五十嵐カノアが世界2位に。CT第2戦「ハーレー・プロ・サンセット・ビーチ」優勝はバロン・マミヤとブリサ・ヘネシー

2022.02.24
(左から)五十嵐カノアとバロン・マミヤ (Photo by Tony Heff/World Surf League)
text by 佐藤 稜馬

ハワイで開催されたWSLチャンピオンシップ・ツアー第2戦「ハーレー・プロ・サンセット・ビーチ」で、五十嵐カノアがメンズクラス準優勝。世界ランキング2位に上った。優勝はバロン・マミヤ。ウィメンズ優勝はブリサ・ヘネシー。

怪我を乗り越え、バロンが悲願のCT初優勝

クォーターファイナルでジャック・ロビンソン、そしてセミファイナルでイーサン・ユーイングを下し、破竹の勢いでラウンドを勝ち進んだ五十嵐カノア。

ファイナルラウンドの相手は、ワイルドカードで出場したバロン・マミヤ(ハワイ)。シーズンのベストサーファーを選ぶビデオコンテスト「WOTW(Wave of the Winter)」で2019年、ブレイクスルー・パフォーマンス部門の優勝を飾ったルーキーだ。

五十嵐カノア (Photo by Tony Heff/World Surf League)

波のサイズは6〜8フィート。少しボヨついたコンディションのなかヒートスタート。五十嵐は「先手必勝」と言わんばかりにライトの波を乗りこなし、2本目に5.50ptをマーク。中盤は伸び悩んだが、ラストに特大のスプレーのカーヴィングで魅せ、6.83ptをスコア。トータル12.33ptで終了。

対するバロンは、パワーのあるレイバック気味のカーヴィングを披露。2本目で8.17pt、4本目で8.83ptをスコアし、トータル17.00ptで五十嵐を終始圧倒した。

バロン・マミヤのシークエンス① (Photo by Brent Bielmann/World Surf League)
バロン・マミヤのシークエンス② (Photo by Brent Bielmann/World Surf League)

「信じられない、本当に信じられない」と試合後に語ったマミヤ。「このイベントのために特別な準備をしていたわけではないけど、自分のなかでは、どんなコンディションにも順応し、解決していくしかないと思っていた。現実感がないよ。僕のために多くの犠牲を払ってくれた母と父、そしてショーン・ワード(ハーレーサーフクラブのコーチ)に感謝したい。彼は初日からずっと一緒にいてくれて、辛いときもたくさんあったけど、本当に助けてくれたんだ」

優勝を決めたバロン (Photo by Tony Heff/World Surf League)

「昨年末の2021年大会の成績には、本当にがっかりしていた」と付け加えたマミヤ。「QSではヒートに入れず、怪我明けだった。自分の思い通りにならないことがたくさんあった。ツアーに参加していないのに、ワイルドカードでパイプに出場し、さらにここでワイルドカードを手に入れられたことに、とても興奮しているよ」と喜びを爆発させた。

五十嵐カノア、世界ランク2位でポルトガルへ

2戦目を終えた今、五十嵐の世界ランキングは5位から2位に浮上。この勢いを保ちつつ、次戦でキャリア2度目のCT優勝を狙いたいところだ(初優勝は2019年バリ)。

3月3日〜13日に予定されているツアー3戦目「MEOプロ」は、2020年「ユーロカップ・オブ・サーフィン」最終戦の舞台となったポルトガルで開催される。同大会で3位入賞した経験を持つ五十嵐が、どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか。今から楽しみで仕方がない。

五十嵐カノア (Photo by Tony Heff/World Surf League)

「本当にうれしいです。もう何年もハワイを訪れていますが、ここは僕にとってずっと必要な場所。ハンティントンビーチで育った僕にとって、ハワイは常に努力が必要な場所でした。今ここに来れば、知った顔や、たくさんの友だちがいて、以前は居心地が悪かった場所が、少し快適になって。いくらかスコアを出して、結果も出すことができたので、とてもうれしいです」(五十嵐)

ウィメンズではブリサ・ヘネシーが初優勝

22歳のブリサは、セミファイナルでルーキーのベティルー・サクラ・ジョンソン(ハワイ)、ファイナルでマリア・マニュエルをトータル12.83ptで破り、CT初優勝を飾った。コスタリカ人がCTで優勝するのは史上初。

コスタリカの国旗を掲げるブリサ・ヘネシー (Photo by Tony Heff/World Surf League)

「この瞬間を夢見てきたけど、それが可能だとは思ってもみなかった」とヘネシー。「マリアと対戦できたことは、とても光栄なことだった。彼女はここで素晴らしいつながりを持っているように感じる。私の人生のすべての人々に感謝しているわ」

常に笑顔を絶やさないブリサ・ヘネシー (Photo by Brent Bielmann/World Surf League)

他ジャンルのプロ選手と比較しても、驚異的な代謝エネルギーの数値を持つとされるブリサ・ヘネシー。その身体能力を武器に、次戦でも大いに暴れてくれるだろう。

  

執筆者について
FINEPLAY編集部
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

イベントスケジュール
10月 2022
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
« 9月   11月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧