東京で開催されるDAZN主催の世界大会。日本代表2選手が出場!

2018.02.16
TanakaHiromu

2月22日(木)に東京・恵比寿リキッドルームで開催されるフリースタイルフットボールの世界大会「DAZN World Freestyle Masters  2018」に、日本から2選手が出場!男子部門ではYo、女子部門ではmoe-Kが自国開催の大舞台に挑みます。

Yo

1997年6月26日生まれの20歳。2016年に日本人2人目となるアジア大会決勝へ進出し、準優勝を記録した。世界最大規模の大会「SUPER BALL」でも日本人最高位となるベスト8入りを果たすと、2017年にはJapan Freestyle Football Championshipを制し、悲願の日本王者に輝いた。

世界に通用するエアームーブと、オリジナリティ溢れるアッパーやシッティングなど、すべてのジャンルにおいて高いスキルを誇る。それに加えて近年はスピードや表現力にも磨きをかけており、自身が目標とする「世界一」に向けて前進している。

moe-k

出典:YouTube(moe-K)

2002年2月16日生まれの15歳(大会当日は16歳)。負傷で今大会の出場を辞退した世界王者・Liv Cookeに代わり、急きょ出場が決まりました。

昨年は、アジア10カ国以上のフリースタイラーが参戦する「EXPY STREET JAM 2017」に招待選手として出場。自身初となる国際大会で、男女混合ながら予選を通過し、ベスト8の好成績を残した。オリジナル技の“モエクラ”など、クラッチを主体としたリズミカルなスタイルを特徴としており、女子の中で日本トップレベルのスキルを誇っている。

DAZN World Freestyle Masters 2018開催概要

日時:2月22日(木) 18:30~21:15
会場:恵比寿リキッドルーム
主催:DAZN、世界フリースタイルフットボール協会(WFFA)
放送:有料スポーツチャンネル「DAZN」にて18:25~独占ライブ中継
※日本語実況解説あり。「見逃し配信」にて大会終了後、1ヶ月視聴可能

執筆者について
TanakaHiromu
中学時代からフリースタイルフットボーラーとして活動し、学園祭や各種イベントでのパフォーマンスのほか、大会にも出場。2014年の関東大会ではベスト4にランクインした。現在はシーンの普及・発展に携わっている。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング