五十嵐カノアが日本人初のWSLチャンプオンツアーサーファーとなることを正式発表

2018.02.13
FINEPLAY編集部

photo: ©WSL/Poullenot

2020年、東京で開催するオリンピック大会に出場することを熱望

2018年2月12日(米国・カリフォルニア)、ワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)の2018年シーズンに向け、20歳の五十嵐カノア選手が日本人選手としてツアーに参戦することを公式発表した。
日本と米国の二つの市民権を持つ五十嵐は、東京で開催される2020年のオリンピックでサーフィンが史上初の採用となったことを受けて代表国を日本にすることに決めた。

五十嵐カノア

photo:©WSL/Masurel

「私は、今年のWSLチャンピオンシップツアー(CT)から日本人代表選手として参戦します」と五十嵐は語った。
「日本人としてサーフィンをすることを誇りに思います。 私の両親は日本人です、私のすべての親戚家族も日本人です。 私は日本に多くのサポーターとファンも持っています。 現在はCTの中に日本人サーファーがいないので、WSLに参加することは、WSLにとっても刺激的なことも確信しています。
そして自分の家族も喜んでくれることを楽しみにしています。

この決定により、五十嵐は正式にWSL CT史上初の日本代表選手となる。

2016年に五十嵐は、最年少のメンバー(17歳)としてCT(チャンピオンズツアー)にデビューし、次世代のプログレッシブサーファーのリーダーであることが証明された。
五十嵐のキャリアは、過去2年間でワールドランキングのトップ20にランクインしてる。 彼が残したした功績は、2017年にVans US Open Surfing(ヴァンズ全米オープン)での初勝利、その他に2016年のBillabong Pipe Masters(ビラボンパイプラインマスターズ)で堂々2位となった。

「私は、オリンピックの日本代表選手になって戦いたいです。」と五十嵐は語った。「私は、アメリカで競争しながら成長し、そこで多くの支持を得ました。しかし、これは同時に現在私のキャリアの別の部分でもあります。 オリンピックは、スポーツ全体で最大の競技大会であり、だれもが子供のときに夢を見ることです。私は、それがサーファーとして実現するとは考えていませんでした。今はサーフィンにとってもっともエキサイティングな時代です、私は可能な限りの全力で代表の座を目指します。」

五十嵐カノア

photo:©WSL/Morris

五十嵐は、2018年3月11日から22日までの間、オーストラリアで開催されるクイックシルバープロ ゴールドコーストで、2018 WSLチャンピオンシップツアーの開幕戦において日本人として初の参戦となる。

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング