2021 年 UCI アーバンサイクリング世界選⼿権(フランス・モンペリエ) BMX フリースタイル・パーク 中村輪夢は 7 位

2021.06.08

2019 年 11 ⽉以来の世界選⼿権であり、コロナ禍を経て最初で最後の東京五輪予選となった今⼤会は、 現在ナショナルランキングで同率 1 位のアメリカとオーストラリアの戦いでもあった。東京五輪まで 50 ⽇を切って迎えた決勝は、いつも以上にハイレベルな戦いとなった。

UCI – FISE WORLD – The Agency

中村輪夢は、2020 年 9 ⽉に追った怪我で⻑期離脱を余儀なくされていた。今年から徐々にライディング を再開し 5 ⽉の国内⼤会で復帰したばかりだったにも関わらず、予選を 7 位、セミファイナルを 5 位で それぞれ通過し、⼿堅くファイナル進出を決める。セミファイナル上位 12 ⼈で⾏われたファイナルは、 ⽩熱のあまりクラッシュするライダーが続出する中、中村も 1 ラン⽬は中盤でスリップダウンし 38 ポイ ントと⼒を出しきれず。迎えた 2 ラン⽬では「720 ノーハンド」や「バックフリップバースピン to テー ルウィップ」など、持ち味の⾼さを活かした⾼難度の技を決め 85.08 ポイントをマークした。 東京五輪を直近に控え想像以上の熾烈な戦いの中で、怪我から復帰して僅か半年弱の中村は 7 位で国際 ⼤会の復帰戦を終えた。

UCI – FISE WORLD – The Agency

<中村輪夢コメント>

結果を出したかったが、⾃分が怪我をしている間に、みんなすごく上⼿くなっていた。 順位より、思うように攻めきれなかったことが悔しい。でも、もっともっと練習して思い通りに攻められ たら勝てるという⼿応えも感じた。いい刺激になったので、練習するしかない。今回負けた悔しさをバネ に、また頑張ります。

<代表監督(出⼝智嗣)コメント>

難しいパークレイアウトだったが、東京五輪最終予選ということもあり男⼥共に気迫がすごく、過去最 ⾼にハイレベルな⼤会だった。命をかけて戦っていると感じた。リムは良いルーティンを組んでいたし、 このハイレベルな⼤会で復帰戦 7 位は素晴らしい結果。100%の⼒を出すには強靭なメンタルも必要。悔 しい気持ちも含め、リムが次への刺激と課題を得られたのは良かった。

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
おすすめのイベント
イベントスケジュール
9月 2021
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
« 8月   10月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧