応援してくれる皆さんと目指す世界ランキングTOP8。プロロングボーダー浜瀬海「WLT」への挑戦

2024.06.09

マリンスポーツとしてまたカルチャーとして根強い人気を持つ「サーフィン」。昨今は競技としても注目されているこのスポーツだが、その中でも「ロングボード」という現在競技人口も競技レベルも世界的に向上している種目にて、今シーズンに世界最高峰の舞台である「WLT(ワールドロングボードツアー)」へ挑戦するプロサーファーを知っているだろうか?

それが現在2年連続のJPSAグランドチャンピオンであり、国内で圧倒的な強さを見せている浜瀬海(はませ・かい) 選手だ。日本が世界に誇るトップロングボーダーの一人である彼は、本ツアーにて日本人男子選手として前人未踏である世界ランキングTOP8を目指す。

そして「ロングボード」業界からさらに多くの日本人選手が海外へ挑戦できるきっかけを作るため、また一般社会にて国内に多くの将来有望なサーファーたちがいることを認知してもらうために、彼が自分の挑戦に重ねて今回トライするのが「クラウドファンディング」だ。

クラウドファンディングに挑戦する経緯と想い

世界に通用する日本人選手たちが金銭事情により海外への挑戦を諦めている現実

自分自身も、海外の試合を転戦するには出場費以外に遠征費や宿泊費がかかることから、仕事とサーフィンを両立した上で活動していくことに不安があり、ずっと海外転戦を躊躇していました。

一方でロングボードの世界最高峰の大会である「WLT」に出場する権利を初めて獲得する事ができたのは、スポンサー様のご支援や友人の支えがあったからです。しかし、世界へ挑戦し続けていくにはまだまだ資金が足りないというのが現状です。

そして私をはじめ、国内には海外選手と戦えるレベルがあるにも関わらず、金銭的な事情で世界へ挑戦できない選手がいるということも日本のサーフィン業界の状況です。そのためこのような形で皆さまのお力をお借りして、一人でも多くの日本人選手が海外で活躍することで、日本の強さを世界に広げていけると強く思っています。

このプロジェクトで挑戦すること 

このプロジェクトで挑戦したい事は世界最高峰のロングボードコンテスト、WLTへの挑戦です!
今年2024年7月、8月、9月、10月の4ヶ月にわたり海外で開催される世界最高峰のロングボードサーフィンのコンテスト出場権を獲得し、アジア代表として世界へ挑戦します。
長年自分の夢であった「WLT」への切符をやっと手に入れることができました。しかし本ツアーを転戦するにあたり、想像以上の時間と遠征費用がかかることが現在の課題となっています。

世界最高峰の舞台で結果を残すために必要なのは練習時間

現在、自分はサーフィンスクールを仕事にしながら生活しています。この話を聞いて「サーフィンスクールをしているのならサーフィンの練習ができるのでは?」と思う方もいらっしゃると思いますが、レッスン中はスクール生の上達の場であり、自分の練習の場ではありませんし練習を兼ねて波に乗ることはありません。さらに自分のホームポイントである(湘南)平塚海岸は残念ながら潮の満ち引きにより1日中サーフィンができる環境でないことも練習不足に影響しています。

その一方で、海外と日本を比べると日本の波はビーチブレイクが短く、どれだけその波で練習していたとしても、ビーチブレイクの長い海がある外国とは環境が大きく異なるので海外選手には勝てないです。また国内の中でも比較的に波の長いポイントを求めて移動し、練習することも可能ですが時間や交通費がかかります。

高い費用をまかなうために、日本国内と海外の試合を転戦しながら仕事をしていくことは、経験値にはなりますが現役プロサーファーの自分にとって練習不足の原因になります。そのため世界最高峰の環境が揃っている海外の練習は、試合と同等に必要不可欠なことであると考えています。

そこで「WLT」にて各試合を勝ち抜いていくために、1日でも早く現地入りして練習したいという思いからこのプロジェクトを立ち上げました。是非皆様のご支援をいただきたく存じます。

クラウドファンディング内容

目標金額:300万円

資金の使い道
・渡航費用
・現地滞在費
・大会参加費用
・リターン制作費
・人件費 (カメラマン)
・リターン発送費
・レンタカー代   
・クラウドファンディングサービス手数料 (17%+税)

リターンの紹介

① Hamakai fin

一本一本、丁寧に仕上げるmade in japanの技術に、浜瀬海のフィンに対する構築された、知識全てが入った浜瀬海シグネチャーのオリジナルフィン。考案からかなりの時間を費やし今年2024年から始動開始。
※現在入手はクラウドファンディングのみとなっております。

Hamakai fin 2種類展開 (オリジナルフィンケース付き) 
一口 ¥35.000

モデル: Talented  サイズ: 10  
ロゴカラー 白 or 黒
Talentedは先が細いので、ターンしやすく不規則なビーチブレイクでもコントロールがしやすいモデルです!ノーズライディング時も安定感が良く、オールラウンドに楽しめます!

モデル: Floating current  サイズ: 9.5
ロゴカラー 白 or 黒
Floating current はベース幅が広く、直進性に優れている為パワーのない波でもスピードのあるライディングができます。ハングファイブ〜ハングテンのセクションでは、最高のホールド感を感じるでしょう!厚みを抑えたデザインでフレックス性に優れ、しっかりとピポットターンもできるデザイン。

両モデルともに様々なコンディションでテストを重ねて完成した自信作です。

② Hamakai ステッカー

一口¥2.000 (大きさ 縦15cm×横10cm)

③ オリジナルTシャツ Hamakai fin×Billabong 

オリジナルTシャツ 一口 ¥10.000 (S.M.L.XL)
クラウドファンディング限定アイテムです!

④Destination×Hamakaifin コラボキャップ

コラボキャップ 一口 ¥10.000 (サイズ56cm~60cm)
クラウドファンディング限定アイテムです!

⑤Destination バスタオル

浜瀬海サイン入りバスタオル
一口 ¥10.000

⑥浜瀬海とのマンツーマンサーフスクール

一口 2時間¥35.000

⑦メールで動画2本添付で返信スクール

一口 ¥20.000

⑧WLTコンテスト期間作成のYouTubeのエンディングロールへ「special thanks」ネーム記載

WLT時作成のYouTubeのエンディングロールへのspecial thanksとして名前、会社名を記載  一口 ¥50.000

⑨WLTコンテスト期間中、企業スポンサー様

サーフボードに企業ステッカーを貼る+SNSでの宣伝
一口 ¥200.000

最後に

最後まで読んで頂きありがとうございます。
世界の選手と戦える今回のチャンスは大きな挑戦です。
大きな目標を叶えるために全力で頑張ります!
皆様のお力、ご支援のご協力を宜しくお願い致します。

<募集方式について>

本プロジェクトは「CAMPFIRE」にてAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も計画し実行しリターンをお届けします。クラウドファンディングのリンクは本記事末に添付しております。

浜瀬海プロフィール

1997年5月28日生まれ。神奈川県平塚市出身のプロサーファー。5歳からサーフィンをはじめ、2009年に出場した「THE SURFSKATERS」で最年少チャンピオンとなる。2012年、14歳にしてショートボードでプロデビュー。国内外のツアー(JPSA / WQS / ISA)に出場を続け、2017年にプロロングボーダーに転向。初年度でJPSAグランドチャンピオン、そしてルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。2022年〜2023年と2年連続でJPSAグランドチャンピオンとなり、迎えた2024年ではLQSで好成績を残しWLTへの出場資格を獲得した。スポンサーはBillabong、Kanaloajapan、rockdance、sidecanyon、YNSF、vonzipper、destination、freestretching、haircalifornia、futures、haircalifornia、greengravityground、Skim One、S.S.T-C 株式会社

【競技実績】
2017年「JPSAロングボード部門グランドチャンピオン」
   「JPSAロングボード部門ルーキー・オブ・ザ・イヤー」
2018年「JPSAロングボード部門グランドチャンピオン」
   「WSL Men’s Longboard Tour LT #2 Volte Wetsuits Men’s Pro」5位
    「WSL Rincon 50 Surf Fest」3位
2019年「2019 ASIAN SURFING CHAMPIONSHIPS」2位
   「2019 BIARRITZ FRANCE ISA WORLD LONGBOARD CHAMPIONSHIP」17位
2020年「Noosa Festival of Surfing」Mens Open,Mens Logger Proともに3位
2022年「JPSAロングボード部門グランドチャンピオン」
2023年「JPSAロングボード部門グランドチャンピオン」
            「Siheung Korea Open LQS」優勝
2024年「La Union International Pro LQS」2位
            「Baler International Pro LQS」2位

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
おすすめのイベント
直近のイベント
イベントスケジュール
6月 2024
      1 2
3 4 5 6 7
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
« 5月   7月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧