スケボー初心者必見! プロが教えるバックサイド180練習方法

2020.03.25
スケボー初心者必見! プロが教えるバックサイド180練習方法

「2017AJSAプロツアー年間王者」、「FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2019優勝」など日本を代表するスケーター、佐川涼による「バックサイド180練習方法」。今回はオーリーで体と板を同時に、進行方向に対して背を向けるような形で180度回転させる、バックサイドトリックに共通する基本トリック「バックサイド180」を徹底解説します。

film & edit:Tomohiko Sumi

バックサイド180スタンス

スタンスのポイント
スタンスのポイント

<スタンスのポイント>
前足の位置:ビスの少し後ろで、少し角度をつけます
後足の位置:力が加わりやすいようにテールの真ん中に置きます

トリック解説

ポイント1
ポイント1

<ポイント1>
目線は板のノーズ部分に置き、力を加えるためにしゃがみます。

ポイント2
ポイント2

<ポイント2>
重心:板の真上に置き、つま先に力を加えます。

ポイント3
ポイント3

<ポイント3>
後足でテールをたたき、同時に自身も上にジャンプ!

ポイント4
ポイント4

<ポイント4>
前足:足首を寝かせて擦り上げ、上半身から時計回りに回転
後足:板が上がってくるのを邪魔しないように折りたたみます

練習方法

いきなり180度回るのは難しいので、90度、120度と徐々に、180度回れるように練習しましょう。

ポイント

失敗例
失敗例

<失敗例>

頭が下がってしまうと重心が下がってしまうので、着地した時にまくられてしまうことがあります。着地の時の重心は板の真上です。

さあ、スケボー初心者もこの練習法でチャレンジしてみよう。

ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
5月 2022
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
« 4月   6月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧