“ブルース・アイアンズ”目隠しして世界一危険な波に挑むハワイアンサーファー

2014.09.04
FINEPLAY編集部
Bruce Irons

目隠しして世界一危険な波 Teahupooに挑む

記憶に新しいガブリエル・メディーナが優勝したASPメンズワールドツアー第7戦「Billabong Pro Tahiti 2014」の会場ともなった世界一危険と言われるタヒチ Teahupooをブルース・アイアンズ(HAW)(Bruce Irons)が目隠しでサーフィン!
ブルース・アイアンズは「目隠しでサーフィンする最も難しいのはチューブにはいる確度」だと言う。

もちろんそれだけではない経験や訓練が必要だと思うが、まさに人間離れした神業。驚愕の映像はこちら。

Bruce Irons surfs Teahupoo blindfolded

出典:Vimeo(STAB)

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング