森 秋彩が完登でW杯2連覇を飾る!【リードW杯 第6戦】

2022.09.12
text by 橋田 樹台 / ©Lena Drapella/IFSC.

2022年9月12日(日本時間)にクライミングW杯リード第6戦 男女決勝がイギリス・エジンバラにて行われた。女子決勝では、前回のコペル大会(スロベニア)で優勝に輝いた 森 秋彩(茨城県山岳連盟)が圧巻の登りで2連覇を達成した。同じく女子決勝に進出した谷井 菜月(明治安田生命)は4位、中川 瑠(日本大学)は7位の結果だった。

男子決勝では、樋口 純裕(佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)、緒方良行(B-PUMP)が決勝に進出したが 5位(樋口)・8位(緒方)の結果となり、表彰台に登ることはできなかった。

左からヤンヤ・ガンブレット、森秋彩、ソ・チェヒョン / photo by JMSCA

優勝した森は予選から決勝まで計4課題を完登し、貫録を見せつけた。
決勝では東京五輪 金メダリストのヤンヤ・ガンブレットが完登し後続にプレッシャーを与えるが、森も負けじと高度を上げ見事完登。ここでヤンヤ・ガンブレットとは順位で並ぶも、準決勝で順位の高かった森が首位に躍り出た。

最終8番手のソ・チェヒョンも完登すれば優勝の可能性が残っていたが、終盤でタイムアップし森のW杯 2連覇が決まった。

男子の優勝は決勝で唯一完登し、今季2度目の優勝となったジェシー・グルーパー(アメリカ)。 現在年間ランキング首位を走っている本間 大晴(明治安田生命)は準決勝敗退となってしまったが、いまだ首位の座を守っている。

次回はインドネシアのジャカルタにてW杯最終戦が行われる。日本人選手の活躍から年間ランキングの動向まで、引き続き注目していきたい。

日本人選手結果

男子
5位:樋口 純裕(佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)
8位:緒方 良行(B-PUMP)
10位:本間 大晴(明治安田生命)
11位:百合草 碧皇(早稲田大学)
13位:吉田 智音(奈良県立青翔高等学校)
20位:西田 秀聖(天理大学)

女子
1位:森 秋彩(茨城県山岳連盟)
4位:谷井 菜月(明治安田生命)
7位:中川 瑠(日本大学)
10位:大田 理裟(山口県山岳・スポーツクライミング連盟)
15位:伊藤 ふたば(TEAM au)
38位:柿崎 未羽(早稲田大学)

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

イベントスケジュール
10月 2022
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
« 9月   11月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧