「FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2019」いよいよ開幕!

2019.04.19
FINEPLAY編集部

一般社団法人 日本アーバンスポーツ支援協議会(Japan Urban Sports Support Committee以下、JUSC)は明日4月19日から始まる『FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2019』の前日記者会見を広島県立総合体育館で実施しました。 会見では、主催者代表としてJUSC渡邊守成会長、JUSC太田雄貴副会長Hurricane社 Herve(エルベ)代表が登壇し、大会に関する思いを話した。

Herve(エルベ)代表からは、「FISE HIROSHIMA 2019には500を超えるライダーが参加してくれる予定ですし、10万人を超える観客が駆けつけてくれると思っています。さらに盛り上がり、新しいアスリートたちが出てきて頑張ってくれるよう期待しています。素晴らしい大会になると思っています。」と力強いコメント。。

JUSC太田雄貴副会長は「FISEを2回も広島で開催できることを大変嬉しく思います。春が来るとFISEが来る、と思っていただけるように、今後も広島で開催していければ個人的に嬉しいですが、まずは今年の成功というのが今後のFISEを大きくしていく原動力になると思います。」と大会の成功を願った。

その後、各競技の選手を代表して、BMXパークの大池水杜選手、BMXフラットの西川佳宏選手、スケートボードストリート池田大亮選手、パルクールのZEN選手、泉ひかり選手、ボルダリングの土肥圭太選手、杉村紗恵子選手や海外主要選手が登壇し大会へ意気込みを語った。

登壇した選手のコメント

●ボルダリング/土肥圭太選手
「今大会は自分の順位ももちろんですが、観客の皆様に楽しんでもらえるように頑張りたいです」

 

●ボルダリング/杉村紗恵子選手
「自分の登りももちろんですが、ボルダリング自体が皆様の記憶に残るよう頑張っていきたいです」

 

●スケートボード/池田大亮選手
「去年は優勝したので、今年も頑張ります」

 

●パルクール/ZEN選手
「1年で唯一国際大会を日本で見ていただける貴重な機会なので、日本人選手として見に来てくれる方々にエキサイトしていただけるようなRUNをしたいと思っています」

 

●パルクール/泉ひかり選手
「先日の大会で自分らしいRUNができて優勝することができたので、今回も自分らしく楽しみながらまたパルクールの魅力を伝えられるような演技が出来ればと思っています」

 

●BMXフラット/西川佳宏選手
「今回本当に久しぶりの国際大会の参加になるので、広島地元で開催されることをすごくワクワクしています。ちょっとブランクありますが、しっかり準備してきたので少しでもよい順位にいけるよう頑張ります」

 

●BMXパーク/大池水杜 選手
「去年の大会は、少し苦しそうな顔をしながらライディングしてしまったので、今年は笑顔で楽しくぶっ飛んでいきたいと思います」

 

●パルクール/Varentin Dubois選手(ヴァロントン・デュボア)
「去年は転んでしまったので、今年はそのようなことがないように頑張ります」

 

●アグレッシブインライン/Manon Derrien選手(マノン ・ドリアン)
「日本大好きなので、またこの場に来られてとても幸せです」

 

●BMXフリースタイル/Nikita Ducarroz選手(ニキータ・ドゥキャローズ)
「今回二回目の広島ですが、今回も楽しんでライディングしたいです。また広島の街も楽しみたいです」

 

●BMXパーク/Daniel Weidemeijer選手(ダニエル・ウェダミアール)
「12年間、BMXをやっています。この週末が待ちきれないです」

 

●スケートボード/Richard Tury選手(リチャード・トゥーリー)
「二回目の広島ということで、二連覇を目指したい」

FISE

FISE(フィセ)は「エクストリーム・スポーツ国際フェスティバル」を意味するフランス語の Festival International du Sport Extreme を略した名称です。

BMX、スケートボード、ボルダリング、3×3 バスケットボール、パルクール、ブレイクダンス、マウンテン・バイク、水上スノーボード、インライン・スケートなど、25種目を超えるアーバンスポーツが一同に揃い、アマチュアやプロフェッショナルの男女アスリートが速さや高さなどを競い合う、国際的な都市型スポーツのフェスティバルです。

21 年前にフランス南部モンペリエで、エクストリーム・スポーツに情熱を持つ学生であった創立者・エルベー・アンドレ-ブノワ(Hervé André-Benoit)によって始められました。年月を経て、国際的にも高い評価を得て、現在、世界最高峰のアクション・スポーツ大会として、確立されています。

一般や若者や女性たちがアーバンスポーツに親しめるよき機会であり、友人と家族とともに素晴らしい時間が過ごせるフェスティバルです。今年4月に初開催された『FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2018』は初日が雨天中止にも関わらず
8万6千人が来場し、大きな盛り上がりをみせました。

大会概要

大会名称:FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2019
(※略称 FISE HIROSHIMA 2019)
開催日時:2019年4月19日(金)、20日(土)、21日(日)
開催場所:旧広島市民球場跡地、NTT クレドホール
開催種目:7種目

1.BMX フリースタイル パーク
2.BMX フリースタイル フラットランド
3.スケートボード ストリート
4.パルクール
5.ボルダリング
6.アグレッシブインライン
7.ブレイクダンス

各競技大会名:7大会

1.UCI BMX Freestyle Park World Cup
2.UCI BMX Freestyle Flatland World Cup
3.FISE World Series Skateboard Street
4.FIG Parkour World Cup
5.IFSC Bouldering International Series
6.World Skate Roller Freestyle World Cup
7.WDSF World Open Series – Breaking

エキシビション:eスポーツ、スポーツけん玉、バトントワーリング
主催:一般社団法人日本アーバンスポーツ支援協議会、一般社団法人アーバンスポーツ大会組織委員会
共催(申請中含む) :日本体操協会、日本自転車競技連盟、全日本フリースタイル BMX連盟、日本山岳・スポーツクライミング協会、日本ローラースポーツ連盟、
日本スケートボード協会、日本ダンススポーツ連盟
後援(申請中含む) :スポーツ庁、日本スポーツ振興センター、日本スポーツ協会、日本オリンピック委員会、おもてなしICT協議会
協力(申請中含む):日本eスポーツ連合、グローバルけん玉ネットワーク、日本バトン協会
協力自治体:広島県、広島市
運営主管:Hurricane(仏)
制作・運営協力:アサツーディ・ケイ
動員目標数:10 万人

 

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
イベントスケジュール

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング