【ダイジェスト映像】ブライトン・ゼウナーとアレックス・ソルジェンテが優勝! 「2018 Vans Park Series Champions」

2018.11.19
FINEPLAY編集部

2018年10月27日、中国の江蘇州という歴史的な街で「The 2018 Vans Park Series Pro Tour」が行われ、ブライトン・ゼウナー(Brighton Zeuner)アレックス・ソルジェンテ(Alex Sorgente)が2018年のVans Park Series(VPS)新チャンピオンに輝いた!ゼウナーとソルジェンテは2016年にVPS選手権で勝利してから2度目のチャンピオンタイトルを獲得した。

ゼウナーは、すべてのランでバックサイド360を成功させ、ガールズスケーターのイベントでは滅多に見ることができないトリックの一つであるキックフリップインディで他を圧倒した。
ゼウナーは、今シーズンごとに表彰台に上がり、中国で初優勝を獲得し、2018年Vans Park Series(VPS)のチャンピオンタイトルを獲得した。
2位には、ファイナルでは激しいラストを繰り広げチャージしたYndiara Asp(ブラジル)、3位にはパワフルでBigトリックで高得点を叩き出していたJordyn Barratt(アメリカ)が入った。

ブライトン・ゼウナー

ブライトン・ゼウナー

男子ファイナルではブラジルのペドロ・バロス(Pedro Barros )とアメリカのアレックス・ソルジェンテ(Alex Sorgente)が最後の瞬間までお互いのスコアーを争う大接戦となった。
最後はソルジェンテが彼の持てるすべての才能を駆使して、勝利につなげた。
2位のバロスも今シーズンもっともコンスタントに素晴らしいパフォーマンスを見せていた。
怪我のために短い休養をとっていたトム・シャール(Tom Schaar)は、シリーズに戻って観客を魅了し、プロファイナルで3位を獲得。

トム・シャール(Tom Schaar)

ブラジル、カナダ、スエ―デン、アメリカ、南アフリカ、そして中国を含む過去6ケ月間にわたりすべての主要大陸に根を下ろし、「2018 Vans Park Series tour」はスケートボードの創造性と技術の多様な混合でスッポトライトを浴びながら、シリーズで頭角を現した国際的な能力を有した特記すべき出会の場を目撃する事となった。

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング