あなたの結婚式に『二輪の祝福』を! AIR TRICK SHOW “Two rings celebration”

2018.07.11
名古屋メイ

Two rings celebration

「メイさん!結婚式で飛びます!!」

そうAIR TRICK SHOWを運営するJumpersstoreマネージャーの林氏(メイクするとフレディ・ナス・マーキュリーにそっくりなので、以下フレディ)から連絡が来たのは、YBP(Yuta’s Bike Park)での、まったりゆったりな自転車イベント「WADAPOLICE JAM」が終わり、数日たった頃だった。

とあるローカルライダーが結婚式をすることになり、披露宴会場の庭で飛ぶのだと言う。

「まぁ派手な余興ですこと。お祝いの席で転んだら洒落になりませんわねぇ。」

などと呑気なことを考えたのも束の間、JumpersstoreとともにAIR TRICK SHOWをプロデュースしているYBP PROJECT事務局からの連絡で、私の呑気は吹き飛ばされることになる。

「メイさん、結婚式でのAIR TRICK SHOW、商品化します!」

・・・遊び半分の余興じゃないのか?!

AIR TRICK SHOWは、MTB/BMXライダーが集まり、各地でデモンストレーションを行っている「Jumpersstore」と、山梨県北杜市でYBP(Yuta’s Bike Park)というオフロードコースを運営しながら、さまざまなイベントを運営している「YBP PROJECT」が合同で行っている『MTB/BMXフリースタイルの出張型デモンストレーション』である。

MTBはマウンテンバイク。BMXはバイシクルモトクロス。ともに競技用の『自転車』だ。そして『フリースタイル』とは、自転車で空を飛びながら様々な技を披露する競技だ。

これはもう、説明するよりもご覧いただく方が早い。

ご覧の通り、飛ぶのである。#空飛ぶチャリ である。2020年東京オリンピックの追加種目となったBMXフリースタイル・パークも、このように飛びながら自転車が回ったり人も回ったりする競技だ。2018年7月上旬、合宿の為にアメリカに出発したオリンピックの指定強化選手も、AIR TRICK SHOWに多数出演している。

『出張型』を名乗る通り、AIR TRICK SHOWはどこへでも行く。

最近ではF1チーム、レッドブルトロロッソホンダのイベントにおいて六本木ヒルズアリーナで飛び、プロバスケットボールチーム、千葉ジェッツふなばしの試合のハーフタイムショーでは船橋アリーナで飛んだ。このように大きなイベントでも、小さな町のお祭りでも、どこへでも行く。

そして次の出張先は「結婚式」となった。

 

会場となったのは兵庫県芦屋市にある『メゾン・ド・タカ 芦屋』。フランスで修業を積んだシェフによる、地元の食材を生かしたフランス料理が味わえるレストランだ。

川沿いに立つ建物は一軒家になっており、緑あふれる庭にも、随所に一輪挿しが飾られた店内にも、光がふんだんに差し込んでいる。建物が貸し切りになっていたこともあって、招待客の皆さんはリラックスして楽しんでいた。

今日式を挙げるお二人を祝うために急いで梅雨が明けたかのような快晴の下、そんな雰囲気の良い『メゾン・ド・タカ 芦屋』の敷地には、あまり似つかわしくないランプ(ジャンプ台と着地台)が設置されている。

そして、Jumpersstore代表でありMTBライダーでもある永井秀夫の、日頃のデモンストレーションでは決して見ることのできないスーツ姿があった。でも足元はスニーカーだ。

MCを務めるフレディ(林)もスーツ姿だ。

そして披露宴の半ば、司会者より外に出るようにとアナウンスが。

日頃の結婚式ではまず見ることのない大きな物体を会場入り口から目にしていた参列者達は、続々とランプの周りに集まってきた。

レストランの中から眺めている方もいる。「メゾン・ド・タカ 芦屋」は壁一面がガラス張りなので、外がとてもよく見えるのだ。これなら暑い屋外ではなくても、体調に自信のない方でも楽しめる。

『2つのリングが空を舞い、二人の門出を盛大に祝福します。Two rings celebration!!!』

フレディの声と共に、AIR TRICK SHOW初となる「結婚式デモンストレーション」が始まった。

この日の出演ライダーは、永井、一人だけだった。当初は一人では迫力に欠けるのではないかと心配したのだが、フレディの盛り上げ方、それにぴったり合わせた永井のライディング、そして結婚式特有の、新郎新婦との撮影や記念撮影の為の移動、見る人とランプの近さによって生まれる桁違いの迫力によって、ライダーが一人であることは何の欠点にもならなかった。

むしろ、一人の方が良いと思ったくらいである。

新郎新婦の上を飛ぶ永井。

こんな記念写真を撮ることが出来るのは『Two rings celebration』だけだろう。ただでさえ特別な結婚式が、より特別な、オリジナリティ溢れるものになる。

室内で見ていた人々も、途中で表に出て、永井とハイタッチを交わしていた。

今日式を挙げられたお二人は、新郎はJumpersstoreの立ち上げ時からスタッフとして参加しているMTBライダー、それに影響された新婦もMTBに乗るようになった、自転車好き、AIR TRICK SHOW好きのお二人だが、

『こんなに近くで見るのは初めて』

『自分たちの為だけの、特別なAIR TRICK SHOWなんて、ものすごく嬉しかった』

『バックフリップで二つのリングが宙に舞っていて、特別なお祝いをされている気持ちになった』

『来てくれた人たちや、普段AIR TRICK SHOWを見ることのない祖父母が楽しんでくれたのがとても嬉しい』

と語ってくれた。

よく知っているAIR TRICK SHOWとはまた違う、新鮮なデモンストレーションとなったようだ。

終了後、大役を終えた永井は、

『いつものデモンストレーションでは自分が主役。でも今回の主役は新郎新婦で、その新郎新婦の門出に招かれた方々が、どうしたら喜んでくれるのかを考えて飛びました』と語ってくれた。

一本のミスも無く、またシンプルなトリック(技)だけではなく自身の大技「バレルロール」も披露し、しっかり会場を沸かせた永井。さすがJumpersstoreの代表というべきだろう。

MCを務めたフレディの進行もスムーズで、20分という長さ、ライダーが一人ということを感じさせないものだった。

二人は『これまで積み上げてきた経験なしに、いきなり今日の「Two rings celebration」を行うのは難しかったと思う』と語る。

規模の異なる様々な会場での経験を重ねてきた彼らだからこそ出来る、結婚式でのAIR TRICK SHOW、『Two rings celebration』。MTB,BMXのファンの方はもちろん、今までと少し違うサプライズを求める方に是非おすすめしたい。

参加者が全員、空を見上げて、全員が一緒に笑顔になれる。そんな素敵な演出のある結婚式なんて、最高だ。

執筆者について
名古屋メイ
ブライダルカメラマンになる筈がエクストリームスポーツの撮影ににハマってしまい、 日本中を撮り歩くようになる。撮り続けていれば、いつか佐藤英吾さん(日本のFMXを創った男) に逢えると信じて疑わない。趣味は木こり他、諸々ありすぎ。年齢は内緒。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング