2024 SLS TOKYOが11月23日(土)に再び有明アリーナにて開催決定!

2024.02.27

昨年王者堀米雄斗や⻄矢椛など日本のスケート界を担っていく選手が東京大会への想いを語る

スケートボードの世界最⾼峰の⼤会 STREET LEAGUE SKATEBOARDING (SLS) の第4戦⽬のチャンピオンシップツアーが11⽉23⽇(⼟) 東京・有明アリーナで開催することが決定した。ワールドツアーのアジア・⽇本開催は今回で2回⽬となる。 東京オリンピックに出場した選⼿を含んだ世界の男⼥トップスケーターが世界最⾼峰の⼤会で競う様⼦を東京で⾒ることができる。

昨年開催された SLS TOKYO は男⼦の部では⾃⾝で命名したトリック「ユウトルネード」を決め堀⽶雄⽃が男⼦の部を制覇。決勝戦では10点満点中のうち9.0以上の得点を「9クラブ」と呼びスケーターにとって⼀つの栄誉とされている得点を4回も出しSLSでの7度⽬の優勝を飾り⽇本⼈選⼿が男⼥合わせて3⼈も表彰台に乗り⽇本での初開催を盛り上げた。

 そんなSLSが2024年、再び東京の地での開催が決定し、昨年の王者堀⽶は「今年もSLSが東京にやってきます。是⾮会場に⾜を運んでほしいですし、⽇本のスケートボードを⼀緒に盛り上げてくれたら嬉しいです。」とコメントした。前回⼤会第2位に輝いた⻄⽮椛は「SLSはストリートにおける世界最⾼峰のコンテストであり、出場できるということだけでも名誉だと思っています。世界のトップスケーターが⽇本に集まり、そして観に来てくれる全ての⼈がスケートボードの楽しさに気づいてくれると信じています!」とコメント。今⼤会より9ヶ⽉の期間を経て開催される「2024 SLS TOKYO」も世界から⼤注⽬されること間違いなしである。

昨年時のSLS TOKYOの様子 ©SLS

STREET LEAGUE SKATEBOARDING (SLS)とは

2010年に設立されたSTREET LEAGUE SKATEBOARDING (SLS) は、ストリートスケートボーディング史上初のプロ組織で、プロストリートスケートボード大会を世界各国で開催する。SLSの大会は、各会場異なったオリジナルコース設計で、過去にはロサンゼルス、ロンドン、バルセロナなど、世界の大都市で開催され、2024年の今年はフランス パリでの第1戦目を皮切りに、第4戦目のチャンピオンシップツアーを2024年11月23日(土)東京・有明アリーナで開催する。

アジアでの開催は今回のSLS TOKYOで昨年に続き2回目となる。SLSチャンピオンシップツアーは、世界最高峰のプロストリートスケートボード大会として世界各国で認知されていて、それぞれの大会は、世界中で年に5回行われる。スケートボード界の中でのトップクラスの中で招待されたスケーターが最大級の賞金をかけて競う。

スケーターコメント

◉堀米雄斗(日本)

【SLSというスケートボード世界最高峰の大会の魅力を教えてください】
SLSは僕も小さい時から出場を憧れていたコンテストでしたし、世界中からトップスケーターが集まる大会なので、とてもハイレベルなコンテストだと思います。

【2024年東京での第2回開催が決まりました。大会への思いをお教えください】
地元東京で行なわれるというのは、いつものコンテストとは少し違う気持ちです。お世話になっていたスケーターの先輩たちや、地元の友だちや家族、自分を応援してくれる方が観にこられますし、そういった方達の前で自分のスケートを見てもらえるのはすごく嬉しい気持ちです。

【日本のSLSファンに向けてメッセージをお願いいたします】
今年もSLSが東京にやってきます。是非会場に足を運んでほしいですし、日本のスケートボードを一緒に盛り上げてくれたら嬉しいです。

◉根附海龍(日本)

【SLSというスケートボード世界最高峰の大会の魅力を教えてください】
出場できる事が、スケーターとして目指す大きな夢ですし、僕自身も出場を目標に頑張ってきました。それくらい全スケーターにとって大きな大会です。

【2024年東京での第2回開催が決まりました。大会への思いをお教えください】
もし出場できるのであれば優勝を目指します!

【日本のSLSファンに向けてメッセージをお願いいたします】
世界トップスケーターが集まる大会が日本で開催されるめったにない機会ですので、皆さんも世界最高峰のトリックを生で見てください。

◉池田大暉(日本)

【SLSというスケートボード世界最高峰の大会の魅力を教えてください】
SLSの魅力は世界のトップストリートスケーターが集まる大会で、とにかくレベルが高く、見たことないトリックやすごいトリックを披露するのがすごいと思います。ストリートスケーターとしては誰でも憧れの大会だと思いますし、僕もこのように参加できてとても光栄です。

【2024年東京での第2回開催が決まりました。大会への思いをお教えください】
去年のSLS東京では2位を取ったのですが、今回は優勝を取りたいです。

【日本のSLSファンに向けてメッセージをお願いいたします】
SLSで優勝するのがとても難しいことでもあり、僕にとって大きな目標です。ファンの皆さんの応援があれば優勝できると思いますし最高なパフォーマンスができると思うので、応援よろしくお願いします!

◉中山楓奈(日本)

【SLSというスケートボード世界最高峰の大会の魅力を教えてください】
五輪予選大会の選ばれた人しか出られない大会で、どのスケーターの滑りを見ても面白いし、盛り上がるのが大きな魅力です。会場やコースのデザインもかっこいいので注目して欲しいです。

【2024年東京での第2回開催が決まりました。大会への思いをお教えください】
世界中のトップスケーターがまた日本に来てくれるのも嬉しいですし、日本の人にSLSを知ってもらえる機会だと感じています。昨年は怪我明けでベストなパフォーマンスが見せられていないので、次は自分の滑りを見せたいと思います。

【日本のSLSファンに向けてメッセージをお願いいたします】
前回は怪我明けだったこともあって自分の中の最高の滑りをみせることができなかったので、今度は自分がやりたい技を出し切って、皆さんに最高の滑りを見せたいと思います!

織田夢海(日本)

【SLSというスケートボード世界最高峰の大会の魅力を教えてください】
SLSは世界中のスケートボードファンが注目しているコンテストだと思いますし、スケーターとしては招待されることがすごく名誉なコンテストだと思っています。また招待された世界のトップスケーターだけが集まる大会なので、会場の盛り上がりもすごくて、技をメイクしたときの歓声はスケーターにとって最高の瞬間です。

【2024年東京での第2回開催が決まりました。大会への思いをお教えください】
SLSは私のスケートボード人生を変えてくれたコンテストの一つです。それは2年前のジャクソンビル大会で実感したことで、ずっと練習してきた技をメイクすることができ、多くの人に自分のことを知ってもらうことができました。東京大会でも多くの方に自分の技を見てもらえるのがすごく楽しみです!

【日本のSLSファンに向けてメッセージをお願いいたします】
世界最高峰のスケートボードコンテストが、今年も日本で開催されることはすごく嬉しいですし、なかなかないことだと思っています。ぜひ会場にきてスケートボードの魅力を感じて欲しいとともに、会場を一緒に盛り上げて欲しいです!私も最高の滑りができるように頑張ります!

◉⻄矢椛(日本)

【SLSというスケートボード世界最高峰の大会の魅力を教えてください】
SLSはストリートにおける世界最高峰のコンテストであり、出場できるということだけでも名誉だと思っています。世界のトップスケーターが日本に集まり、そして観に来てくれる全ての人がスケートボードの 楽しさに気づいてくれると信じています!

【2024年東京での第2回開催が決まりました。大会への思いをお教えください】
まずは自分のスタイルを貫いて、誰よりもスケボーを楽しみたいと思います。その上で1番いい結果を残すことができればこの上ない喜びを手にすることができると思います。自分のスタイルを世界に発信できる最高峰のコンテストなので、とても楽しみにしています。

【日本のSLSファンに向けてメッセージをお願いいたします】
一度観に来て欲しいです!日本のスケートカルチャーを一緒に盛り上げて欲しいですし、ファンの方 やサポートしてくれる人たちが応援してくれるから、スケボーを楽しめています。そして、次回の大会でも、みなさんと一緒に最高の瞬間を共有できることを楽しみにしています。

◉赤間凛音(日本)

【SLSというスケートボード世界最高峰の大会の魅力を教えてください】
SLSという大会は限られた選手しか出られないという事もあり他の大会では見られない刺激のある滑りが魅力だと思います。

【2024年東京での第2回開催が決まりました。大会への思いをお教えください】
前回の東京大会では練習で怪我をしてしまい出場出来ず悔しい思いをしたので次の東京大会では必ず出て良い成績を残したいと思います。

【日本のSLSファンに向けてメッセージをお願いいたします】
すごくかっこいいスケーター、有名なスケーターが間近で見られるチャンスなので是非見に来て下さい。

上村葵(日本)

【SLSというスケートボード世界最高峰の大会の魅力を教えてください】
世界中から選ばれた数少ないスケーターしか出場できない大会です。私は、スケートボードを始めた頃からSLSで優勝する事が夢でした。今はそのSLSに出場して夢の舞台でスケートボードをする事ができ、とても幸せです。他の大会では見られないような面白いコースがあり、観客の方々もたくさん盛り上げてくれて、心からスケートボードを楽しめます!年齢国籍問わず色んな選手との交流の場にもなり、とても良い雰囲気の大会です!

【2024年東京での第2回開催が決まりました。大会への思いをお教えください】
去年に続き今年も東京で開催されること、嬉しさでいっぱいです。世界のトップスケーターの滑りを是非、間近で見て感じて欲しいです!去年は初出場させて頂きましたが、緊張の余り自分の思う滑りができなかったので、今年は最高にかっこいい滑りを見てもらいたいです。みんなを巻き込んで、最高に楽しいお祭りにしたいです!

【日本のSLSファンに向けてメッセージをお願いいたします】
今年もSLSという最高の大会が東京で開催されることが決定しました。まだ会場でスケートボードを観たことがないという方も、是非一度、会場に足を運んでみてください!あの会場でしか味わえない光景、高揚感、躍動感を是非味わって欲しいです!みんなで一緒に楽しみましょう!

2024 SLS PARIS リザルト

SLSの第1戦となる初戦が現地時間2/24(土)にフランスのパリで開催された。日本人選手は白井空良、池田大暉、根附海龍、織田夢海、⻄矢椛、中山楓奈、赤間凛音の合計男女7名が出場。そのうち男子は白井が、女子は織田、⻄矢、中山、赤間の4名が各6名しか選ばれない決勝戦に進出。男子では白井は5位。女子は3位に織田、4位赤間、5位⻄矢、6位中山。日本人選手が世界最高峰のスケートボードの大会で5名も決勝に行くという大健闘をみせ大盛況の中2024年のSLS第1戦目は幕を閉じた。

◉男子結果

1位:オーレリアン・ジロー(フランス) ©SLS

2位:グスタボ・リベイロ(ポルトガル) ©SLS

3位:ナイジャ・ヒューストン(アメリカ) ©SLS

男子は予選(ノックアウト)ラウンドとして、20人のスケーターが4グループに分かれて戦い、各グループ1位の選手が、決勝に進出。また各グループ2位のうち最高得点をマークしたスケーター2名も決勝に進む。予選を突破した白井はハイレベルなトリックを繰り出すも惜しくも5位という結果に。

ストリート界のスター、ナイジャ・ヒューストン(アメリカ)は3位と好成績を納めグスタボ・リベイロ(ポルトガル)が2位。予選から日本人スケーターの根附海龍と白井空良と同グループに入っていたオーレリアン・ジロー(フランス)は決勝でも持ち前のダイナミックなトリック、「ハードフリップ バックサイド180」等を決め9クラブを連発で出し自国開催でのSLS優勝を飾った。

女子結果

1位:クロエ・コベル(オーストラリア) ©SLS

2位:ライッサ・レアウ(ブラジル) ©SLS

3位:織田夢海(日本) ©SLS

女子は予選(ノックアウト)ラウンドとして、10人のスケーターが2グループに分かれて戦い、各グループ1位の上位3名が決勝に進出。日本人スケーターはSLS 初出場となる赤間凛音 、大会女子の記録を持っている織田夢海、アジア人女性として初めて「THRASHER MAGAZINE」の表紙を飾った中山楓奈、昨年のSLS TOKYOでは2位という結果を残した⻄矢椛が予選を通過した。

昨年のSLS TOKYOで⻄矢を抑え優勝したクロエ・コベル(オーストラリア)、SLSの常連で優勝経験もあるライッサ・レアウも決勝に進出した。ハイレベルな戦いが繰り広げられる中、織田夢海が「キックフリップ フロントサイドフィーブルグラインド」という大技を決めを出し9.0/10点をマーク。しかし、安定して大技を決めていたクロエには届かず結果はクロエ優勝、ライッサが2位、織田が3位という結果となった。

2024 SLS 今後の日程

◉第1戦目
2/24(土) フランス パリ
◉第2戦目
4/20(土) アメリカ サンディエゴ
◉第3戦目
10月(詳細未定) オーストラリア(詳細未定)
◉第4戦目
11/23(土) 日本 東京

◉SUPER CROWN
12/14(土)・15(日) ブラジル サンパウロ

2024 SLS TOKYO 開催概要

【イベント名】SLS TOKYO
【会場】有明アリーナ (東京都江東区有明1丁目11番1号)
【日程】 2024年 11月23日(土)
【主催】 SLS TOKYO実行委員会

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
4月 2024
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
« 3月   5月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧