日本最大級 “入場無料”のアーバンスポーツの祭典「YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022」いよいよ6月4日(土)・5日(日)開催!本日タイムテーブル・会場マップ発表!

2022.05.28

朝から晩まで楽しめる!「アーバンスポーツ」「音楽ライブ」「飲食」「物販」の全貌を大公開!!

競技としてのプロスポーツとバックボーンにあるストリートカルチャーの魅力が融合した、アーバンスポーツのエンターテインメントイベント『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』(主催:YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022 実行委員会)を来る6月4日(土) ~5日(日)に横浜赤レンガ倉庫 イベント広場・赤レンガパークにて、初開催!!

2021年夏に日本人選手の活躍で一躍人気となったスケートボード、今注目のブレイキンやパルクールをはじめ、BMXフラットランド、ダブルダッチ、キッズチェイスタグの全6種目に、世界的プレーヤーを含むアスリートが一堂に会し、大会やエキシビションが開催される。

その他、キッズ向けコンテンツやマーケットプレイス、ワークショップやミュージックライブなど、全エリア入場無料の“スポーツ×ストリートカルチャー”フェス。

今回発表の会場マップやタイムテーブルのほか、今後もイベント当日に向けて、公式WEBや各種公式SNSにて続々追加情報が発表予定。多くの皆さまのご来場をお待ちしています。

タイムテーブル

DAY.1 6月4日(土)OPEN 10:00 CLOSE 21:00

DAY.2 6月5日(日)OPEN 10:00 CLOSE 21:00

会場マップ

新型コロナウイルス感染症対策について

コロナ禍でのライブエンターテインメントを安全に行うための感染予防対策について、行政や国の推奨するガイドラインに沿い、以下6項目を基本方針とし、それに基づいた8項目をメインに掲げた感染予防対策をベースに運営いたします。

【基本方針】
1.ソーシャルディスタンスの確保 / 2.保健衛生対策の徹底 / 3.共用物の衛生管理、換気の確保 / 4.安全な運営管理 / 5.接触率の軽減 / 6.来場者への情報提供および行政との連携、地域への理解

【メインとして掲げる8項目】
1.ソーシャルディスタンス / 2.入場規制、規制退場の実施 / 3.入場時の検温 / 4.来場前の体調チェック / 5.こまめなアルコール消毒 / 6.マスク着用 / 7.アプリの事前登録 / 8.大声での歓声や会話のNG

コンテンツ詳細

アーバンスポーツのバックボーンであるストリートカルチャー。YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022ではgood culture marketを展開します!

Manhattan Portage
ブースでは、ブランドロゴのNYの街並みをイライラ棒ゲームに落とし込んだ「エレクトリックスカイライン」が登場!イライラ棒を端に当てずに制限秒数以内にゴールを目指す懐かしのゲームコンテンツです。見事クリアした方にはオリジナルグッズをプレゼントいたします!

MUGENYOYO
AR エフェクト×電動ヨーヨーで新体験! MUGENYOYO/ムゲンヨーヨー

ChargeSPOT
全国設置数 No.1!どこでも借りられて、どこでも返せるスマホ充電レンタル 「ChargeSPOT」が会場内特設ブースに登場! 充電切れの際には是非お立ち寄りください。初めてご利用の方は、6 時間無料でレンタルすることができます!(おひとり様につき1台)
※レンタルには専用アプリかスマホ決済アプリが必要です。

KIBACOWORKS
KIBACOWORKSは中学の同級生であるデザイナーとサーファーの二人によっ て設立されました。kibaco のデザインはサーフ、スケート、アート、ミュージックなど様々なカルチャーへの愛情から生まれています。 鎌倉のはずれ、北鎌倉の住宅街に佇む小さな工房でデザインから加工まですべてを私たちの手で行っています。

Hyundai Mobility Japan
Hyundai の電気自動車「IONIQ 5」の車内外で電力が使える V2L(Vehicle to Load)機能 を活用して、“Power Your Art ”をテーマにアートインスタレーションや DJ イベント、サステナブルなフードの提供を実施します。IONIQ 5 とアートの融合をお楽しみください。

Pabst Blue Ribbon
1844 年にスタートした長い歴史の中で、Pabst Blue Ribbon はトラディショナルなビール醸造による安価で飲みやすいラガービールを追求し、アメリカの“大衆のビール”としての地位を確立しました。大自然の特選素材だけを使用し、昔ながらのアメリカンラガーを体現しています。

FOOD AREA

ステーキ、ピザ、タコス、フライドチキン、チキンオーバーライス、世界のビールなど、様々なメニューが取り揃うフードエリア。各店自慢のフード・ドリンクをご用意して個性派揃いの計 15 店舗がご来場をお待ちしております。

出店店舗紹介(参考メニュー)
※一部店舗
①ドライブレーベルズ(タコライス)
②EAT UP MANIA(チキンオーバーライス)
③3nd CAFÉ(ロービー丼)
④ROCKET CHICKEN FC001(JUST CHICKEN)
⑤ライオン亭(ジャークチキン)
⑥GOOD DOOG(ホットドッグ)※6/4 のみ
⑦DIVERTENTE(ナポリピッツァドッグ)※6/5 のみ
⑧SITA(台湾まぜそば)
⑨DIG UP KITCHEN(チキンオーバーライス)
⑩SUN.RIVER.GOLF&COFFEE(コーヒー)
⑪LOCO KITCHEN(モチコチキン)
⑫GUARD(ローストビーフ丼)
⑬HEART WRAP(タコライス)
⑭Enkei Food&Wheelz(ステーキ&チップス)

MUSIC LIVE produced by Spotify O-EAST

6月4日(土)
連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』の主題歌でも話題になった STUTS、川崎出身のトラックメイカー / プロデュ ーサー / ラッパー / DJ と多岐に渡って活動する JJJ、ISSUGI /仙人掌/ Mr.PUG によるヒップホップユニット MONJU、 熊本出身のラッパー / ビデオグラファー SPARTA がライブで出演。DJ には原島“ど真ん中”宙芳 と doooo が出演。

6月5日(日)
ZEN-LA-ROCK / G.RINA / 鎮座 DOPENESS からなるユニット FNCY、先日、ニューアルバム『REFLECTION』を発表し たばかりの tofubeats、ウィットにあふれるグルーヴとディープなサウンドで中毒者を続出させているどんぐりず、東京の アンダーグラウンドシーンで注目を集めるシンガー Lil’Leise But Gold がライブで出演。DJ には KM、shakke-n-wardaa が出演。

OFFICIAL NFT

世界的にに盛り上がりを見せ、デジタルコンテンツにおける革命とも言われる新たなテクノロジー”NFT”を体験しよう!

YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022 では、初開催を記念し、熱いバ トルや超絶スキルなど、圧巻のスポーツシーンをデジタルコンテンツに収めた、 ここでしか手に入らない、レア度満載の限定 NFT(デジタルコンテンツ)を抽 選で 100 名にプレゼント。 応募方法など詳細は、公式 WEB サイトにてご覧ください。 ※画像はイメージです

開催概要

開催名称:YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022 (略称:YUSF)
会 場:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場・赤レンガパーク (住所:神奈川県横浜市中区新港 1-1)
日 程:6 月 4 日(土)・5 日(日) 両日とも OPEN 10:00 CLOSE 21:00
※雨天時の開催情報については、公式 WEB や公式 SNS をご覧ください
入 場 料:無料
内 容
SKATEBOARDING “SKATE ARK”
BMX FLATLAND “FLAT ARK”
BREAKING “FREESTYLE SESSION JAPAN 2022”

*6 月 4 日(土)のみ *ワークショップあり
DOUBLE DUTCH “DOUBLE DUTCH ONE’S FINAL 2022”
*6 月5日(日)のみ
PARKOUR “ONE FLOW BATTLE”
*6 月5日(日)のみ
KIDS CHASE TAG
*ワークショップあり

MUSIC LIVE produced by Spotify O-EAST
6 月 4 日(土)
LIVE:JJJ / MONJU / SPARTA / STUTS DJ:原島“ど真ん中”宙芳 / doooo(CreativeDrugStore)
6 月5日(日) LIVE:どんぐりず / FNCY / tofubeats / Lil’Leise But Gold DJ:KM / shakke-n-wardaa
MARKET AREA
FOOD AREA

主 催:YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022 実行委員会
協 賛:GoPro / 六甲バター株式会社 / FIJI Water / Manhattan Portage / MUGENYOYO / ChargeSPOT / KIBACOWORKS / BRIEFING / カシオ計算機株式会社 / JOYSOUND / Hyundai Mobility Japan
協 力:一般社団法人 ARK LEAGUE / 有限会社 OVER THUMPZ / 株式会社 I AM / 株式会社 PKM / FINEPLAY / BEAMS SPORTS / Fanatics Japan G.K. / XANA
後 援:横浜市市民局 / J-WAVE 81.3FM
企画制作:株式会社横浜赤レンガ / 株式会社シブヤテレビジョン / 株式会社ローソンエンタテインメント / 株式会社乃村工藝社 / 株式会社グリーンルーム / 株式会社 ZETA

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
6月 2022
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
« 5月   7月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧