|

OTHERS

Wings for Life World Run 2016体験レポート

Wings for Life World Run 2016体験レポート

12525370_940570489360330_6509358983193099004_o

2016年5月8日(日)20時(協定世界時午前 11 時)より、世界6大陸34ヶ所以上の会場にて同時にスタートするランニングイベント「Wings for Life World Run 2016」。
昨年5月、日本でも初開催された同イベントは、世界6大陸、33か国で7万人を超えるランナーが参加。世界で同時にスタートし、世界チャンピオンを決めようという前代未聞なレギュレーションは、かつてないワールドワイドなランニングイベントとして好評を博し、2016年の開催を記念して、「Wings for life World Run」の世界観を体感できるイベントが、1月20日(水)、東京・駒沢オリンピック公園にて行われた。

Wings for Life World Run アンバサダー就任発表会の様子

Wings for Life World Run 2016
Wings for Life World Run 2016
Wings for Life World Run 2016

Wings for Life World Run 体験イベントの様子

体験イベントには5名のレッドブルアスリートBMXフラットランドの世界チャンピオン「内野洋平」、フリースタイルフットボール世界チャンピオン「徳田耕太郎」、プロウェイクボーダーの「手塚翔太」、プロサーファー「新井洋人」、日本人プロゲーマー「ボンちゃん」も参加した。

Wings for Life World Run
Wings for Life World Run
Wings for Life World Run
Wings for Life World Run
Wings for Life World Run
Wings for Life World Run
Wings for Life World Run
Wings for Life World Run
Wings for Life World Run
Wings for Life World Run

That was the Wings for Life World Run 2015

 

Wings for Life World Run とは

脊髄損傷治療法の発見に取り組む研究に対して資金援助を行う非営利団体 Wings for Life 財団をサポートするために行うイベントで、イベント参加費の全額と同額を財団に研究助 成費として寄付します。
2014 年に初開催、日本での初開催は 2015 年 5 月 3 日(日)に滋 賀県高島市で開催しました。2015 年は世界 6 大陸 33 か国 35 ヶ所の会場で男女 73,360 人 が参加し(初開催の日本大会では 2,412 人がエントリー、当日は 2,024)人が参加)、全体 で約420万ユーロ(約5億6千5百万円)にもなり、Wings for Life財団の支援に使われています。

■関連リンク

Official

Wings for life World Run YouTube

■関連記事

“徳田耕太郎”史上最年少で世界王者になったフリースタイルフットボーラー

“手塚翔太”ダイナミックなエアーを武器に活躍する天才ウェイクボーダー

“新井洋人”Red Bullから唯一サポートされている日本人プロサーファー

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP