|

INTERVIEW

【独占インタビュー】フリースタイルダンサー“ひとりでできるもん”

【独占インタビュー】フリースタイルダンサー“ひとりでできるもん”

【FINEPLAY】独特の存在感と圧倒的な身体能力でTVダンス番組「少年チャンプル」「スーパーチャンプル」で大活躍し、中島美嘉を始めとする数々のアーティストのライブやMusic Videoのパフォーマンス、またエグスプロージョンと結成しているライブダンスユニット「EDISON」で活躍中の謎の覆面ダンサー「ひとりでできるもん」がFINEPLAYのインタビューに応じた。

—ダンスをはじめたきっかけは?

ひとりでできるもん:最初は友人の「HIPHOPやろうぜ」がきっかけです(笑)。当時、真っ赤、真っ黒、真っ青のダボダボな服装が流行っていたんですが、ある日、友人がベージュを着てきたんですよ、しかも上下の色が違う組み合わせで。友人が「これがHIPHOPっていうんだよ」と(笑)。
音楽も友人がラン・ディーエムシー(Run-D.M.C.)やデ・ラ・ソウル(De La Soul)を聴き始めたんですね。
常にマザーフ**カーと言ってるような曲しか聴いてなかったから、急にかっこいい曲を聴き出して、「これがHIPHOPっていうんだよ」と教えてくれたんです。
まじかよ、すげーな、HIPHOPやろうとなり、友人がそれぞれグラフィティーアート、DJ、RAPやると言ったので、じゃあ俺はDANCEということで家に帰って、親に「俺、HIPHOPやるわ」って言ったんです(笑)。
そしたら親が「あんた夜中にダンス番組やってるわよ」と教えてくれ、当時「RAVE 2001(テレビ東京)」 というダンス番組を見て即決しました。そしたらまた親が「あんたダイエーでHIPHOP教えてるわよ」と教えてくれ、友人と一緒に行ったんです。
そしたらちょっとDANCEできて楽しかったんです。だから誰かに憧れてとかじゃないんです。

フリースタイルダンサー「ひとりでできるもん」

—ダイエーのカルチャーセンターで教えていた先生は有名な方だったんですか?

ひとりでできるもん:のちに日本一になりました。本当に良い出会いでした。相模原のダイエーのカルチャースクールで、のちの日本一になる先生と出会えたのは奇跡でした(笑)。

—先生とはその後も会ったりしたんですか?

ひとりでできるもん:先生は日本一になってから忙しくなり、ダイエーのカルチャーセンターの先生をやめたんです。しばらく経って、僕がひとりでできるもんで活動をしはじめた時に、先生のイベントにゲストとして呼ばれたことがありました。

—ダイエーのカルチャーセンターを辞めてからは独学ですか?

ひとりでできるもん:ダイエーのカルチャーセンターで2年ほどHIPHOPを学び、その後ダンスをやめようと思った時期もありつつ、ストリートダンスをしている人を紹介してもらって、その人と一緒にストリートで踊っていました。

—少年チャンプルはその時くらいからではじめたんですか?

ひとりでできるもん:今の話が17歳の時くらいなので大分あとです。少年チャンプルは僕が21歳の頃ですね。

フリースタイルダンサー「ひとりでできるもん」

—少年チャンプルは自身で応募したんですか?

ひとりでできるもん:「はむつんサーブ」という友人のダンサーが、日本で大きなチームダンスの大会で入賞したんです。
そこで少年チャンプル側が「はむつんサーブ」に取材オファーをして、撮影のために新宿のクラブに「はむつんサーブ」と取材クルーが来たんです。
そのイベントにたまたま僕がパフォーマンスしていたら出演オファーされたんです。
当時、サラリーマンでダンスも辞めようと思っていたんですが、テレビ出演のオファーをされたことが嬉しくて、即答で出ますと言ったのがキッカケですね。

—その時、仮面はつけていたんですか?

ひとりでできるもん:付けてましたよ。

—仮面をつけるキッカケはなんですか?

ひとりでできるもん:自分だとバレないようにです。ダンスを辞めようとしていた自分を救ってくれた恩人スヌーピーJ(のちの元エグスプロージョンメンバー)とスペースインベーダーザクロというチームを組んだいたことがあるんです。
毎日夜8時から夜中まで一緒にダンスの練習をしてたんですが、突然スヌーピーJが「彼女と結婚するわ」と言い出して、練習こなくなったんです(笑)。
ちょうどチームとしても有名になりだした時期で、僕としては続けたい思いがありましたが、無期限停止にしようとなったんです。
そのタイミングでいつも出させてもらっていたダンスの主催者にオファーを受け、チーム解散と自分もダンスをやめることを告げたら、やめないでくれと押し問答になり、最終的に「最後に思い出としてゲストで踊ってくれ」言われたんです。
当時、スペースインベーダーザクロはゲストダンサーではなかったので、そのメンバーの一人が突然ゲストで踊るのはありえないことなんです。
それでスペースインベーダーザクロの涼平と周りにバレないように、名前も当時やっていた「ひとりできるもん」という番組名からとり、顔も隠すために東急ハンズで見つけた仮面をつけてました。

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP