最先端でレトロなeバイク発見! 旧車好きには特に勧めたい2台

2021.09.10

電動アシストや自走機能を備えたeバイクは、今まさにさまざまなスタイルで急速に進化している最先端の乗り物。

なかには“未来感”だけでなく、旧車好きにも刺さりまくる、レトロなeバイクも登場しているのだ。

■最先端技術で実現したカフェレーサーなeバイク

「クラウンクルーザー 」。写真はブリティッシュ・レーシング・グリーンのラッピングパッケージ。

Z形のフォルムが印象的な「クラウンクルーザー(Crown Cruiser)」。イギリスの新興メーカー、クラウンクルーザー モータースが開発したeバイクだ。

この「Z」を可能にしたのは、カーボンファイバー製のモノコックフレーム。F1マシンも手掛ける素材メーカーとともに開発されたもので、スチールの61倍の強度をもち、アルミより40%も軽い。

1960年代のイギリスで活躍したレースマシンや、そこから派生したカフェレーサーを思わせるようなフォルムを、宇宙船にも用いられる最先端素材で実現したというわけだ。

ホイールはスポークが基本だが、写真の後輪ようにリムカバーを選ぶこともできる。リムの色も選択可能だ。

そんなハイテクフレームには5色のベースカラーのほかに3種類のラッピングセットも用意されていて、好みの見た目にカスタムできる。

最高時速は31マイル(約50km/h)。時速15.5km/hで最大100マイル(約161km)まで走ることが可能だ。

また、スマートフォンをBluetoothで接続すると、そこに速度やGPS位置情報を表示。センサーによってライダーを認識する高度な盗難防止装置も備えられ、ジャイロセンサーが衝撃や転倒を検知すると緊急連絡先に位置情報が送信されるなど、フレーム以外も最先端の技術が盛り込まれている。

フロントにロックアウトやダンピングコントロールが可能な 衝撃吸収装置を装備。地形に合わせてセッティングをカスタマイズできる。

開発に当たって航空宇宙産業やサステイナブルなエネルギー産業、モータースポーツ産業の専門家たちの意見を採り入れたというハイテクの塊。

毎日の通勤はもちろん、ビーチでのクルージングにも、アウトドアでのライディングにも対応するように製作したという。

バッテリーを含んだ状態で重量は25kg。軽いのでこんなことも簡単だ。

バッテリーは本体から取り外し可能。スペアのバッテリーを持っていけば、旅先で電池切れになっても安心だ。

既に現地のクラウドファンディングで2000万円以上を集め、政府系ファンドからも支援が決まっている将来有望なクラウンクルーザー。先物買いするなら、今かもしれない。

■モーターサイクル黎明期のロマンを湛えるeバイク

「タイタン R2」。最終デザインを決めるまで4年かけたというレトロなマシン。

クラウンクルーザーと同じレトロなeバイクでも、テンパス エレクトリック(Tempus Electric)が開発した「タイタン R2(Titan R2)」は不要なものをできるだけ取っ払って軽量化し、細くて長いタンクにソロシートを備えたさらにオールドスタイルな1台。

開発者によると、1900年代初頭の、まだ自転車にエンジンを付け出したモーターサイクル黎明期のレトロ感を意識したとのこと。

エンジンやその関連パーツが不要なeバイクだからこそ、約100年ぶりに実現したスタイルとも言えるだろう。

eバイクに不要な燃料タンクをあえて備え、その中にモーターの制御装置を入れ込んだ。

プラスチック製のタンクにはモーターのコントローラーが収まっている。バッテリーは取り外しやすいよう、その下のフレームに装着された。

バッテリーは取り外して家の中で充電できる。

配線はクロモリ鋼フレームの中に収められているので見た目はすっきり。クラウンクルーザーとは真逆の思想で、“最小限のものしか備えない”とてもシンプルなeバイクだ。

最高速度は45km/h。航続距離は「適度なペダリングで70km以上」としている。

セキュリティは、パスキーを入力しないと始動しない安心のシステムを備えている

このタイタン R2、実は2020年にクラウドファンディングにおいて2250ドル(約24万7000円)で先行販売された。

残念ながらブランドサイトを開くと、既に「sold out」の文字が表示されているが、「次はオフロードモデルを考えている」としている。

「ヴィンテージとモダンの境界線の融合」を掲げる同社が、どんなオフロードモデルを出すのか興味津々だが、こちらもHPをこまめにチェックするほかなさそうだ。

籠島康弘=文

OCEANS_logo

(この記事はOCEANS :「乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ」より転載)
元記事は関連リンクへ↓

執筆者について
FINEPLAY編集2部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
おすすめのイベント
イベントスケジュール
9月 2021
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
« 8月   10月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧