独自の最先端技術と圧巻のバラエティに驚愕!「モンベル」最新ダウンを一挙解説

2023.01.25

インナーダウンの先駆けのイメージが強いモンベルだが、そのバラエティに富んだダウンウェアコレクションに隙はなし。

ブランド広報としてその魅力を発信する長井洋高さんの案内で、今季ラインナップを一挙ご紹介。

今回訪れたのは……「モンベル 東京京橋店」

都内最大級の売り場は圧巻。1階には男女のウェアコレクションがフルラインナップ。2階はテントや寝袋、靴まで多種多様なギアがずらりと並び、カヤックやクライミングのコーナーも常設。

住所:東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン1、2F
電話:03-6214-1861
営業時間:11:00〜21:00
定休日:不定休

モンベルで注目すべきは“生地”だった!

そのクオリティを語るうえで、まずは封入されているダウンに触れないわけにはいかない。

「ガチョウやアヒルといった水鳥から採取されるボール状の綿羽のことをダウンボールと呼びますが、ダウンウェアは、このダウンボールに空気が蓄えられることで高い断熱性を生む仕組みとなっています」。

「より空気を蓄えられるダウンボールが高品質とされていて、我々が採用しているEXダウンは一般的ものよりダウンボールが大きく、より多くの空気を蓄えられます。少ない綿量で高い保温力を発揮できるので、軽量かつコンパクトなアイテムを生み出せるんです」。

モンベルダウンの素晴らしさは、生地からも見て取れる。

「モンベルのダウンウェアの優れたポイントは、この非常に薄い表地にあります。破れるんじゃないかと不安に感じるほどですが、このバリスティックエアライトという素材が軽さと強度を両立。肉眼では見えないほど細い糸を、モンベルの最先端技術で織り上げているんです」。

多彩なダウンコレクションの売れ筋は……

モンベルならではの最先端技術で生み出されたダウンウェアコレクション。では、その人気モデルを紐解いていこう。

「スペリオダウン ラウンドネックジャケット」1万1880円/モンベル 06-6536-5740

「今では一般的となったインナーダウンですが、モンベルでは2008年に当時最軽量のインナーダウンを、2011年には丸首タイプのものをリリースしています。

ダウンをインナーとして使うと、どうしてもフードや襟が邪魔になってしまいがちですが、これなら違和感もありません。現在も高い人気を維持しています」。

ビジネスシーンでも大いに活躍するモンベルのインナーダウン、今季は新たにタンカラーがメンズにも加わった。

もうひとつの人気銘柄がこちら。

「スペリオダウンパーカ」1万7490円/モンベル 06-6536-5740

「こちらはコストパフォーマンスに優れたスペリオダウンシリーズ。10デニールのバリスティックエアライトという生地を使い、800フィルパワーの高品質ダウンを使用。十分な保温力と軽量性、耐久性も備えています。フードがないパターンやショートスリーブタイプ、ベストタイプも揃えています」。

さらにおすすめのモデルが、このイグニスダウン パーカである。

「イグニスダウン パーカ」3万6300円/モンベル 06-6536-5740

「こちらはもっとも品質の高い1000フィルパワーのダウンを使用しています。素材にはゴアテックスインフィニアムという防風透湿性素材を採用。

風は通さず、蒸れを外部へ放出します。薄くて軽量で暖かいハイエンドモデルで、アウトドアでも活躍します。今季は新色としてグリーン×イエローを追加しました」。

こちらはちぐはぐに見える”縫い目”にも注目を。

「縫い目があるとダウンの片寄りは防げますが、冷気を通しやすくなってしまうんです。その問題を解決したのが、保温性と軽量性を両立した独自のキルティングパターン。

必要最小限の縫い目でダウンの片寄りを防ぎ、かつ、冷気の侵入を防ぐモンベルならではのデザインを採用することで、温かく軽量、かつ耐久性に優れたダウンウェアを作ることができました」。

こんなハイエンドモデルでも4万円を下回るのだから驚異的である。

今季新作は都会に映える本格スペック

最近は、街に溶け込むスタイリッシュなモデルも多数ラインアップしている。

「3in1 フエゴ ダウンジャケット」2万9700円/モンベル 06-6536-5740

「フレアテクトという難燃性の素材を起用したフエゴシリーズも多くの方からご好評をいただいています。キャンプで焚き火を楽しむ際に着用していただけるモデルですが、クラシカルなデザインで街着としても好評です。

今季の新作である3in1 フエゴ ダウンジャケットは、シェルとインナーダウンを備えたスリーインワン構造で、さまざまな着こなしをお楽しみいただけます」。

「コロラドパーカ」1万9580円/モンベル 06-6536-5740

リバーシブルで着られるコロラドパーカも今年の顔だ。

マウンパ顔の表面は光沢感を抑えたデザインで着こなしやすく、キルトの裏面はポケットに表面の生地を使った切り替えパターンを採用。高品質ダウンを超軽量素材で包み込んでいるので、保温性と軽量性にぬかりなし。防風性も文句なしである。

改めて見ると、そのバリエーションの豊富さには感服するほかない。もし、まだダウン選びに迷っているなら、まずはモンベルに相談してみることをおすすめする。

佐藤ゆたか=写真 菊地 亮=取材・文

OCEANS_logo

(この記事はOCEANS : 「独自の最先端技術と圧巻のバラエティに驚愕!「モンベル」最新ダウンを一挙解説」より転載)
元記事は関連リンクへ↓

執筆者について
FINEPLAY編集2部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
2月 2023
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      
« 1月   3月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧