【ワールドゲームズ2022 バーミングハム大会】ボルダリング種目にて日本人選手全員がメダル獲得!

2022.07.19
text by 橋田 樹台 / photo by JMSCA

2022年7月16日(日本時間)にアメリカ合衆国・バーミングハム市で開催された第11回ワールドゲームズにて、スポーツクライミングのボルダリング男女決勝が行われた。女子は日本の野中生萌(無所属)が優勝し金メダル、中村真緒(日新火災)が3位で銅メダルを獲得した。男子決勝では藤井快(TEAM au)が2位で銀メダル、緒方良行(B-PUMP)が3位で銅メダルを獲得し、日本勢全員がメダル獲得の結果となった。

野中 生萌 / © Daniel Gajda/IFSC.

女子予選では中村真緒が首位、野中生萌が3位で予選通過し決勝へと進んだ。野中は第2課題を除くすべての課題で完登を記録し、圧巻のパフォーマンスで優勝を手繰り寄せた。

対する中村も第3課題終了時までは4位の順位であったが、最終課題を一撃。最後に追い上げを見せ見事銅メダルを獲得した。

藤井 快 / ©Daniel Gajda/IFSC.

男子では藤井が予選を1位通過、緒方は5位で通過した。昨年の世界選手権覇者の藤井、今季のW杯年間王者の緒方とメダル獲得が十分に期待されたが第1課題に苦戦。第2課題以降は持ち直すも最終課題までスコアに影響し、藤井は2位、緒方は3位の結果となった。

対して、ニコラス・コリン(ベルギー)が全課題で完登を記録(第1・最終課題は一撃)。ベルギーの若き代表が高い技術で見事頂点に登り詰めた。

緒方 良行 / ©Daniel Gajda/IFSC.

見事ボルダリング種目で日本人選手は、男女4人揃ってのメダルを獲得となった。ボルダリング種目で世界トップレベルの実力を誇る日本勢がワールドゲームズでも実力を十分に示し、世界に対して強さを見せつける結果となった。

日本人選手結果

男子
2位:藤井 快(TEAM au)
3位:緒方 良行(B-PUMP)

女子
1位:野中 生萌(無所属)
3位:中村 真緒(日新火災)

Photo by JMSCA
Photo by JMSCA

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
11月 2022
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
« 10月   12月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧