「スノー×骨髄移植 」啓発イベント「東京雪祭SNOWBANK PAY IT FORWARD 2020」開催10周年。東京・代々木公園の特設ゲレンデでスノーボーダーが圧巻のパフォーマンス!

2020.11.18
FINEPLAY編集部
Photo by Kazuki Murata

プロスノーボーダーによるパフォーマンス、アーティストのバンド演奏、スノーアクティビティなどが楽しめるイベント「東京雪祭 SNOW BANK PAY IT FORWARD 2020」が2020年11月14日(土)〜15日(日)に、東京・代々木公園にて開催された。

イベントの発起人であるプロスノーボーダー荒井“DAZE”善正は、2007年に100万人に一人とも言われる難病「慢性活動性 EB ウィルス感染症」を患い、骨髄バンクを介した骨髄移植を受けて命を救われた経験から、一般社団法人SNOW BANKを設立。スノーボードを通じて骨髄移植についての正しい情報・知識を広め、骨髄ドナー登録や献血の促進を目的としている。

今年10周年を迎えた「東京雪祭 SNOW BANK PAY IT FORWARD 2020」は、例年通り代々木公園の中央にゲレンデ会場を特設。新型コロナ感染予防対策(マスク、消毒、検温、フィジカルディスタンスの確保等)実施のもと、プロスノーボーダーたちによるパフォーマンスコンテスト「JIB STYLE BATTLE」が開催された。

コンテストには湘南を拠点に活動するスノーボーダー浅谷 純菜関 功のほか、前大会で優勝を飾った山口みよん(Miyon)などトッププロたちが参加。選手たちはゲレンデ中央に設置されたストレート・ダブルダウンのレール目がけて、迫力のあるパフォーマンスを繰り出し会場を沸かせていた。

会場ではその他に、無料でそり遊びが楽しめるプログラムや、ステージでのライブ演奏、トークショーなどが行われた。荒井“DAZE”善正本人も「DAZE BAND」として出演し、パフォーマンスを通して骨髄ドナー登録や献血の必要性を来場者に訴えた。

Photo by Kazuki Murata
Photo by Kazuki Murata
Photo by Kazuki Murata

実行委員長 荒井“DAZE”善正コメント

色々な方々の意見をもらいながら、開催にあたってたくさんの整備をしました。献血と骨髄ドナーを待っている患者さんの数に対して、血を提供してくれる人やドナー登録をしてくれる人の数が減っていっています。この10年の間にたくさん人の死を見てきて、まだまだ、力不足を感じていたこともあり、今回「With コロナ」でこのイベントを開催する決断に至りました。本当に嬉しく思います。ご協力いただいた方々に感謝しています。

【献血・骨髄ドナー結果】

献血実施数:271名
骨髄登録数:85名

【大会結果】

男子  優勝:濱田海人 2位:坂本翔太 3位:松下大知
女子  優勝:石原はるな 2位:山口みよん(Miyon) 3位:高森日葵

Photo by Kazuki Murata
Photo by Kazuki Murata
Photo by Kazuki Murata

SNOWBANKについて

実行委員長の荒井DAZE善正は、2007年にプロスノーボーダーとして活躍している最中「慢性活動性EBウィルス感染症」の診断を受け、余命宣告されました。スノーボードで繋がった仲間達の応援や献血者の輸血、骨髄ドナー提供者の協力により、唯一の治療法でもある骨髄移植を受け、今も元気に活躍しております

その感謝の気持ちを全ての方々に「Pay back」することは難しいので、「Pay it forward」して行く事を決心し、2011年に「東京雪祭SNOWBANK PAY IT FORWARD」の活動をスタートしました。

SNOWBANK は「楽しいから始まる社会貢献」をテーマにアクションをおこし、普段足を運ばないような若者が体験しやすい、献血ルームをつくり、献血・骨髄バンクに触れる環境をつくります。

社会貢献活動に関する知識や経験、人的ネットワークをスポーツやアートの持つ力で繋ぐことが、子どもたちに将来の夢や希望を与え、次世代に向けたより良い社会を創るためのソーシャルイノベーションプロジェクトとして社会のハブになります。

東京雪祭 SNOWBANK PAY IT FORWARD 2020概要

日時:2020年11月14日(土)10:00〜17:00、15日(日)10:00〜17:00
会場:代々木公園B地区イベント広場
主催:SNOWBANK PAY IT FORWARD 2017 実行委員会(委員長 荒井“DAZE”善正)
後援:厚生労働省、渋谷区、公益財団法人日本骨髄バンク、特定非営利活動法人全国骨髄バンク推進連絡協議会、日本赤十字社、一般財団法人渋谷区観光協会

内容:人工雪を降雪させてのゲレンデでプロスノーボーダーの演技、スケートボードパフォーマンス、献血、骨髄バンクドナー登録会、雪広場でのそり遊び、ダンスパフォーマンス、バンド演奏、 ライブペインティング、飲食出店



text by 佐藤稜馬
photo by 村田一樹

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
おすすめのイベント
直近のイベント
イベントスケジュール
11月 2020
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
« 10月   12月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧