー。団体ごとに競われるこの種目は、3名の跳び手が制限時間内に跳んだ回数を競うもの。優勝に輝いたのは「日本橋ダブルダッチクラブ」。ショーケースや競技ダブルダッチにも精通するメンバー達が集い、226回という好成績をマーク。今種目唯一となるノーミスでの記録となった。

 

日本橋ダブルダッチクラブ / 写真提供: ITADAKI 実行委員会

 

1 on 1 BATTLE

個人戦である 1 on 1 バトルは、イベントの主役である高校生に加え、未来のITADAKI世代を担う中学生の2部門が用意。
参加出来るのは事前に実施されたオンライン予選、そして本戦直前の当日予選を勝ち抜いたプレイヤーのみであることから、大人たちも唸るような名勝負が繰り広げられた。

中学生部門では、当日予選を勝ち抜いて”下剋上”を達成したSEISHIRO (MIYAKO JUMP ROPE CLUB) が優勝。ヒップホップスタイルをベースとし、大人顔負けのキレと力強さで1位を掴み取った。

 

SEISHIRO / 写真提供: ITADAKI 実行委員会

 

高校生部門では、オンライン予選を1位通過したNAO (MIYAKO JUMP ROPE CLUB) が優勝に輝いた。
今シーズンのソロバトル頂上決戦である『DOUBLE DUTCH ONE’S FINAL』に最年少でメンバー入りするなど、その躍進が期待されたNAO。ブレイキンにアクロバットなど、難度の高い技を軽々とこなし”ITADAKI”に登り詰めた。

NAO / 写真提供: ITADAKI 実行委員会

 

SHOWCASE

本命であるショーケース部門は、今回全12チームが出場。新型コロナウイルスで出場が叶わなかったチームも多い中、どのチームも個性豊かなパフォーマンスで会場を大いに賑わせた。

3位は「パキラ」(DDFAM)。今夏の学生大会「Double Dutch Delight」にはメンバーが直前に負傷し出場が叶わず、今シーズン初舞台となった3人。抜群の知名度を誇る彼らは、表情や一挙手一投足にも細かく拘り、会場を独特の世界観で支配した。

パキラ / 写真提供: ITADAKI 実行委員会

 

次いで2位は「Little Dynamite」(J☆MP STEADY FAM)。まさに文字通り、”ダイナマイト”のごとく力強いムーブで会場を大いに盛り上げた彼女たち。高校生離れしたダイナミックな技の数々に審査員を唸らせた。

Little Dynamite / 写真提供: ITADAKI 実行委員会

 

そして1位、初代ITADAKIに輝いたのは「Crumb Company」(MIYAKO JUMP ROPE CLUB)。長年同じスクールに在籍するメンバーたちが今シーズンにチームを結成。個性豊かな6人の”Crumb”(かけら)が、それぞれの強みを生かし幅広い技のバリエーションとチームワークで、観る者を飽きさせない圧巻のショーを披露してくれた。

Crumb Company / 写真提供: ITADAKI 実行委員会

 

初開催となったITADAKI。豪華なキャストの中で高校生たちが埋もれてしまわないか―― 最初はそんなこともよぎった。しかしそれは杞憂だった。
その一瞬に思いを懸ける彼らの姿は、観る者たちに計り知れない感動を与えた。ステージを去る時に涙する選手たちの姿は、新型コロナウイルスの過酷な状況下の中でも、ITADAKIのステージに懸けてきたことの証左であった。

アンバサダーでありながら発起人であるKO-YAは、大会の最後に感謝と共にこのような言葉で大会を締め括った。

「ITADAKIによって起こった感情を、今日ご覧になった皆さんが次に繋げてくれたら嬉しいです」

 

KO-YA / 写真提供: ITADAKI 実行委員会

 

大会である以上そこに勝敗の判断基準は存在するが、それが全てではない。コロナの状況下、このITADAKIのステージに懸けた経験が彼らを成長させ、どこかでまたダブルダッチを見せてくれることを信じている。
そして彼ら”クライマー”達の姿を目の当たりにした私たちも、この感動をそれぞれの次に繋げていきたい。
この日、ダブルダッチシーンの新しい歴史が幕を開けた。

なお、この日の様子は後日アーカイブ映像が公開されるということなので、高校生たちの雄姿を今一度ご覧頂きたい。

 

大会結果

SHOWCASE
1位 Crumb Company / MIYAKO JUMP ROPE CLUB
2位 Little Dynamite / J☆MP STEADY FAM
3位 パキラ / DDFAM

Crumb Company / 写真提供: ITADAKI 実行委員会

 

1 on 1 BATTLE
高校生部門 優勝 NAO / MIYAKO JUMP ROCE CLUB
中学生部門 優勝 SEISHIRO / MIYAKO JUMP ROCE CLUB

NAO / 写真提供: ITADAKI 実行委員会
SEISHIRO / 写真提供:ITADAKI 実行委員会

 

SPEED RELAY
1位 日本橋ダブルダッチクラブ(226回)

日本橋ダブルダッチクラブ / 写真提供: ITADAKI 実行委員会

 

大会概要

「ITADAKI ダブルダッチ甲子園 2021」
日時:2021年 10月30日(土)
会場:川崎ルフロン
主催:ITADAKI ダブルダッチ甲子園 実行委員会
主管:有限会社 OVER THUMPZ
協賛:ポカリスエット / ヘインズブランズ ジャパン株式会社
後援:一般財団法人 日本ジャンプロープ連合 / 川崎市
協力:スキルハック / 日本学生ダブルダッチ連盟
メディア協力:FINEPLAY

■CAST
MC:KIMI / YUI
DJ:t.taishi
JUDGES:SENNO / TMY / TATSUYA / MISA / TO-MA / DAICHI / イワネスインセイン / AYUKA / 晋平太 / TATSUYA BEATBOX / SAYAKA
GUEST:晋平太 / REGSTYLE / マイケル
アンバサダー:KIMI / REGSTYLE

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
おすすめのイベント
直近のイベント
イベントスケジュール
12月 2021
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
« 11月   1月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧