選手たちの一挙手一投足が左右する。パリオリンピックへの切符をかけた「オリンピック予選シリーズ 上海大会」スケートボード・パーク種目の見どころ

2024.05.10

最後のパリオリンピック予選大会となる「オリンピック予選シリーズ(OQS)」の1戦目である上海大会のスケートボード・パーク種目が、中華人民共和国・上海にて2024年5月16日(木)~5月19日(日)の4日間にわたり開催される。

2022年2月にアラブ首長国連邦はシャルジャで開催された世界選手権を皮切りに、約2ヶ月前にドバイで開催された世界選手権までの約2年間で計4戦を通してオリンピック予選のフェーズ1が続いてきたが、いよいよフェーズ2として開催される今回の上海大会と来月6月に開催されるブダペスト大会の2大会の獲得ポイントを合算した上でパリオリンピック代表選手が決まる。

また本シリーズはフェーズ2に該当することから、今年2月末にドバイで開催された世界選手権後であるフェーズ1終了時の世界ランキングポイントに基づいて選出された男女各44名の選手に出場権が与えられる。ただしこれは世界ランキングの上位44選手ではなく、最大国枠やオリンピック選考基準に基づいて選考された44選手となり、限られた選手だけが出場できるパリ五輪前の最終シリーズとなる。

なお本シリーズはわずかこの2戦でオリンピック予選大会の全体のポイント配当の7割近くを占めることから、現在のランキングも1大会ごとに大きく入れ替わる可能性もあり、現在ランキング上位にいる選手たちにとっても油断できない戦いとなる。

本記事では男女の現在の世界ランキング(2024年5月9日現在)を元に、今大会の見どころを解説する。

女子パーク種目

開心那 : Brett Wilhelm/X Games

度々の説明となるが、パリオリンピックには男女共に世界ランキング20位以上、各国からは上位3名までが出場権を獲得できる。20位以上に同国から3名以上いる場合は、繰り下げで20名になるように出場権が割り与えられる。

現在の勢力図はフェーズ1を終えた時点で、上位20位以内に3名以上がランクインしている国が日本、アメリカ、ブラジルの3カ国。その中で選手が一番多いのはアメリカで合計6名、そこに続きブラジルと日本が4名という状況だ。今回は特に気になるのは、既に3名以上がランクインしている日本、アメリカ、ブラジルの国内での出場枠争いだろう

まず日本人選手同士の争いだが、現時点で世界ランキング1位に開心那、2位に草木ひなの、そして怪我から復調し始めた東京五輪金メダリストの四十住さくらが5位で続き、トップ5まで10万ポイント以上保有している展開。パリオリンピックでもメダルが期待されている盤石なメンバーが現在出場枠を持っておりポイントに差がある一方で、今シリーズでの好成績が期待されるのが、「X Games California 2023」の銀メダリストで「WST Dubai」で3位となった現在17位の長谷川瑞穂。そしてアジア選手権では健闘した菅原芽依が21位、国際大会での経験豊富な実力者の中村貴咲が23位で続いている。1大会で大逆転が起こりうるこのOQSでどういうパフォーマンスを見せてくるのかに注目だ。

一方で熾烈な代表枠争いを繰り広げているのがアメリカ。世界ランキング6位のミナ・ステスを筆頭に、9位にはブライス・ウェットスタイン、12位にはルビー・リリー、15位にグレイス・マーホーファー、18位にジョーディン・バラット、19位にリリアン・エリックソンという状況だ。現在は6位のステスが、9位のウェットスタインと1万7000ポイント近くの差をつけているが「WST Dubai」前の比べるとその差は縮まっている、それ以降は相変わらず約1万ポイント程度の得点差であることから、本シリーズでは順位も入れ替わると十分考えられる。誰がトップ3人に残りパリオリンピックに駒を進めるのか、はたまた他国にその国枠を譲ってしまうか、特に油断できない戦いになることは間違いない。

そしてアメリカと同じような状況で油断できないのがスケートボード大国のブラジル。新星ライカ・ベンチュラがフェーズ1を終えて世界ランキング4位から7位へと後退し、彼女に続くドーラ・ヴァレーラインディアラ・アスプイサドラ・パチェコが14位、16位、20位と残っている状態であるが、大逆転の起きうる本シリーズだからこそしっかり好成績を残して自分たちの出場枠を確実なものにしたいところだ。

引き続き本シリーズ注目なのは現在世界ランキング3位のスカイ・ブラウン(イギリス)。どんな大会でも出場すれば高確率で優勝を勝ち取ってしまう彼女は、サーフィンとスケートボードの両方でパリオリンピックの出場枠獲得を目指して参戦中。今年はまだスケートボードの国際大会に姿を見せていない彼女が今回どんなパフォーマンスを見せるのかには刮目だ。

男子パーク種目

永原悠路: photograph by Yoshio Yoshida

フェーズ1を終えた時点で選手間での順位に変動はあったものの、トップ5までが10万ポイント以上という勢力図は変わっておらず、正直どの選手が有利ということも言えない状態であり、トップ5であっても誰も油断することができないのが今大会。なぜならOQSでは1大会ごとでのポイントのウェイトが全体の3割近くをカバーしており、それはフェーズ1で獲得した合計ポイントに匹敵するからだ。それゆえにこの上海大会を終えて誰に出場枠獲得の可能性があるかが現実的になるだろう。

まず注目したいのはトップ12までに5名がランクインしており、壮絶な代表枠争いが繰り広げられると想定されるのがアメリカだ。フェーズ1を終えて絶好調でフェーズ2に駒を進めた現世界チャンピオンのギャビン・ボドガーが「WST Dubai」を2位で終え世界ランキング1位に浮上。続いて2位がジャガー・イートン、4位にテイト・カリューとこの3名が10万ポイント以上を獲得して現時点でパリ五輪への出場権を持っている状態だ。そこに追随する形で7位にトム・シャー、12位にリアム・ペイスという順となっている。フェーズ2には男女各最大6名が出場できるため、この国別トップ3の牙城をどう崩すかが焦点となると思われる。

そのアメリカの対抗馬として世界ランキング上位に君臨しているのはスケートボード大国のブラジルだ。3位のアウグスト・アキオをはじめ、5位にルイジ・チニ、6位にペドロ・バロスとフェーズ1を終えて良い位置に付けている。その後に続くのは17位のペドロ・キンタスで6位のバロスとは6万ポイント以上の差があるアメリカ同様にブラジルもトップ3が良い成績を残してリードを保ち逃げ切れるかが肝となるだろう。

そして依然、世界ランキングをかき回す存在としてアメリカとブラジルを脅かす可能性があるのがオーストラリアだ。現在キーラン・ウーリーが8位、東京五輪金メダリストでキーガン・パーマーが11位、キーファー・ウィルソンが15位とトップ20にランクインしている。その中でウーリーは「WST Dubai」を4位とパフォーマンスを上げており、パーマーはまだ本調子でなさそうな辺りを見ると、本シリーズではきっと波乱を起こす良いパフォーマンスを見せてくれることだろう。

そんな強豪勢を相手に参戦する日本人選手として、もちろん忘れていけないのが、今回唯一の日本代表として出場する現在世界ランキング13位の永原悠路。最近は各大会で確実にトップ10に残っている永原だが、パリオリンピックの出場枠獲得に近づくために、この上海大会で自身過去最高成績を残しておきたい。フェーズ2というラストチャンスに駒を進めることができなかった他の日本人選手たちの思いと共に、日本人男子選手唯一のパリオリンピックへの出場を叶えられるか。

大会スケジュール

スケートボード・パーク種目

-5月16日(木) 
10:00~ スケートボード女子パーク 予選

-5月17日(金) 
10:00~ スケートボード男子パーク 予選

-5月18日(土) 
10:00~ スケートボード女子パーク 準決勝
16:40~ スケートボード男子パーク 準決勝

-5月19日(日) 
10:00~ スケートボード女子パーク 決勝
15:00~ スケートボード男子パーク 決勝

最後に

今大会はパリオリンピック予選大会で最もポイント配分の多いOQSの1戦目であり、フェーズ1とは違って選手たちのパフォーマンスがダイレクトにパリオリンピック出場を左右することから、今まで以上に違った緊張感で各選手も特別気合が入った状態で挑むと考えられる。ここでしっかり強さを見せられる選手がパリオリンピックでメダルを獲得できる選手なのかもしれない。

なおオリンピック予選シリーズ (OQS) 上海大会の戦いの模様はOlympics.comのオリンピックチャンネルで配信が予定されている。また最新情報も同ウェブサイトからチェックできる。またパリオリンピック公式アプリをダウンロードすると随時最新情報を気軽にチェックできるのでおすすめだ。

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
5月 2024
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
« 4月   6月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧