超ポップなナイキ「ダンク ロー」登場! 元ネタを知ると欲しくなる日本由来の好配色

2023.10.26
「NIKE SB DUNK LOW “ORANGE AND EMERALD RISE”」1万5730円/ナイキ(ナイキ カスタマーサービス 0120-6453-77)※写真はすべてNIKEの公式サイトから

1985年にバスケットボールシューズとして誕生した「ダンク」は、その爆発的な人気が裏目となり、1980年代後半には多くがワゴンセール行きとなってしまった。

ところが、安価で容易に手に入る「ダンク」に当時のスケーターたちが目を付け、スケートボード用シューズとして街中で履くようになると、次第にこれがひとつの文化に成熟。

その後、ナイキがスケートボードラインのナイキ SBを立ち上げると、正式にスケートボード用シューズの「ダンク」が生産されるようになり、現在まで世界中のスケーターたちの足元を支えている。

そんなナイキとスケートカルチャーを語るうえで欠かせない名モデルより、一際ポップな1足が誕生した。

オレンジと淡いティファニーブルーを基調とした今作は、なんでも日本初の配色ガイドブックとして1934年に刊行された「配色総鑑」の復刻版「配色事典」からカラーリングをサンプリングしたそう。

アッパーの素材には、あえて毛羽立たせたようなスエードを採用することでこなれ感を演出。

そして、ミッドソールはナイキ製品の製造工程で発生する廃材や使用済み製品を再利用した「グラインドラバー」仕様で、経年変化風の黄味がかかった中で不揃いな粒がアクセントになっている。

秋冬の足元をポップに彩ってくれる「ダンク ロー “オレンジ アンド エメラルド・ライズ”」は、9月19日(火)よりナイキの公式アプリ「SNKRS」などで販売開始だ。

[問い合わせ]
ナイキ カスタマーサービス
0120-6453-77

Riku Ogawa=文

OCEANS_logo

(この記事はOCEANS : 「超ポップなナイキ「ダンク ロー」登場! 元ネタを知ると欲しくなる日本由来の好配色」より転載)
元記事は関連リンクへ↓

関連キーワード
執筆者について
FINEPLAY編集2部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
4月 2024
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
« 3月   5月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧