「クライミングがなくなると自分じゃなくなる」小池はな

2020.11.19
FINEPLAY編集部

【インタビュー/FINEPLAY】埼玉県出身、2005年生まれ。2017年「第20回JOCジュニアオリンピックカップ大会」ユースCリードでの優勝を皮切りに、ボルダリング、リード種目で活躍。2019年からは世界大会へも出場し、「IFSC 世界ユース選手権 アルコ 2019」ボルダリング、リード両種目で入賞を果たすなど今後の飛躍が期待されている、注目の若手ガールズクライマー。
IFSC クライミング・ワールドカップで年間女王を目指す小池はな選手へ、クライミングの魅力や今後の展望について語ってもらった。

film by 写樂-Sharaku-
小池はな
photo by 写樂-Sharaku

小池はな(KOIKE HANA) プロフィール

埼玉県出身、2005年生まれ。 
5歳からクライミング を始め、小学2年生の時にはじめて全国大会に出場。そこでの入賞をきっかけに、さまざまな大会に出場するようになる。
2017年「第20回JOCジュニアオリンピックカップ大会」ユースCリードでの優勝を皮切りに、ボルダリング、リード種目で活躍。
2019年からは世界大会にも出場し「FISE World Series Hiroshima 2019」ボルダリング 5位、「IFSC 世界ユース選手権 アルコ 2019」ユースBボルダリング 3位、「IFSC 世界ユース選手権 アルコ 2019」ユースBリード 2位と好成績を残している。
16歳になる来年に向けて、W杯出場を目指し日々研鑽に励む。

取材協力:公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会、B-PUMP OGIKUBO

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
おすすめのイベント
直近のイベント
イベントスケジュール
11月 2020
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
« 10月   12月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧